アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 2005年08月

*ブログポリシー  All archives    Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.31 (Wed)

キル・ビル vol.2

キル・ビル Vol.2
キル・ビル Vol.2

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン 、デヴィッド・キャラダイン 、ゴードン・リュー...

「KILL is LOVE」

【ストーリー】
残り3人となった復讐相手を探し、テキサスからメキシコへ向かうザ・ブライド(ユマ・サーマン)。その間に、彼女の血塗られた結婚式や、中国での修行時代などが章立てで挿入されていく。やがて死んだと思われていた我が子の存在が、ブライドの心をざわつかせる。
【感想】
アクションシーンなども少なめになっていて、前作とは違った雰囲気に仕上がっています。1での謎が解き明かされていき、なかなか深いストーリーとなっています。こっちは血が苦手な人でも大丈夫だけど、1のような戦闘的なものを期待していると物足りないかも…。だけど、もともと1本の作品だったみたいだし、こっちも見ないとスッキリしないですよね。タランティーノ監督って、日本とか香港とか好きなんだなぁとしみじみ思いました。
キル・ビル

キル・ビルの感想はコチラ

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Various Artists - Kill Bill Vol. 2

ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサーサイト
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.30 (Tue)

キル・ビル

キル・ビル Vol.1
キル・ビル Vol.1

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン 、デヴィッド・キャラダイン 、ダリル・ハンナ 、ルーシー・リュー 、千葉真一、栗山千明...

「キル・ビルが映画を殺す。」

【ストーリー】
ひとりの女が長い昏睡状態から奇跡的に目覚める。女の名は“ザ・ブライド”(ユマ・サーマン)。かつて、世界中を震撼させた暗殺集団の中にあって最強と謳われたエージェント。5年前、彼女は自分の結婚式の真っ只中に、かつてのボス“ビル”の襲撃に遭い、愛する夫とお腹の子どもを殺された上、自らも撃たれて死の淵をさまよった。いま、目覚めた彼女の頭の中はビルに対する激しい怒りに満たされていた。復讐の鬼と化したザ・ブライドは、自分の幸せを奪った者すべてを血祭りに上げるため、たったひとりで闘いの旅へと向かうのだった・・・。
【感想】
ルーシー・リュー演じるヤクザの女親分の「ヤッチマイナー!!」のセリフで、公開前から多くの人の印象に残っている作品ですよね。本編はストーリーのテンポもいいし、途中でアニメっぽい演出がされていたり凝っています。だけど、血とか苦手な人にはちょっと辛いかも。私も血は苦手なので、ちょっと「うっ」となってしまいました。でも、カッコイイ!「バトル・ロワイアル」を見たタランティーノ監督に見出されたという栗山千明さんも良かったです。タランティーノ監督って日本が好きなんだなぁと感じる作品でした。
キル・ビル

キル・ビル2の感想はコチラ

↓挿入曲「That Certain Female(Rockabilly Lives)」をiTunesでダウンロード
Charlie Feathers - Rockabilly Lives - That Certain Female
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.29 (Mon)

ロミオ+ジュリエット

ロミオ&ジュリエット
ロミオ&ジュリエット

監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、クレア・デーンズ、ブライアン・デネヒー、ポール・ソルビノ、ミリアム・マーゴイルズ...

「最も偉大な永遠の愛の物語。」

【ストーリー】
シェイクスピアの悲劇『ロミオとジュリエット』を、舞台を現代に移し、大胆な脚色で描いた作品である。モンタギュー家のロミオ(レオナルド・ディカプリオ)と、キャピレット家のジュリエット(クレア・デーンズ)。敵対する両家の2人は、ある日パーティーで出会い、一目で恋に落ちる。しかしこの2人の恋が、両家の争いに新たな火をつけることになる。現代版の『ロミオとジュリエット』は、無国籍風な街を舞台に、カラフルな色彩に彩られた美術や衣装とともに物語が展開していく。アクションは斬新で、剣はガンに変わる。新感覚の『ロミオとジュリエット』。
【感想】
「ロミオとジュリエット」、シェイクスピアの中でとても有名な作品ですよね。誰もが知っているストーリー。これが現代風にアレンジされています。ロミオとジュリエットが恋に落ちる様子がとても綺麗に演出されていました。ディカプリオはこの作品のときが一番美しかったのではないかな、と思います。それよりも私の目にとまったのはジュリエット役のクレア・デーンズ。かなり可愛かったです。この2人の演技は見所です。題名の「ロミオ+ジュリエット」、この「+」の字は十字架を表しているらしく見れば納得のシーンがあります。

↓挿入曲「Local God(Everclear)」をiTunesで入手
Everclear - The Best of Everclear - Local God
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.28 (Sun)

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記
ブリジット・ジョーンズの日記

監督:シャロン・マグワイア
出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント...

「未修正。未検閲。未婚。」

【ストーリー】
ブリジット・ジョーンズ(レニー・ゼルウィガー)、出版社勤務のOL、32歳。独身。彼女は新年にあたってひとつの決意をする。「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」――はたして彼女の誓いは無事達成されるのか?
【感想】
この映画のために女優なのに体重を大幅に増やしたレニー・ゼルウィガー。その体当たりの役作りに感心し、さらに映画自体もとても共感できました。女性なら、少なからずこんな生き方に共感し、好感を持つのではないでしょうか。私もその一人です。レニーのことをすごくキュートだと思いました。「ここまではちょっと…」なんて思いながらも、クスッと笑ってしまったりするのでは??レニーの上司であるヒュー・グラントもダメ男なのに変な魅力を感じてしまいました。憎めないんですよね。気楽に楽しめるラブコメだと思います。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月の感想はコチラ

↓挿入曲「Respect(Aretha Franklin)」をiTunesでダウンロード
Aretha Franklin - 30 Greatest Hits - Respect
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.27 (Sat)

ノイズ

ノイズ
ノイズ

監督:ランド・ラビッチ
出演:ジョニー・デップ、シャーリーズ・セロン、 ジョー・モートン、クレア・デュヴァル、ドナ・マーフィ...

「空白の2分間。宇宙から帰還した夫、双子を妊娠した妻。
 ラジオから聞こえてくる、恐怖のノイズ」


【ストーリー】
NASAの宇宙飛行士スペンサー(ジョニー・デップ)が宇宙空間での作業中、「あれは何だ」という言葉とともに2分間交信を断った。NASAの懸命の救出作業により、彼は奇跡的に生還。妻のジリアン(シャーリーズ・セロン)も、彼の無事を心から喜んだ。しかし地上に戻ってきた夫に対し、彼女はどこか違和感を感じる。さらに、彼と行動を共にしていた同僚が変死。まもなく双子を身ごもった彼女だが、その不安は日増しに深まってゆく。そんな中、失踪中だった元NASAの調査員が、突然彼女の前に現れる……。
【感想】
ジャンルでいうとSFでしょうかサスペンスでしょうか、その間という感じです。ホラー程、怖い場面というのはないですが結構心拍数があがりました。そんな恐怖心をあおる演出がそこここにあります。だけど、ラストはちょっとスッキリしないというか…。今ではジョニー・デップのファンですが、これを見たときは普通にスルーしちゃってました。この作品はファンの人にも特にオススメしないかも…。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ナ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.26 (Fri)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX

監督:ロバート・ゼメキス 総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド...

「スピルバーグがまたやった!!アメリカで“フューチャー現象”爆発!サマーシーズンレコード樹立大ヒット!スピルバーグのタイムマシンに乗って?少年は両親がティーンエイジャーだった時代へ。」(1)
「アメリカが“未来”の話題に、ざわめき始めた!噂の謎はその想像を超えたスケールとストーリー展開!!」(2)
「ついに最後のアドベンチャー!!全ての疑問が解き明かされる?いよいよシリーズ完結!」(3)


【ストーリー】
1985年10月25日、ブラウン博士(クリストファー・ロイド)は手伝いの高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)を、深夜の秘密実験に呼び出した。博士は愛車のデロリアンをタイムマシンに改造していたのだ。かくてマーティは30年前へと旅立った・・・。以後のタイムスリップ映画を方向付けた名作で、その後「2」「3」とシリーズ化された。
【感想】
これは子供の頃から金曜ロードショーで何度も見ている作品です。子供の頃から大好きでした。タイムスリップって、誰もが夢見たことがあるんじゃないでしょうか。そして、車でタイムスリップしてしまうというのがドラえもんのタイムマシンよりも実現可能な気がしてワクワクしたものです。大人になってお台場で車のデロリアンを見る機会があったんです。見たときには、思わず子供に戻ったようにはしゃいでしまいました。1では、マーティーが自分の両親と同じ年の頃に戻ってしまう。2では、未来へ行って自分の息子と出会う。3では、ドクが過去へ。3作とも、何度見ても飽きないんですよね。やっぱり、何度も見たくなってしまう、何度見ても楽しめる、というのが名作たる所以なんでしょうね。

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
アラン・シルヴェストリ - バック・トゥ・ザ・フューチャー・トリロジー (サウンドトラック・スコア)

ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.25 (Thu)

シティ・オブ・エンジェル

シティ・オブ・エンジェル 特別版
シティ・オブ・エンジェル 特別版

監督:ブラッド・シルバーリング
出演:ニコラス・ケイジ、メグ・ライアン、デニス・フランツ、アンドレ・ブラウアー、コルム・フィオール、ロビン・バートレット、ジェイ・パターソン...

「かつて地上に存在したことのない、ピュアな恋。」

【ストーリー】
天使のセス(ニコラス・ケイジ)は死者の魂を天国に導く役目を担っている。そんな彼は、ある日医者のマギー(メグ・ライアン)に出会い、恋に落ちてしまう。しかし、天使である彼は、色を感じる視覚、臭覚、味覚、触覚などの感覚が備わっていないため、彼女を抱きしめることも出来ない。思い悩んだ末、永遠の命を犠牲にして天使から人間になることを決意する。人間になったセスの体からは血が流れ、マギーと愛を交わす仲になっていくのだが・・・。
【感想】
映像的にも、ストーリー的にもとっても綺麗な映画です。「天使って実際にいたらこんな感じかもなぁ」とか「天使もこんなこと思うんだな」なんて思いながら見れました。二人の切なさがすごく心にしみる映画でした。でも、やっぱり一番心に残っているのは映像。印象的なシーンがたくさんありました。

↓挿入曲「Uninvited(Alanis Morissette)」をiTunesでダウンロード
Alanis Morissette - Alanis Morissette: The Collection - Uninvited
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.24 (Wed)

ロード・オブ・ザ・リング

ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOX
ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOX

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド、ショーン・アスティン、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、オーランド・ブルーム、リヴ・タイラー

「映画史に新たなる伝説が生まれる。指輪を手にした者が世界を救う。」(旅の仲間)
「新しい出会いと別れ 第一部は序章でしかなかった。」(二つの塔)
「遂に完結!その時、世界は史上最大の感動でひとつになる。 」(王の帰還)

【ストーリー】
はるか昔。闇の冥王サウロンは世界を滅ぼす魔力を秘めたひとつの指輪を作り出した。指輪の力に支配された中つ国では一人の勇者がサウロンの指を切り落とし、国を悪から救った。それから数千年の時を経た中つ国第3世紀。ある時、指輪がホビット族の青年フロド(イライジャ・ウッド)の手に渡る。しかし、指輪を取り戻そうとするサウロンの部下が迫っていた。世界を守るためには指輪をオロドルイン山の火口、“滅びの亀裂”に投げ込み破壊するしか方法はない。そこでフロドを中心とする9人の仲間が結成され、彼らは“滅びの亀裂”目指し、遥かなる冒険の旅に出るのだった・・・。
【感想】
これは「旅の仲間」から始まり、「二つの塔」「王の帰還」と三部作になっています。見るなら三部作を一気に見たいと思っていたので、DVDレンタル開始まで我慢しました。でも、「三部作全部見れるかな?」という不安もあったんですよね。「長過ぎて飽きてしまうんじゃないか」とか。実際、見てみるとそんな不安は吹き飛んでしまいました。スケールの壮大さに引き込まれ、キャラクターの魅力に夢中になってしまいました。弓の名手レゴラス(オーランド・ブルーム)の人気が高いようですが、私は剣の使い手のアラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)が好きでした。この作品を見たら、絶対に誰かのファンになってしまうんじゃないかな、と思います。それくらい一人一人が魅力的に描かれているんです。「ファンタジー的なものが苦手」とか「長過ぎる」というのはとりあえず置いておいて、見てみるべき作品だと思います!

↓この映画のサントラ(Howard Shore)をiTunesでダウンロード
ハワード・ショア - The Lord of the Rings Trilogy
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.23 (Tue)

エリン・ブロコビッチ

エリン・ブロコビッチ
エリン・ブロコビッチ

監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ジュリア・ロバーツ、アルバート・フィニー、アーロン・エッカート、マージ・ヘルゲンバーガー、チェリー・ジョーンズ、ピーター・コヨーテ、スコッティ・レブンワース、ジェミーン・デ・ラ・ぺニャ...

「全米史上最高金額の和解金を手にした女」

【ストーリー】
離婚歴2回、子供3人、預金16ドル。お金も職も未来もないエリン・ブコロビッチ(ジュリア・ロバーツ)。ミス・ウィチタだった美貌はいまだ衰えていないものの、大した教育も受けていないので就職活動もままならない。そんな折、交通事故をきっかけに知り合った弁護士エド(アルバート・フィニー)に頼み込み、かろうじて職を得た。不動産関係のファイルを整理してたエリンは、ある地域の水質汚染を発見。大企業が住民をだましていたことに気づき立ちあがる。
【感想】
実在する女性の事実に基づく作品です。エリンはとてもパワフルで熱い女性で「母は強し」と思わされました。実話に基づく作品って映画的には面白味に欠けることもあるけど、これはテンポも良いし、彼女の自分を強く持ったスタイルに憧れ、見た後には爽快になれると思います。スカッとしたいときにオススメの1本。劇中、カフェでウェイトレス役で出演している女性がエリン・ブロコビッチ本人なんだそうです。
エリン・ブロコビッチ公式サイト

↓挿入曲「Everyday Is a Winding Road(Sheryl Crow)」をiTunesでダウンロード
Sheryl Crow - Sheryl Crow - Everyday Is a Winding Road
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.22 (Mon)

ニキータ

ニキータ
ニキータ

監督:リュック・ベッソン
出演:アンヌ・パリロー、ジャン・ユーグ・アングラード、ジャンヌ・モロー、チェッキー・カリョ、ジャン・レノ...

「泣き虫の殺し屋、ニキータ。」

【ストーリー】
警察官を殺し、捕らえられた不良少女ニキータ(アンヌ・パリロー)は、このまま死ぬか、国家機密の殺し屋として生まれ変わるか、という過酷な選択を迫られる。生きる道を選んだ彼女は、3年間の猛特訓の末、プロの殺し屋に成長。しかし、無情にも愛する人と幸せな日々を望むニキータは、殺し屋だということを伝えられず…。
【感想】
見たのはかなり昔ですが、今でも強烈に印象に残っています。ストーリーのせいなのか、主演女優の魅力なのか。飽きずに何度も見ました。彼女の揺れる心など切なさや葛藤がよく表現されていました。好きなシーンは数々ありますが、余韻のあるラストが好きです。ジャン・レノが殺し屋として出てくるのですが、これを膨らませた話が「レオン」なのだそうです。この映画は「アサシン」としてリメイクされているそうです。リメイク版も見てみようかな、と思います。

↓この作品のサントラをiTunesで入手
Eric Serra - Nikita

ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ナ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.21 (Sun)

ウォーターボーイズ

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション
ウォーターボーイズ スタンダード・エディション

監督:矢口史靖
出演:妻夫木聡、玉木宏、三浦哲郎、近藤公園、金子貴俊、平山綾、真鍋かをり、竹中直人、杉本哲太、柄本明...

「男のシンクロ!?」

【ストーリー】
廃部寸前の唯野男子高校水泳部。部員は、やる気もなくズルズルと続けてしまった3年の鈴木(妻夫木聡)ただ1人。そんな水泳部の顧問に、新人のピチピチ女教師・佐久間先生(眞鍋かをり)が就任し、部員は一挙に30人に膨れたッ。が、佐久間先生が本当に教えたかったのは、競泳ではなく、なんとシンクロナイズドスイミングだったのだ!!佐久間先生の熱い思いを知ったとたん、生徒たちは恐れをなして逃げ帰ったが、鈴木を含む間の悪いヘナチョコ5人だけが、言いくるめられて渋々シンクロをする羽目に…。
【感想】
とっても爽やかな青春映画!夏になると見たくなります。男のシンクロがあるなんて、この映画を見るまで知りませんでした。実際にモデルになった高校があるんだそうです。男ばっかりなんて、むさくるしくなりそうですが爽やか!矢口監督らしく、ユニークで笑いもたくさんです。男のシンクロはとてもアクロバティックで、プールサイドでの陸ダンスもすごく元気一杯で楽しくなっちゃいますよね。見終わった後には、「こういう一体感って最高に楽しかったなぁ」なんて学生時代を思い出しました。脇役も濃くて個性的な役者さんばかりで楽しく仕上がっています。
ウォーターボーイズ公式サイト

↓挿入曲「Diamond Head(The Beach Boys)」をiTunesでダウンロード
ザ・ビーチ・ボーイズ - Friends / 20 / 20 - Diamond Head
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.20 (Sat)

25年目のキス

25年目のキス
25年目のキス

監督:ラジャ・ゴズネル
出演:ドリュー・バリモア、デヴィッド・アークエット、ジョン・C・ライリー、リーリー・ソビエスキー、マイケル・ヴァルタン...

「それは、幸せへ続く愛の証し。」

【ストーリー】
25歳にしてキスの経験もないオクテの新聞記者ジョジー(ドリュー・バリモア)は、現代の高校生の実態を取材するため、生徒に化けてハイスクールに潜入。地味一筋だった自分の高校時代のトラウマを思い出しつつ、彼女は人気グループの一員に加わろうと奮闘したり、教師に恋したりと、いつしか二度目の高校生活をエンジョイしていく。
【感想】
友人に薦められて見ました。この映画で、ドリューの可愛さにハマりました。役柄もほんとにキュートなんです。最初は冴えないダサい女の子なんですけど、高校時代の苦い思い出と奮闘しながら、どんどん素敵な女性に変身していきます。内面から美しくなったドリューに憧れてしまいました。女性なら見て共感できる部分があると思うし、元気になれちゃう作品です。でも、私にこれを薦めてくれたのは男の子だったので男性にもオススメです。

↓挿入曲「Don't Worry Baby(The Beach Boys )」をiTunesで入手
ザ・ビーチ・ボーイズ - The Beach Boys - The Greates Hits-Vol. 2 - Don't Worry, Baby
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ナ行  |  TB(4)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.19 (Fri)

ブラス!

ブラス!
ブラス!

監督:マーク・ハーマン
出演:ピート・ポスルスウェイト、ユアン・マクレガー、タラ・フィッツジェラルド ...

「夢がある、誇りがある、音楽がある」

【ストーリー】
イギリス、ヨークシャー地方、炭鉱閉鎖の危機に揺れるグリムリーの町に、炭鉱労働者だけで結成された伝統あるブラスバンド、「グリムリー・コリアリー・バンド」があった。バンドのリーダーを務めるダニーは音楽に人生を捧げており、コンクール優勝に向けて仲間たちを鼓舞するが、失業の危機に直面している団員たちは音楽どころではない。そんな折、久々に帰郷してきた若いグロリアがバンドに加わったことで、スケベの中年男たちは俄然やる気を出す。グロリアと幼馴馴染みのアンディも、若き日の恋を再燃させていた。しかし、彼女は経営者側に雇われて、炭鉱の将来性の調査していたのだ。才能溢れるタラの加入でレベルが上がったグリムリー・コリアリー・バンドは地方大会で優勝するも、炭鉱は閉鎖する事が決定してしまう。リーダーのダニーが長い炭鉱労働から来た職業病に倒れたのに続き、タラが経営者側で仕事をしていた事も露見し、全国大会を前にして、バンドは崩壊の危機に直面する。さてさて、グリムリー・コリアリー・バンドの、そして炭鉱労働者たちの運命やいかに!?
【感想】
実在の全英一の人気楽団、グライムソープ・コリアリー・バンドをモデルにした作品だそうで、作品中の演奏も彼らがやっています。作品中では「アランフェス協奏曲」「ダニー・ボーイ」「威風堂々」「ウィリアム・テル序曲」などなど、数々の名曲が流れてそれが私にはとても心地よかったです。吹奏楽を経験した人にとっては、たまらない作品だと思います。そうでない人も、音楽の良さ、登場人物の魅力に引き込まれると思います。全員が、本当に気のいい炭坑夫。なんだか、ちょっとかわいさもあったり純粋で応援したくなってしまいました。映画全体の雰囲気としては、「さすがイギリス映画」という感じ。音楽好き、イギリス映画好きの方にはオススメの1本です。

↓挿入曲「威風堂々」をiTunesで入手
ニュージーランド交響楽団/指揮:ジェイムズ・ジャッド - フットボール・クラシックス - Gloria Stadium 2006 - エルガー: 威風堂々 第1番
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.18 (Thu)

バリスティック

バリスティック スタンダード・エディション
バリスティック スタンダード・エディション

監督:カオス
出演:アントニオ・バンデラス、ルーシー・リュー、レイ・パーク、グレッグ・ヘンリー、タリサ・ソト、ミゲル・サンドヴァル、テリー・チェン...

「狙われたら最後、壊滅必至。」

【ストーリー】
悪用されれば、瞬く間に国家権力はおろか、全世界を征服する可能性もある新種の暗殺兵器《ソフトキル》が、何者かの手によって盗み出された。時を経ずしてDIA(国防情報局)長官(グレッグ・ヘンリー)のひとり息子が謎の女シーバー(ルーシー・リュー)によって誘拐されてしまう。捜査を依頼された元FBIトップエージェント、エクス(アントニオ・バンデラス)は、一個師団をたった一人で壊滅させるほどの「殺人マシーン」シーバーを追跡する。だがしかし!!その先には国家レベルでの恐るべき陰謀が迫っているとは知る由もなかった…。映画史上空前の爆破数、本気の火薬量をかいくぐり、二人の壮絶な戦いが今始まった!
【感想】
ルーシー・リューが大好きなのでレンタルして見ました。全体の感想としては・・・残念ながらイマイチ。ストーリーも特に凝っているわけでなく(良く言えば、「分かり易い」)、ひたすら戦っています。でも、やっぱり強いルーシーはカッコイイ!ものすごい爆発&アクションですが、本人達のスタントなので見ごたえがあります。もう少し、ストーリーに深みがあれば、良かったかな~と思いますが、めずらしい銃や有名な銃がたくさん出ているらしいのでガンマニアにはたまらない作品なのかも。
バリスティック

↓挿入曲「Go」をiTunesで入手
Andy Hunter - Exodus - Go
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.17 (Wed)

仮面の男

仮面の男
仮面の男

監督:ランドール・ウォレス 原作:アレクサンドル・デュマ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェレミー・アイアンズ、ジョン・マルコヴィッチ、ジェラール・ドパルデュー、ガブリエル・バーン...

「静と動 繊細と大胆 優しさと激しさ
 今あなたは、2人のディカプリオを目撃する…」

【ストーリー】
文豪アレクサンドル・デュマの原作「鉄仮面」をディカプリオを主演に迎えて映画化した文芸作品。1662年、フランスのパリ。若き暴君ルイ14世(レオナルド・ディカプリオ)の圧政下、民衆は飢えに苦しんでいた。しかし彼には隠された秘密があった。彼は地下牢に双子の弟フィリップ(レオナルド・ディカプリオ)を幽閉していたのだ。引退をしていた三銃士たちはこの事実を知る。彼らは鉄仮面をつけられたフィリップを救出し、仮面舞踏会の日に王を入れ換える計画を企てる。この計画は一度は失敗し王に追いつめられはするものの、最後にはルイ14世と仮面の男の入れ換えに成功するが・・・。
【感想】
とても楽しめました。実は、私はディカプリオってあまり好きではなかったんです。だけど、これを見て「カッコイイ、すごい!」と思ってしまいました。ディカプリオは性格の違う双子(わかりやすく言えば「善と悪」)を一人二役で演じているのですが、本当にうまく演じていて同じ人で顔も同じなのに全然違う人物に見えてくるのです。不思議ですよね。ディカプリオファンの方は必見ですね。さらに、ディカプリオを取り巻く三銃士+ダルダニヤンの四銃士がかなり素敵です。こちらの演技に目を奪われる方も多いのでは。渋くてカッコイイおじさま達なのです。ストーリーも俳優陣も素敵ですが、さらに音楽もイイ!テレビとかでも、たまに耳にすることがあります(フィギュアスケートとか)。サントラは買って損はありません。うーん、この映画はイイとこずくめですね。(私が中世の歴史ものが好きなせいかもしれませんけど。)

↓この映画のサントラをiTunesで入手
Nick Glennie-Smith - The Man In the Iron Mask (Soundtrack from the Motion Picture)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(3)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.16 (Tue)

アンドリュー NDR114

アンドリューNDR114
アンドリューNDR114

監督:クリス・コロンバス 原作:アイザック・アシモフ
出演:ロビン・ウィリアムズ、エンベス・ディビッツ、サム・ニール、オリバー・プラット、ウェンディ・クルーソン、ハリー・ケイト・アイゼンバーグ

「愛することなど、プログラムされていないはずだった・・・。」

【ストーリー】
そう遠くない未来のある日。郊外に住むマーティン家に届いた荷物は、父親のリチャード・マーティン(サム・ニール)が家族のために購入した家事全般ロボット'NDR114'だった。最新鋭の機能をもちながらも、礼儀正しく、どこかアナログ感も漂わせるこのロボットはアンドリュー(ロビン・ウィリアムズ)と名付けられた。アンドリューの主な仕事は彼が'リトル・ミス'と呼ぶ末娘(ハリー・ケイト・アイゼンバーグ)の子守り。その仕事を通して、いつしか機械が持つはずのない個性ー感受性や創造性を見せるようになっていく。マーティン家の人々の成長と老い、そして死を見守りながら、世代を越えた絆で結ばれていくアンドリューだったが、自分が人間とは決定的に違うがゆえの孤独を感じ、本当の人間になりたいという夢を持つようになるが・・・。
【感想】
ジャンル的にはSFなんだろうけど、コメディーの要素もあり、ヒューマン・ドラマといえるような温かさもある映画でした。ロボットが家に来たことで家族は戸惑うんですが、そのへんの描写がとても素敵だと思いました。家族それぞれ感じ方が違って接し方が違うんですよね。そして、だんだん家族と溶け込んでいくアンドリュー。見てて、ほんわかしてしまいます。ロボットの顔がロビン・ウィリアムズにそっくりで、見てるうちにロボットじゃなくて人間っぽく見えてきてしまう。そこは演技力の賜物なのか、スタッフの力なのかわかりませんが(どうなっているんだろう?)素晴らしいと思いました。
アンドリュー NDR114

↓挿入曲「Then You Look at Me」をiTunesで入手
Celine Dion - All the Way...A Decade of Song - Then You Look at Me
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.15 (Mon)

レオン

レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション
レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション

監督:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ダニー・アイエロ、ゲイリー・オールドマン...

「12歳の女の子に愛された殺し屋、レオン」

【ストーリー】
リュック・ベッソンが初めてアメリカで製作したバイオレンス・アクション。ニューヨークを舞台に、凄腕の殺し屋レオン(ジャン・レノ)と12歳の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)の純愛と戦いを描く。少女の父親がギャングの手下だったのだが、麻薬をすこしちょろまかしたのでその父と一家みな殺し。この少女の父が射たれて殺されが、この父のマスクがいいので、ああもう死んだかと口惜しくなる。少女は逃げて同じ屋根の下の殺し屋レオンの部屋に逃げこみ、この殺しの名人に殺しの手ほどきを受けていく・・・。
【感想】
殺し屋と少女っておかしな組み合わせですが、そのギャップがいい味を出しています。当時、13歳だったナタリーが、幼さもあり、色気もありですごく魅力的です。そして、ジャン・レノは渋い!優しさや悲しさ、残酷さ、希望、愛情...いろんなものを感じれる作品だと思います。

↓挿入曲「Shape of My Heart(Sting)」をiTunesで入手
Sting - Ten Summoner's Tales - Shape of My Heart
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.14 (Sun)

ラヂオの時間

ラヂオの時間 スタンダード・エディション
ラヂオの時間 スタンダード・エディション

監督:三谷幸喜 原作:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ
出演:唐沢寿明、鈴木京香、西村雅彦、戸田恵子、井上順...

【ストーリー】
深夜のスタジオでラジオドラマ「運命の女」の生放送が始まろうとしていた。やる気のないディレクター・工藤(唐沢寿明)、上司で調子のいいプロデューサー・牛島(西村雅彦)、脚本がたまたま採用された主婦・みやこ(鈴木京香)などがそろったスタジオで、リハーサルも順調に終わった。だが、本番を前に主演女優(戸田恵子)のわがままで、主役が日本人からアメリカ人に変わった瞬間、ドラマが大幅に変わることになる。そんな中、本番が開始されたが、主人公が外国人になったため、舞台も熱海からニューヨーク、メロドラマなはずなのにスペクタクルへと変ぼうしてしまう…。
【感想】
この作品を最初に知ったのはNHKで放送していたラジオドラマでした。学生時代、よくラジオを聞いていた私はラジオドラマが大好きだったんです。その中のひとつがこの作品でした。「なんて面白いんだろう!」と思っていて、映画化された時にはうれしくてたまらなかったのを覚えています。ストーリーがメチャメチャだっていうのは知っていたんですが、それを映像にしたらもうとにかく笑える!当時、ラジオドラマにはまっていてラジオドラマを制作する仕事に就きたいと思っていた私にはとても興味深く見ることができました。それに、よく見ていると脇役がかなり豪華。そういう意味でも目の離せない映画でした。登場人物全員、個性がすごいんですけど、それが全て活かされているところも魅力です。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.13 (Sat)

ガタカ

ガタカ
ガタカ

監督:アンドリュー・ニコル
出演:イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、アラン・アーキン、ジュード・ロウ、ローレイ・ディーン...

「残酷なまでに美しい未来…愛だけでは君に届かない」

【ストーリー】
遺伝子操作により管理された近未来。宇宙飛行士を夢見る青年ビンセント(イーサン・ホーク)は、劣性の遺伝子のため希望の無い生活を送っていた。そんなある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェローム(ジュード・ロウ)に成りすます偽装の契約を結ぶ。そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設“ガタカ”に潜り込む。が、そんな中、彼の正体に疑いを持っていた上司の殺人事件が起こり、ビンセントが犯人と疑われてしまう・・・。
【感想】
この映画はSFですが、実に淡々とストーリーが展開していきます。冷たいとさえ感じるくらいで、奇妙な感じ。ストーリーだけでなく登場人物たちも淡々としていて、そこがなんだか魅力的でした。近未来という設定で、出てくるもの全てがスタイリッシュなのも見とれてしまいました。
ちなみに、題名の「Gattaca」とは人が人であり、イヌがイヌである事を決定づけるDNAの中の4つの科学物質―グアニン(guanine)、アデニン(adenine)、チミン(thymine)、シストシン(cystosine)の頭文字からつけられたそうです。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(3)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.12 (Fri)

ザ・コア

ザ・コア スペシャル・エディション デラックス版<2枚組>
ザ・コア スペシャル・エディション デラックス版<2枚組>

監督:ジョン・アミエル
出演:アーロン・エッカート 、ヒラリー・スワンク 、デルロイ・リンドー 、スタンリー・トゥッチ 、チェッキー・カリョ...

「地球の核<コア>停止。人類は1年以内に滅亡する。」

【ストーリー】
ボストン。この日の午前10時30分、ペースメーカーを身に付けていた32名の人々が一斉に突然死を遂げた。翌日、英ロンドンのトラファルガー広場。鳩の大群が突然方向感覚を失って暴れ始めた。その2日後、スペースシャトル・エンデバーが地球へ帰還途中、突如として制御不能に陥る。シカゴ大学の地球物理学者ジョシュは(アーロン・エッカート)、一連の不可解な異常現象を分析。彼はその原因として、地球の“コア”の回転が停止していることを突き止める。それは、磁場のなくなった地球が太陽光線をまともに受け、1年以内に焼き尽くされることを意味していた…。
【感想】
ディープ・インパクト」とか「アルマゲドン」とかそういった類いの地球滅亡危機系の映画。これは「アルマゲドン」の地中編といった感じの作品です。う~ん、悪くはないんだけど、なにか少し物足りなさを感じてしまいました。ストーリー的には面白いのだけれど、2時間では時間が足りなかったという感じでした。もっと詳しい描写が欲しかったかも・・・。
ザ・コア
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.11 (Thu)

亡国のイージス

亡国のイージス
亡国のイージス

監督:阪本順治 原作:福井晴敏
出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、吉田栄作、谷原章介、豊原功補、安藤政信、チェ・ミンソ...

「生きろ。絶対に生きろ。」

【ストーリー】
ひとり息子を亡くしたばかりの海上自衛隊の護衛艦「いそかぜ」副長の宮津弘隆(寺尾聰)の家に、ある男が訪ねて来る。それが全ての始まりだった。護衛艦「いそかぜ」は、海上訓練に出港しようとしていた。その前夜、先任伍長の任につく仙石恒史(真田広之)は、警察から呼び出しを受ける。上陸中の乗員がケンカに巻き込まれたというのだ。現場に駆けつけた仙石は、絡んできたチンピラ達をたったひとりで叩きのめしたという乗員と顔を合わせる。「いそかぜ」に転任して来たばかりの如月行(勝地涼)だった。今回の訓練を審査する溝口哲也3佐(中井貴一)率いるFTG(海上訓練指導隊)が物々しい装備と共に乗り込んで来る中、「いそかぜ」は出港。しかし、衣笠艦長が何者かに暗殺され、海上からは謎の女が密かに艦内に潜入し、陰謀が進行しつつあった・・・。
【感想】
映画館で見てきました。邦画の中でこんなに迫力があるものは見たことがなくて(そんなにたくさん見ているわけではないのですが)、良かったと思います。私は原作を読んでから見に行ったんですよね。そんな私の感想としては、「2時間でよくまとまってるな」「真田広之演じる仙石が期待以上だった!」「読むだけでは、なかなかイメージできなかったイージス艦をたくさん見れた」という感じでしょうか。息をつく間もない2時間でした。真田広之さん、寺尾聰さん、佐藤浩市さん、中井貴一さん、この4人は素晴らしかったです。ただ・・・、原作を読まなければ理解できない部分もあるかもしれません。というか、映画の中では表現しきれなかった登場人物の背景を知ってもらいたいです。なので、この作品はぜひ原作も読んでほしい!見る前でも見た後でも、どちらでも良いので。ちなみにパンフレットはボリューム満点なので買うのをオススメします☆
亡国のイージス

↓この映画のサントラ(Trevor Jones)をiTunesを入手
Trevor Jones - Aegis (「 亡国のイージス 」オリジナル・サウンドトラック)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.10 (Wed)

スウィングガールズ

スウィングガールズ スタンダード・エディション
スウィングガールズ スタンダード・エディション

監督:矢口史靖
出演:上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、平岡祐太、竹中直人...

「ジャズやるべ♪」

【ストーリー】
舞台は東北の片田舎の高校。夏休み返上で補習を受けている女子生徒たちが、サボりの口実としてビックバンドを始める。当然のごとくやる気はゼロでサボる気満々。しかし、楽器からすこしずつ音がでてくるにつれジャズの魅力にひきこまれ、ついには自分達だけでバンド結成を決意!とはいえ楽器はないし、お金もない。バイトをすれば大失敗。なんとか楽器を手に入れて、いざ練習!と思いきや、今度は練習場所もなく、ついにはバンド解散の危機!?しかし、音楽への熱い思いがはちゃめちゃパワーとあいまって、紆余曲折を吹き飛ばし、感動のラストまで一直線!!
【感想】
学生時代にずっと吹奏楽部に所属していたので見るのがとても楽しみでした。そして、その期待を裏切りませんでした。状況は違うけれど、自分の青春時代と重ねてしまい、いちいちジーンとしちゃったり…。SWING GIRLS & A BOYのみんながとても個性的で輝いているし、脇を固める役者さん達もいい味を出しています。ラストの演奏シーンでは、思わず涙してしまいました。きっと、みなさんの心も揺さぶることと思います。演奏されている曲もジャズの超名曲たちで親しみやすいし、何度見ても笑えて感動できる素敵な作品です。だ~い好き!
SWING GIRLS公式サイト

↓挿入曲「A列車で行こう」をiTunesでダウンロード
マンハッタン・ジャズ・オーケストラ - スウィング、スウィング、スウィング - A列車で行こう

↓挿入曲「メキシカン・フライヤー」をiTunesでダウンロード
The Ken Woodman Sound - Town Talk - Mexican Flyer
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.09 (Tue)

エバー・アフター

エバー・アフター
エバー・アフター

監督:アンディ・テナント
出演:パトリック・ゴッドフリー、ドリュー・バリモア、アンジェリカ・ヒューストン、ダグレイ・スコット、ジャンヌ・モロー

「シンデレラ・・・童話では語りつくせない真実がある。」

【ストーリー】
誰しも知ってる「シンデレラ」の物語を現代風にアレンジして映画化した作品。昔々、優しい父と田舎の屋敷で暮らす少女ダニエル(ドリュー・バリモア)。しかし、父が男爵夫人を再婚し二人の娘を連れてやって来たことから一変。しかも、その後父が急死してしまう。それからダニエルはメイドとしてこき使われる生活を送っていた。10年後のある日、フランスの王子ヘンリー(ダグレイ・スコット)と運命的な出会いをしたダニエルは・・・。
【感想】
現代風にアレンジしたといううだけあって、童話に出てくる魔法使いとかそういったものは出てきません。だけど、この物語にとても引き込まれたのはドリュー・バリモア演じるダニエルがとても明るくて行動力もあり、そしてすごく人間らしいところ。童話で私が受けたイメージとは違うシンデレラが、とても魅力的でした。むしろ、童話のシンデレラよりも好きなくらいです。童話のシンデレラも憧れの物語だけれど、このシンデレラも素敵なお話になっていて繰り返し見たくなってしまいます。私が今まで見てきたドリュー・バリモアとは全然違うキャラクターだったのですが、やっぱりすごくイイ!カワイイです。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(2)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.08 (Mon)

グラディエーター

グラディエーター
グラディエーター

監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、フォアキン・フェニックス、コニー・ニールセン、オリバー・リード、ジャイモン・ハンスウ、リチャード・ハリス...

「いま、ヒーローは立ち上がる」

【ストーリー】
偉大なローマ皇帝が世を去り、世界の運命は無慈悲な息子の手に託された。巨大コロシアムでは、民衆を楽しませるため、勇敢なグラディエーターたちが、死をかけた壮絶な戦いを強いられていた。その中には、皇帝により家族を抹殺され。奴隷の身として流刑にされた将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)がいた。彼は、剣を持ち、実力者だけが生き残れるその場所にある想いを秘めて立ち上がった。それは、真の”グラディエーター”となって帝国への復讐を果たすためであった・・・。
【感想】
古代ローマを舞台にした映画です。スペクタクルと呼ぶにふさわしい映画だと思います。巨大コロシアムなど映像的にも迫力満点でした。ラッセル・クロウ演じるマキシマス将軍の強さ、人間性もとても魅力的で、感情移入しやすいと思います。皇帝の悪役っぷりも見事なんですが、少し同情してしまうところもありました。これは映画館で見たかったでなぁ。そして、音楽もステキ。大好きな映画です。
グラディエーター

↓この映画のサントラ(Hans Zimmer)をiTunesで入手
Hans Zimmer & Lisa Gerrard - Gladiator
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.07 (Sun)

トロイ

トロイ 特別版 〈2枚組〉
トロイ 特別版 〈2枚組〉

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:ブラッド・ピット、エリック・バナ、オーランド・ブルーム、ブライアン・コックス、ショーン・ビーン、ピーター・オトゥール...

「史上最大の愛のための戦い」

【ストーリー】
世にも美しく無謀な男が、ひとりの女を略奪した。男は、トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)。女は、スパルタの王妃へレン(ダイアン・クルーガー)。情熱のあまり他国の王妃を奪って花嫁とした、古代ギリシャの伝説の恋は、やがて史上最大の戦いを引き起こす。ヘレンを取り戻すために差し向けられたのは、ギリシャ軍の千艘もの船、そして、「女神の息子」と呼ばれる無敵の戦士アキレス(ブラッド・ピット)。自らの名誉と栄光のためだけに戦う、誇り高く倣岸なアキレスこそが、この戦いの結末と、運命の恋の行方を、その手に握っているのだった。たったひとつの恋のために、国家が焼け落ち、文明が滅びようとするそのとき、アキレスの運命もまた、ひとつの愛によって大きく変わろうとしていた―――!
【感想】
とてもスケールが大きくて、「あぁ、映画だ!」と思わされました。ものすごい兵士の数!ギリシャ神話の「トロイ戦争」のお話で、あらすじは知っていたけれどそれでも十分すぎるほど楽しめました。パリス王子・・・「どこかで見たことある・・・あ!パイレーツ・オブ・カリビアンの人じゃない?」と思ったら、そうでした。調べてみると、あの「ロード・オブ・ザ・リング」のレゴラスだということもわかりました。今、人気の役者さんなんですね。それにしても、アキレスの強さにしびれました。この映画のために鍛え直したという肉体も素敵。同じ系統?の古代スペクタクルで私の大好きな「グラディエーター」のラッセル・クロウとどっちが強いかな?と思ってしまいました(笑)「グラディエーター」についても、今後書く予定です。
トロイ

↓この映画のサントラ(Josh Groban)をiTunesで入手
Josh Groban - Troy
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.06 (Sat)

(ハル)

(ハル)
(ハル)

監督:森田芳光
出演:深津絵里、内野聖陽、戸田菜穂、宮沢和史、竹下宏太郎...

「まだ見ぬあなたに、恋してる。 」

【ストーリー】
パソコン通信で出会った男女の恋を描く異色のラブ・ストーリー。速見昇(内野聖陽)は(ハル)というハンドル名でパソコン通信の映画フォーラムにアクセスする。仕事も恋もうまくいかず鬱屈していた(ハル)に、励ましのメールを送ってきたのは(ほし)という男性だった。盛岡に住んでいる(ほし)は自分を男と偽るOLだった。互いの実像をわからないまま二人は次第に本音を伝え合うようになる。やがて、(ほし)の住む盛岡に出張することになった(ハル)はそこで会おうと提案するが・・・。
【感想】
これは、私が映画館で見て初めて「うわぁ・・・」って感動した映画で、とても印象に残っています。当時はまだインターネットは家庭にはあまり普及していない時代で、こんな世界ってあるんだって思いました。この映画を見た後に親に頼み込んでパソコンを購入することになりました(笑)それくらい、当時の私にはインパクトがあったんですよね。今ではインターネットなんて当たり前で、チャットとかメールは誰でも経験したことがあると思います。顔の見えない世界で、主人公の2人は、本音で語り合ったり、時には嘘をついたりもする。この嘘と実生活のギャップが面白かったです。この映画、ラストがとても素敵なんですよね。この映画で、すっかり深津絵里さんの虜になってしまった私です。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.06 (Sat)

恋ノチカラ

恋ノチカラ4巻セット
恋ノチカラ4巻セット

脚本:相沢友子
出演:深津絵里、堤真一、矢田亜希子、坂口憲二、西村雅彦...

「この世に生まれて30年と6ヶ月19日。もう恋をすることなんて、ないだろうと思っていた」

【ストーリー】
恋に仕事にすべてが可能だと信じて疑わなかった20代が過ぎ、30歳を迎えて夢見ることから卒業しようと心に誓っていた籐子(深津絵里)。そんな30代的倦怠真っただ中のヒロインが、転職をきっかけに再び夢に向かって奮闘する姿を描いたハートフル・ラブ・コメディ。広告代理店につとめるしがないOKの籐子は、昔憧れていた同じ会社の貫井(堤真一)が独立して作った新会社に引き抜かれることになり、有頂天になるのだが・・・。
【感想】
大好きな深津絵里さんの魅力が本当によく出ているドラマです。深津絵里さん演じる籐子の言葉、感情に共感して喜んだり悲しんだり。籐子がとてもかわいくて魅力的でこんな女性になりたい!!と見る度に思ったし、今でも思い出すことがあります。何度見ても飽きないし、元気になれるドラマなので見ていない方は是非。共演者のみなさんもとてもイイ味を出しています。主題歌の小田和正さんの「キラキラ」もピッタリでした。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ドラマ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.05 (Fri)

リディック

リディック
リディック

リディック / ピッチブラック ツインパック
リディック / ピッチブラック ツインパック

監督:デヴィッド・トゥーヒー
出演:ヴィン・ディーゼル、ジュディ・デンチ、ダンディ・ニュートン...

「これが宿命なら、闘うしかない。」

【ストーリー】
暗闇でもものを見ることができる能力を持ち、恐るべきエイリアンの襲撃を生き延びたリディック(ヴィン・ディーゼル)。あれから5年、彼は5つの惑星から指名手配され、その首には法外な懸賞金がかかっていた。賞金稼ぎの手を逃れて、銀河系のはずれで逃亡の日々を送る彼は、やがてヘリオン第1惑星へとやって来た。もともと平和だったこの星は、いまや血に飢えた凶悪な種族ネクロモンガーのリーダー、ロード・マーシャルの手に落ちようとしていた。へリオンに暮らすエレメンタル族の使者エアリオンは、リディックが救世主と信じ助けを乞う。その話を一笑に付すリディックだったが、いよいよ始まったネクロモンガー艦隊の総攻撃の混乱の中でついに一人の賞金稼ぎに捕まってしまう。惑星クリマトリアの刑務所へと護送されたリディックはそこで、かつて彼に憧れていた少女キーラと再会するのだった。
【感想】
SFアクション。「ピッチブラック」という映画の続編ということらしいです。前作を見てないせいか、あまりストーリーに入っていけませんでした。でも、ヴィン・ディーゼル演じるリディックが悪者なのか、ヒーローなのか?という設定はなかなか楽しめました。私はストーリーに共感できなかったせいか、イマイチ・・・という感想でしたが、友人に聞いてみると「ものすごくよかった!」と言う人もいました。男の人は好きな人が多いのかも??
RIDDICK

↓この映画のサントラをiTunesで入手
グレアム・レヴェル - リディック (オリジナル・サウンドトラック)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.05 (Fri)

アイ,ロボット

アイ,ロボット アルティメット・エディション
アイ,ロボット アルティメット・エディション

監督:アレックス・プロヤス 原作:アイザック・アシモフ
出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン...

「ルールは破られた、未来は守れるか」

【ストーリー】
今からわずか30年後の近未来、家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及している時代。そしてさらに、革新的な技術による新世代ロボットが登場し、新たなロボット社会の夜明けを迎えようとする直前、そのロボットの生みの親であり、ロボット工学の第一人者、アルフレッド・ラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)の殺人事件が起きる。容疑者は最新のNS-5型ロボットのサニー。“ロボット3原則”により、絶対に人間に危害を加えられないはずのロボットが犯人なのか?その謎を追及するシカゴ市警の刑事デル・スプーナー(ウィル・スミス)とロボット心理学者スーザン・カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は、やがて、人類の存亡がかかった驚愕の真相に迫っていく・・・。
【感想】
SF映画も結構好き!なはずが、たまに「…。」となってしまうのもあって選ぶのも慎重になったりします。が、この作品は面白かったです!最初の方でなんとなく予想できてしまう感じもありますが、もしかして、こんな未来が訪れる日が来るのだろうか…とふと考えてしまうくらい楽しめちゃいました。CGも凝っていて良かったし、ウィル・スミスの演技も光っていました。
アイ,ロボット公式サイト

↓この映画のサントラ(Marco Beltrami)をiTunesでダウンロード
マルコ・ベルトラミ - I Robot (オリジナル・サウンドトラック)


アイ・ロボット
アイ・ロボット
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(4)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.04 (Thu)

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

原作:高見広春 監督:深作欣二
出演:藤原竜也、前田亜季、ビートたけし、山本太郎、栗山千明、塚本高史、安藤政信、柴咲コウ...

【ストーリー】
大人の自信を取り戻すため可決された新世紀教育改革法「BR法」それは、全国の中学3年生から選ばれた1クラスの生徒たちを無人島に集め、最後のひとりになるまで殺し合いをさせる残酷なサバイバルゲームだった。ある日突然、42人の生徒に強制される殺し合い。歯向かえば容赦なく消され、おびえ怒りながらも与えられた武器を手に、自分たちの命をかけた殺戮ゲームの幕を切る。初めて味わう死と隣り合わせの極限状態で、夢、希望、願い、友情・・・さまざまな自分の思いと向き合いながら武器を抱えて走る彼らの姿に、凝縮された青春像が垣間見れる。
【感想】
見たいと思いながらも怖くてDVD返却日ギリギリまで見れなかった作品です。よし、見る!と覚悟を決めて見ました。最初から異様な雰囲気が漂っていて、2時間ずっと緊張して見ていた気がします。昨日までクラスメートだった42人が殺し合いをさせられる。「殺さなきゃ殺される」そんな極限状態での生徒たち。冷静に対策を考える者もいれば、びびってしまう者もいる。すごく過酷な状況で展開されていく作品でした。血が苦手な私にはちょっと強烈でした。だけど、見終わった後はいろいろと考えるものがありました。ちなみに、安藤政信さん、「サトラレ」と同じ人とは思えない凄まじい演技でした。

↓挿入曲「レクイエム」をiTunesで入手
ドレスデン・シュターツカペレ, ペーター・シュライアー & ライプツィヒ放送合唱団 - TVで聴いたモーツァルト TOP10 - レクイエム K.626~怒りの日
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。