アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 2005年09月

*ブログポリシー  All archives    Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.30 (Fri)

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に
監督:フランク・ダラボン
出演:ティム・ロビンス 、モーガン・フリーマン 、ウィリアム・サドラー 、ボブ・ガントン 、ジェームズ・ホイットモア...

「 人の心には誰にも奪えない何かがある。”希望”さ。」

【ストーリー】
妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ(ティム・ロビンス)。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。
【感想】
とても有名でファンの多い作品だけど、決して派手な作品ではないんですよね。明るくてハッピー!というものでもないし。ストーリーの素晴らしさももちろんあるけれど、静かなモーガン・フリーマンの語りに心をつかまれて一気に見てしまいました。静かにジワジワと訴えかけてくるものがあって、見終わった後に素敵な余韻を残してくれます。たまに見返したくなる作品です。

↓挿入曲「Lovesick Blues(Hank Williams)」をITunesでダウンロード
Hank Williams - 20 of Hank Williams' Greatest Hits - Lovesick Blues

ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)
ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサーサイト
サ行  |  TB(5)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.29 (Thu)

ぼくらの七日間戦争

ぼくらの七日間戦争
ぼくらの七日間戦争

監督:菅原比呂志
出演:宮沢りえ 、五十嵐美穂 、安孫子里香 、工藤正貴 、菊池健一郎...

「インチキな大人に宣戦布告。」

【ストーリー】
厳しい規律が敷かれた青葉中学で、11人の少年少女が自由を求めて立ち上がった。食料を持ち寄り廃工場に立てこもった彼らを、教師たちはあくまで校則のもとに解散させようとする。生徒たちは様々な手段で教師らを撃退していくが・・・。
【感想】
これを見たのは小学生のときだろうか、中学生のときだろうか。よく覚えていないけど、弟と何度も何度も見ました。全然飽きなかったですね。廃工場に立てこもる、とか憧れだったんだと思います。小さい頃って秘密基地を作ったりしますもんね。そして、11人の少年少女がとても個性的でそこも魅力のひとつでした。11人が大好きになりました。これは宗田理原作の物語なんですが、その後、宗田さんの「ぼくら」シリーズにはまってしまいました。11人のその後のお話で面白かったです。今、見ても懐かしく楽しく見れるんじゃないかと思います。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.28 (Wed)

海の上のピアニスト

海の上のピアニスト
海の上のピアニスト

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:ティム・ロス 、プルイット・テイラー・ヴィンス 、メラニー・ティエリー 、クラレンス・ウィリアムズ三世 、ビル・ナン...

「音楽は彼を選び、彼は海を選んだ。」

【ストーリー】
大西洋を往復する豪華客船、バージニア号。この船には楽譜を読まずに即興で演奏する、1人の天才ピアニストがいた。その男はこの船で生まれ、以後一度も船を降りたことがなかった。 1900年、大西洋上を行く客船の中で生後間もない赤ん坊が見つかった。その子供は、生まれた年にちなんで“ナインティーン・ハンドレッド”と名付けられるが、船内のダンスホールでピアノを聞いて育つうちに、驚くべき才能を発揮するようになる・・・。
【感想】
彼が演奏する姿がとても繊細だったり躍動感に溢れていたり、見てて美しいと思いました。曲もとても美しいし。彼自身も繊細だったり、哀愁があったり。ストーリーは非現実的という冷めた見方もできるけど、私はそれでもこの作品が好きですね。彼の演奏、考え方など、なんだかはまってしまいました。とても美しくて素敵な作品だと思います。

↓挿入曲「Playing Love」をiTunesで入手
Ennio Morricone & Yo-Yo Ma - Giuseppe Tornatore Suite: Playing Love - Single - Giuseppe Tornatore Suite: Playing Love - From "The Legend of 1900"
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.27 (Tue)

恋におちたシェイクスピア

恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション
恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション

監督:ジョン・マッデン
出演:グウィネス・パルトロウ 、ジョセフ・ファインズ 、ジェフリー・ラッシュ 、コリン・ファース 、ベン・アフレック...

「名作の裏に秘められたロマンスの真実・・・」

【ストーリー】
16世紀末のロンドン。スランプに陥っていた劇作家シェイクスピア(ジョセフ・ファインズ)はオーディションにやって来た一人の若者トマス・ケントを追ってとある屋敷へたどり着く。そこには以前、芝居の最中に目を留めた美しい女性ヴァイオラ(グウィネス・パルトロウ)の姿があった。シェイクスピアと彼を信奉するヴァイオラはたちまち恋におちてしまう。燃え上がる恋心が創作意欲を書き立てたのか、シェイクスピアの台本は急ピッチで仕上がって行き、トマス・ケントを主役とした芝居の稽古も順調に進んでいた。ヴォイオラの別れの手紙をトマスから受け取ったシェイクスピアは納得できず再びトマスの後を追うのだが、そこで彼はトマスこそヴァイオラの男装した姿だった事を知るのだった・・・。
【感想】
シェイクスピアの恋の体験が「ロミオとジュリエット」のもとになっているという設定のお話。「ロミオとジュリエット」を違う角度から見れた気がして面白かったです。音楽も映像も美しくてよかったです。男装しているグウィネス・パルトロウもなかなかイケてました。これを見ると「シェイクスピアって、退屈・・・」なんて思ってしまう人でも、人間味あふれるシェイクスピアに好感を持ってしまうと思います。コメディ要素も入っていて見やすい作品です。

↓挿入曲「SHAKESPEARE IN LOVE」をiTunesで入手
City of Prague Philharmonic - 映画音楽大全集No. 18 - SHAKESPEARE IN LOVE - Suite / 恋におちたシェイクスピア (組曲)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.26 (Mon)

60セカンズ

60セカンズ ディレクターズ・カット版
60セカンズ ディレクターズ・カット版

監督:ドミニク・セナ
出演:ニコラス・ケイジ 、ジョバンニ・リビージ 、アンジェリーナ・ジョリー 、T・J・クロス 、ウィリアム・リー・スコット...

「男は60秒で車を盗み 女は60秒でハートを盗む。」

【ストーリー】
ランダル・”メンフィス”・レインズ(ニコラス・ケイジ)──60秒でいかなる車でも盗み出すといわれる伝説のエキスパート。痕跡一つ残さないスマートな手口はまさに”芸術”。その獲物は超高級車にかぎられ、最新の防犯装置も彼を阻むことは出来ない。だが、今度の仕事ばかりはメンフィスほどの男にとっても無謀な賭けだった。巨大な組織から弟(ジョバンニ・リビージ)の生命を救うため、常識では不可能な仕事を引き受けたのである。獲物は飛び切りの高級車50台、タイムリミットはわずか24時間!史上空前のプロジェクトの為に技を極めたプロフェッショナル達がメンフィスのもとに続々と集結する。だが、不穏な動きを察知した警察は、大捜査綱を設備して宿敵メンフィスを待ち受けていた・・・。
【感想】
ニコラス・ケイジが好きな友人に薦められて見ました。私は車に詳しくないのですが、映画に登場する車はとても珍しい高級車ばかりらしくて車が好きな人にはたまらないようです。車に興味がない私でも、カーアクションには興奮しました。車好きの人が見たら大興奮する作品かもしれません。ニコラス・ケイジの役柄も、なかなか魅力的でした。気楽に見れる作品の1つだと思います。

↓この映画のサントラをiTunesで入手
トレヴァー・ラビン - 60セカンズ (オリジナル・サウンドトラック・スコア)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.25 (Sun)

TAXi2

TAXi2
TAXi2

TAXi 2
監督:ジェラール・クラヴジック
出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディーファンタル、マリオン・コティヤール、エマ・シェーベルイ、ベルナール・ファルシー...

「お待たせ!今度はパリで大暴れ!!」

【ストーリー】
史上最速のタクシー、プジョー406が、帰ってきた。。日仏サミットのためにフランスにやってきた日本の防衛庁長官の運転手に抜擢されたスピード狂のタクシー運転手ダニエル。テロを警戒して作られた厳重装備の護送車に長官を乗せ、試運転をしている最中に、黒い三菱ランサーに乗った謎のテロリスト集団に長官を誘拐される。前作でもおなじみの新米刑事エミリアンや女刑事ペトラを巻き込み、マルセイユからパリへの史上最速、前代未聞の救出作戦。
【感想】
これも1と同じく、リュック・ベッソンが脚本です。リュック・ベッソンって確か親日家なんですよね(違ったかな?)。この作品は日本を題材にしてあり、とても面白いです。外国人から見た日本人って、やっぱりあんな感じなのかな。作品中に出てくるインチキ日本語みたいなのがすごく好きです。そんなところが1よりも好きですね。でも、絶対に1を見てから見てもらいたいです。カーチェイスとギャグが良いバランスで詰め込まれていて最高です。

TAXiの感想はコチラ
TAXi3の感想はコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.24 (Sat)

TAXi

TAXi
TAXi

監督:ジェラール・ピレス
出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディフェンタール、マリオン・コティヤール、エマ・シェーベルイ、マヌエラ・グーレリ、ベルナール・ファルシー...

「時速250kmのカー・チェイス!」

【ストーリー】
改造した愛車“プジョー406”で街中を爆走する、スピード狂のタクシー・ドライバー、ダニエル(サミー・ナセリ)。ある日、運転免許試験に落ちた刑事エミリアン(フレデリック・ディフェンタール)にスピード違反で逮捕された彼は、違反取り消しを交換条件に事件の捜査に協力させられる・・・。
【感想】
リュック・ベッソンが脚本、製作のコメディー映画です。コメディー大好きの私がかなり好きな作品です。ギャグ満載で笑えちゃう場面がいっぱい。タクシー・ドライバーのダニエルとエミリアン刑事は凸凹コンビという感じで面白いです!楽しさ一杯のこの作品、好きになれると思います。だいたい、タクシーがプジョーだなんて(笑)そして、TAXi2へと続いていきます・・・。そうそう、リュック・ベッソン本人もスピード狂らしいですよ。

TAXi2の感想はコチラ
TAXi3の感想はコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.23 (Fri)

パラサイト

パラサイト
パラサイト

監督:ロバート・ロドリゲス
出演:ジョシュ・ハートネット、ジューダナ・ブリュースター、イライジャ・ウッド、アッシャー・レイモンド、クレア・デュヴァル...

「襲撃!寄生!同化!」

【ストーリー】
宇宙から飛来した生物が、ある高校内で教師やら生徒やらに寄生していく。やがて若者たちは、もしかしたら仲間の誰かが身体を乗っ取られているかもしれないという不安に襲われながら、その生物と戦う羽目に・・・。
【感想】
ジャンルは一応ホラー?でも、ホラーっていうほどの怖さでもないからどうかな。最初は結構びびっていたけれど、進んでくにつれて、怖いというよりかは役者さん達に注目して見ていました。今ではすっかり人気のジョジュ・ハートネットや、イライジャ・ウッドの若い姿が見れるのが新鮮です。ストーリーはイマイチかも。あのラストは…。良く言えば、とってもわかりやすい!いろいろ言ってるけど、学園モノが好きで何度も見ちゃってます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.22 (Thu)

フル・モンティ

フル・モンティ
フル・モンティ

監督:ピーター・カッタネオ
出演:ロバート・カーライル、トム・ウィルキンソン、マーク・アディ、リスリー・シャープ、ポール・バーバー、スティーブ・ヒューイソン、ウィリアム・スネープ、ヒューゴ・スピーア、エミリー・ウーフ、レスリー・シャープ...

「男6人。 失うものは何もない。 やるっきゃない・・・ 」

【ストーリー】
イギリス北部の町シェフィールド。6か月も失業していた絶望的な金欠男6人が、なんと「裸で金を稼ぐ」ことを思いつく。「フル・モンティ(すっぽんぽん)」で明るい未来をつかむことは、果たして可能か…?息子から「少しは父親らしくしたら?」と諭されるパツイチ・パパ。ベッドでアレができなくなったと落ち込んでいる太りすぎ男。妻に失業したと言えない上司などなど、さえない素人集団が女たちの気を引こうとする。失業という暗い話題を逆手にとって、思いっきり笑うことで活力を生みだす不思議なコメディー。
【感想】
私はイギリス映画の雰囲気が好きです。不況とか失業とかテーマは暗かったりするんだけど、ちゃんと救いがあるというか。さえない素人集団、格好悪いんだけど潔くて格好イイ!そして、かわいらしさに笑ってしまう。文句なしに笑えて元気の出る作品だと思います。ただ面白いだけじゃないので、とってもオススメです。曲もオススメ。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.21 (Wed)

普通じゃない

普通じゃない
普通じゃない

監督:ダニー・ボイル
出演:ユアン・マクレガー 、キャメロン・ディアス 、ホリー・ハンター 、デルロイ・リンドー 、イアン・ホルム...

「誘拐 脅迫 強奪 カラオケ 人が愛のために やること。」

【ストーリー】
掃除夫をしながら小説家を夢見るロバート(ユアン・マクレガー)は、自分をクビにした社長の娘セリーン(キャメロン・ディアス)をなぜか誘拐して逃亡する羽目になる。すべては、ふたりを結ばせるように天国の警察署長から命令されたふたりの天使(ホリー・ハンター&デルロイ・リンド)の仕業であった・・・。
【感想】
結構好きで、何度か見ている作品です。ジャンルで言うとラブコメで、タイトル通り「普通じゃない」感じでストーリーが進んでいきます。なので、「え、えー!」みたいな部分もたくさんありますが、なぜか許せちゃいます。心優しすぎるユアン・マクレガーがかわいいし、ちょっと強気なキャメロンもかわいくて美しい。難しいところは何もなく、気軽に楽しめる作品です。

↓挿入曲「Always On My Mind(Elvis Presley)」をiTunesでダウンロード
エルヴィス・プレスリー - The Only Elvis Presley Album You'll Ever Need - Always On My Mind
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.20 (Tue)

ブロウ

ブロウ
ブロウ

監督:テッド・デミ
出演:ジョニー・デップ 、ペネロペ・クルス 、ジョルディ・モリャ 、フランカ・ポテンテ 、レイチェル・グリフィス...

「夢を使い果たして、男はアメリカを手に入れた。」

【ストーリー】
1950年代、マサチューセッツに生まれたジョージ・ユング(ジョニー・デップ)は幼い頃、父の会社が倒産、貧乏暮らしを強いられた。やがて、ヒッピー文化が花開いた60年代、ジョージはマリファナの小売りに手を染め、すぐさまその商売の才能を開花させるのだった……。
【感想】
麻薬王として巨万の富を得た男の話。実話をもとにした話ということで、正直あまり期待していませんでしたが、前半の派手さとラストの描写が良かったです。切なくなってしまいました。ジョージと両親との関係、娘との関係、様々な親子愛が描かれている作品でした。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.19 (Mon)

CUBE2

CUBE2 キューブ 2 特別版
CUBE2 キューブ 2 特別版

監督:アンドレイ・セクラ
出演:ジェラント・ウィン・デイヴィス 、ケリー・マチェット 、ニール・クローン 、マシュー・ファーガソン 、バーバラ・ゴードン、グレース・リン・カン...

「史上もっとも残酷なサバイバルが幕を開ける」

【ストーリー】
心理療法医のケイト(ケリー・マチェット)が目覚めると、そこは冷たく光る立方体(CUBE)の中だった。CUBEを囲む6面の壁にはそれぞれドアがあり、別の部屋へと続いていた。他の部屋へ入ったケイトは、経営コンサルタントのサイモン(ジェラント・ウィン・デイヴィス)、盲目の学生サーシャ(グレース・リン・カン)、さらには技術者のジェリー(ニール・クローン)らと出会う。みな、ここに来た経緯も理由も知らなかった。出口を求めて移動を始めた彼らは、やがてゲームデザイナーのマックス(マシュー・ファーガソン)、国防総省エンジニアのマグワイア大佐(ブルース・グレイ)、老女ペイリー夫人(バーバラ・ゴードン)たちと合流。大佐は、ここから脱出するためにはこのCUBEの謎を解く以外にないと語るのだが・・・。
【感想】
前作「CUBE」をまだ見ていないので比べることはできませんが、面白かったです。CUBEは立方体の部屋なんですが、出口がない!隣の部屋も同じ感じなんです。無機質な空間・・・。そこが映像的に美しい部分でもあるんですが、恐怖を感じさせる部分でもありました。CUBEの謎というのが、結構難解なものでした。見ながら、自分も脱出のための手段をいろいろと考えたのですが、それはことごとくダメで・・・ハラハラしました。ラストは「え!!!うそぉ!」という予想外のものでした。これは前作を見てないからなのかな。どちらにしても、前作を早く見なければ!と思いました。
CUBE2

CUBEの感想はコチラ
CUBE ZEROコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.18 (Sun)

コンスタンティン

コンスタンティン
コンスタンティン

監督:フランシス・ローレンス
出演:キアヌ・リーヴス 、レイチェル・ワイズ 、シャイア・ラブーフ 、ジャイモン・フンスー 、マックス・ベイカー、ピーター・ストーメア、ティルダ・スウィントン...

「天国と地獄のエージェント。」

【ストーリー】
かつて2分間だけ自殺に成功したことで、天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなるが・・・。
【感想】
面白かったです。最初から、画面にぐいぐい引き寄せられるように見ました。映像的にもストーリー的にも、すごく惹き付けられました。キアヌ・リーブスは悪魔払いをしたり、一応?ヒーロー的な役なんですが単純なヒーローじゃないんですよね。そういう設定がさらに面白くさせているんじゃないかと思いました。悪魔、天使、地獄などのCGの描写がうまいなぁ、と感じました。お気に入りのキャラはサタン(ピーター・ストーメア)と天使ガブリエル(ティルダ・スウィントン)。ティルダ・スウィントンは本当に美しくて天使がハマリ役でした。悪魔払いというだけあって、ちょっぴりホラーっぽい部分もあるのでそういうのが苦手な人は少し覚悟しておいたほうがいいかもしれません。私は大丈夫な範囲でした。

↓挿入曲「Passive(A Perfect Circle)」をiTunesでダウンロード
A Perfect Circle - Emotive - Passive

↓この映画のサントラ(Brian Tyler & Klaus Badelt)をiTunesでダウンロード
Brian Tyler & Klaus Badelt - CONSTANTINE (オリジナル・サウンドトラック)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(5)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.17 (Sat)

GODZILLA ゴジラ

GODZILLA ゴジラ
GODZILLA ゴジラ

監督:ローランド・エメリッヒ
出演:マシュー・ブロデリック、ジャン・レノ、マリア・ピティロ、ハンク・アザリア、ケヴィン・ダン...

「人類に打つ手は無い。」

【ストーリー】
タヒチ沖で海難事故が続発する一方、パナマの丘陵地帯で巨大な足跡が発見される。調査にあたった生物学者ニック(マシュー・ブロデリック)は、これが核実験の影響で誕生した新種の巨大生物ではないかと推測。長雨に曝されていたニューヨークへ突如、その生物-ゴジラ-が現れた。ニックはこの巨大生物がマンハッタンに巣を作ろうとしている事を突き止めるのだが・・・。
【感想】
日本の「ゴジラ」に慣れ親しんできたのですが、これがハリウッドで映画化。日本版のゴジラとは見た目も違うということで、どうなってるんだろう?って思っていたけど、見てビックリ!!日本のゴジラとは全然違います。あと、ストーリーも日本のものとは全然違うかな。日本のゴジラって、完全な悪者とかじゃなくて人間達への反省材料になってたり、そんな節があると思うんだけどハリウッド版はアクションに力を入れてる感じ。なので、日本のゴジラファンの間では賛否両論かな?と思います。でも、私はハリウッド版もなかなかおもしろいと感じました。ジャン・レノもいい味出していたし、あのスピード感や迫力は良かったです。映画館で見たので、最後のほうは「うひゃぁ!!」って手に汗を握ってしまいました。これは「ゴジラ」じゃなくて「ゴッド・ジラ」なんですよね。割り切って見たほうがいいかも。

↓挿入曲「Deeper Underground」をiTunesで入手
Jamiroquai - Deeper Underground - EP - Deeper Underground
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.16 (Fri)

ロッタちゃん はじめてのおつかい

ロッタちゃん はじめてのおつかい
ロッタちゃん はじめてのおつかい

監督:ヨハンナ・ハルド
出演:グレタ・ハヴネショルド、リン・グロッペスタード、マルティン・アンデション、ベアトリース・イェールオース、クラース・マルムベリィ...

「これがアタシの生きる道。」

【ストーリー】
ヘイ!あたしはロッタ。5才になったばかり。おつかいだって、ゴミ捨てだって口笛だって、なんでもできるの。でもスキーはちょっと苦手。あたしはパパとママとおにいちゃんとおねえちゃんが大好き!でもあたしは今朝家を出て行くことに決めたの。だってママのだしてくれたセーターがチクチクするんだもん。だから決めたの。あたしおとなりのベルイさんの家の納屋に引っ越すの。みんなあたしのおうちに遊びに来てね!
【感想】
とにかくロッタちゃんがカワイイ!!5歳のとってもパワフルな女の子です。5歳くらいって生意気ざかりなのかな?あ、生意気というよりも背伸びしたい感じかな。自分の子供の頃を思い出したりしました。ロッタちゃんと家族、ロッタちゃんの周りの人々を見ていると思わず笑顔になってしまいます。心がほんわか温まる作品です。よく見るアメリカ映画とは空気が違いますね。スウェーデンの映画らしいです。絵本を見ているような感じで大人も子供も楽しめる作品だと思います。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.15 (Thu)

キューティー・ブロンド

キューティ・ブロンド〈特別編〉
キューティ・ブロンド〈特別編〉

監督:ロバート・ルークティック
出演:リーズ・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン、セルマ・ブレア、マシュー・デイヴィス、ヴィクター・ガーパー、ジェニファー・クーリッジ...

「女は知性とハートで勝負する。」

【ストーリー】
西海岸の社交界のアイドルのエル(リーズ・ウィザースプーン)は政治家を目指す恋人から「ブロンドは政治家の妻にふさわしくない」とフラれてしまう。彼女は 彼にふさわしい女になろうと 彼の通うロー・スクールに通うことになるがそこで悪戦苦闘するハメに。そこは ハーバードの法学部・・・。
【感想】
音楽も雰囲気もすごく楽しい作品です。主人公のエルがとてもオシャレで目にも楽しいです。私も主人公と同じくピンクが大好きなので、小物とか「かわいい!」と思いました。主人公はただオシャレでちゃらちゃらしてるんじゃなくて、すごく努力家なんですよね。いつでも元気一杯で好感が持てました。見た後にはきっとスカッとできると思いますよ♪元気になれる作品です。
キューティー・ブロンド

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAXの感想はコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.14 (Wed)

スフィア

スフィア 特別版
スフィア 特別版

監督:バリー・レヴィンソン
出演:ダスティン・ホフマン 、シャロン・ストーン 、サミュエル・L・ジャクソン 、ピーター・コヨーテ 、リーヴ・シュレイバー...

「あなたがいちばん怖がることを、それは知っている。」

【ストーリー】
心理学者のノーマン・グッドマン(ダスティン・ホフマン)は、政府の緊急要請を受けて、海上にある軍の調査船へと急行する。そこには、彼のほかに生物学者のハルペリン(シャロン・ストーン)、数学者のアダムズ(サミュエル・L・ジャクソン)ら即席のプロジェクト・チームの面々がいた。招集の目的は、300年以上も前に海底に墜落したと思われる宇宙船の内部調査であった。そして、深海の宇宙船内で彼らは、金色に輝く謎の球体「スフィア」を発見する・・・。
【感想】
この作品を知ったのはラジオドラマが最初でした。中高生の頃、ラジオドラマにはまっていて毎日聞いていて、いろいろ聞いた中のひとつでした。ラジオドラマがかなり面白かったので原作も読みました。数年後、映画化されたことを知って、「これは!!」と思ってレンタルして見ました。ラジオドラマも原作もかなりドキドキさせる面白いサスペンスだったので、期待と不安が入り混じった感じで見ました。原作を知っていると、映画を見る時にちょっと勇気がいりますよね。でも、私が頭の中に描いていた絵がそのまま映像化されていて嬉しかったです。ちなみに原作は「ジュラシック・パーク」のマイクル・クライトンです。オフィシャルサイト、オススメです!
スフィア
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.13 (Tue)

河童

河童 デジタルリマスター
河童 デジタルリマスター
監督:石井竜也
出演:藤竜也、原田龍二、船越圭佑、陣内孝則、今福将雄...

「俺はやっと、あいつのいる故郷に帰ってきた・・・」

【ストーリー】
10年ぶりに日本へ戻ってきた報道カメラマンの鈴森雄太(藤竜也)。彼は久しぶりに再会した息子(原田龍二)に不思議なボールを見せ、8歳のころ河童を見たと話す。天神沼で出会った、小さな河童のTEN。TENは両親と宇宙船で地球を訪れたが、母親は重い病気に冒されていた。やがてTENの母親が命を落とした後、村人たちは河童を捕まえようと天神沼に爆弾をしかける。「また会おうな」と約束した雄太は、父の命と引き換えに助け出された。それから40年後、雄太は息子を連れて天神沼にやって来た・・・。
【感想】
米米CLUBのボーカルとして知られる石井さんの初監督作品です。「ミュージシャンが趣味で映画を撮って・・・」なんて思われがちですが、なかなか良い作品だったと思います。作品中に出てくる河童は監督がデザインをしているんですが、今まで伝説などで語り継がれてきているものとは異なって宇宙人っぽいのです。でも、なんだかあいくるしいんですよね。映像的にも、なかなか監督のセンスを感じることができました。「泣きのエンターテイメント」を目指した、と監督は言っていましたが、その通りに私は泣かされてしまいました。毛嫌いしないで1度見てもらいたいな、と思った作品です。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.12 (Mon)

アルマゲドン

アルマゲドン
アルマゲドン

監督:マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウィリス 、ベン・アフレック 、リヴ・タイラー 、ウィル・パットン 、スティーヴ・ブシェミ...

「世紀末、全人類にこの映画を捧ぐ。
 集結せよ。
 地球最後の日、 60億の明日はたった14人に託された。」


【ストーリー】
地球への衝突コースを取る小惑星が発見された。もしも、テキサス州の大きさにも匹敵するその小惑星が地球に激突すれば、人類の破滅は免れない。これを回避する方法はただひとつ、小惑星内部に核爆弾を設置し、内側から破壊するしかない。そしてその任務に選ばれたのは石油採掘のスペシャリストたちだった。刻々と迫る滅亡へのカウントダウンの中、人類の運命を委ねられた14人の男たちは小惑星へと飛び立った!
【感想】
これもよくある地球滅亡危機系の映画。大ヒットでしたよね。ブルース・ウィリスが渋い!ベン・アフレック演じるAJがカッコいい!個人的には大絶賛という感じではないんですが、やっぱりラストはいいですね。感動しました。ハリウッド映画だな~と感じる作品だと思います。私の周囲の人達を見ていると、この映画は女の人よりも男の人に人気がある気がします。私は実はこの作品では音楽がすごく好きなんですよね。Aerosmithの主題歌が最高!リヴ・タイラー は、Aerosmithのスティーブン・タイラーの娘さんですよね。こういう形で共演ていいなぁ、とかそんなとこばかり気になっていました。
アルマゲドン公式サイト

↓挿入曲「I Don't Want to Miss a Thing(Aerosmith)」をiTunesでダウンロード
Aerosmith - Rockin' the Joint - I Don't Want to Miss a Thing
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.11 (Sun)

ファイトクラブ

ファイト・クラブ
ファイト・クラブ

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:エドワード・ノートン 、ブラッド・ピット 、ヘレナ・ボナム=カーター 、ミート・ローフ・アディ 、ジャレッド・レトー...

「危害、破壊、石鹸。」

【ストーリー】
空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャック(エドワード・ノートン)は、謎の男テイラー(ブラッド・ピット)に導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった・・・。
【感想】
暴力的な描写が結構あるのですが、それで終わってしまうような作品ではありません。ストーリーも映像も凝っていて見応え十分です。途中で少し混乱しちゃったけど、最後まで見れば、ちゃんとわかるようになってます!現代社会への問いかけ的な意味もあったと思うし、考えさせられたりもしました。エドワード・ノートンの最高の演技にブラッド・ピットがうまくスパイスをさしているという感じで、2人ともかなりカッコよかったです。

↓この映画のサントラ(The Dust Brothers)をiTunesでダウンロード
The Dust Brothers - Fight Club - Original Motion Picture Soundtrack
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.10 (Sat)

インタビュー・ウィズ・バンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

監督:ニール・ジョーダン
出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、スティーヴン・レイ、アトニオ・バンデラス、クリスチャン・スレイター、キルステン・ダンスト...

「この暗闇は、永遠の光に満ちている。
 勇気があるなら、聞かせてあげよう 僕たちの愛のすべてを。」

【ストーリー】
ジャーナリストのマロイ(クリスチャン・スレーター)の前に、自分は吸血鬼だと名乗る男ルイ(ブラッド・ピット)が現れる。そして彼は、自分を吸血鬼にしたヴァンパイアのことを話す。その吸血鬼レスタト(トム・クルーズ)は、共に永遠の命を生きる相手としてルイを選んだが・・・。
【感想】
これは、ホラーかな?一応。でも、ホラーという感じはあまりしませんでした。たぶん、登場人物の心情などが細かく描写されていたから。トム・クルーズもブラッド・ピットも顔がすごく青白くて、普段の2人とは全然違うから、一瞬「誰??」と思ってしまったくらいだし、映像も薄暗い感じで恐怖感をあおります。怖さを感じながらも、美しさに吸い込まれるように見てしまいました。最近になってから気付いたんですが、「スパイダーマン」でヒロインを演じていたキルスティン・ダンストも子役で出ていたんですね。もう1度、しっかり見てみたいです。一見の価値ある映画だと思います。

↓この映画のサントラ(Jonathan Sheffer)をiTunesでダウンロード
Jonathan Sheffer - Interview With the Vampire (Soundtrack from the Motion Picture)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(2)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.09 (Fri)

アイ・アム・サム

I am Sam : アイ・アム・サム
I am Sam : アイ・アム・サム

監督:ジェシー・ネルソン
出演:ショーン・ペン 、ミシェル・ファイファー 、ダコタ・ファニング 、ダイアン・ウィースト 、ロレッタ・ディヴァイン...

「いっしょなら、愛は元気」

【ストーリー】
知的障害のために7歳の知能しか持たない父親サム(ショーン・ペン)は、スターバックスで働きながら一人で愛娘ルーシー(ダコタ・ファニング)を育てていた。母親はルーシーを生むとすぐに姿を消してしまったが、二人は理解ある人々に囲まれ幸せに暮らしている。しかし、ルーシーが7歳になる頃にはその知能は父親を超えようとしていた。そんなある日、サムは家庭訪問に来たソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断され、ルーシーを奪われてしまう。どうしてもルーシーを取り戻したいサムは、敏腕で知られる女性弁護士リタ(ミシェル・ファイファー)のもとを訪ねるが、サムにリタを雇うお金などあるわけもなくあっさり断られてしまう・・・。
【感想】
私はひねくれものなのか、なかなか話題作にはすぐ飛びつかないタチなんですね。あとで見る事が多いんです。よっぽど興味をそそられない限り。この作品もだいぶ後に友人に強く薦められて見ました。特に期待をしてたわけじゃないんですが、本当に感動しました。サムの純粋さ、娘ルーシーの賢いけどけなげなところ、2人の周囲の人達。全てが感動的でした。サムが障害者ということで、そういうのがメインのストーリーかと思いましたが、全然違いますね。普通の人間愛が素敵に描かれています。サム役のショーン・ペンの演技は最高ですね。娘役のダコタ・ファニングちゃんも本当にかわいくて。今では大人気の子役さんですよね。ラストのシーンでは、2人の姿に自然と笑顔になり涙も流れていました。心が洗われる映画です。

↓この映画サントラをiTunesで入手
The Black Crowes - I Am Sam
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.08 (Thu)

フロム・ヘル

フロム・ヘル (2枚組 プレミアム)
フロム・ヘル (2枚組 プレミアム)

監督:ザ・ヒューズ・ブラザーズ
出演:ジョニー・デップ 、ヘザー・グレアム 、イアン・ホルム 、ジェイソン・フレミング 、ロビー・コルトレーン...

「伝説を超える恐怖。」

【ストーリー】
1888年、ロンドン。赤毛の美女メアリ・ケリー(ヘザー・グレアム)と仲間の5人の娼婦たちはここホワイトチャペルで身を売ってなんとか生きていた。しかしある夜、仲間のひとりが何者かに襲われ喉をかき切られて殺されてしまう。さらに立て続けにもうひとりの犠牲者が出る。それは世に怖れられた切り裂きジャックのゲームの始まりだった。事件の捜査に当たったのはアバーライン警部(ジョニー・デップ)。2年前に妻子を亡くして以来心を閉ざし、アヘンの幻覚に救いを求めて生きていた。だが、そんな彼もメアリの美しさに次第に心惹かれていくのだった。しかし、肝心の捜査は思わぬ妨害もあり遅々として進まない・・・。
【感想】
実際にあった「切り裂きジャック事件」を映画化したものです。ジャンルはホラーかな?サスペンス的な感じもします。少し風変わりな警部という役柄が、ジョニーによくハマっていたと思います。本人も「切り裂きジャック」に興味があったらしく、いい味を出しています。作品中のロンドンの当時の衣装が素敵です。ジョニーにもすごく似合っていてカッコいい!当時の町並みも美しく映像化されています。ただ、R-15指定されてるだけあって、怖いというか残酷なシーンが結構あります。なので、そういうのが苦手な人は覚悟が必要かも。でも、怖いだけで終わっていないので私は好きです。映画の中では犯人を見つけていますが、実際には未解決事件らしいですよ。
フロムヘル

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Marilyn Manson - Holy Wood (In The Shadow Of The Valley Of Death)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(6)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.07 (Wed)

ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ
ギルバート・グレイプ

監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョニー・デップ 、ジュリエット・ルイス 、メアリー・スティーンバージェン 、レオナルド・ディカプリオ 、ダーレン・ケイツ...

「あなたに会えてよかった。」

【ストーリー】
アイオワ州エンドーラ。生まれてから24年、この退屈な町を出たことがない青年ギルバート(ジョニー・デップ)は、知的障害を持つ弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)、過食症を病む250kgの母親、2人の姉妹の面倒を見ている。毎日を生きるだけで精一杯のギルバートの前に、ある日トレーラー・ハウスで祖母と旅を続ける少女ベッキー(ジュリエット・ルイス)が現れる。ベッキーの出現によりギルバートの疲弊した心にも少しずつ変化が起こっていく・・・。
【感想】
なにか大事件が起こるわけではなく、地味とも言えるストーリーです。だけど、登場人物の心情が深く描かれているところが魅力です。ジョニー・デップは結構クセのあるキャラクターを演じていることが多いような気がしますが、この作品ではとても優しく暖かいお兄さんを自然に演じています。心の葛藤を表す表情、特に目には脱帽でした。弟役には、とても若いディカプリオ。この若さにして、あの演技はすごいですよね。出てくるみんなが心優しい、田舎の風景までも優しい、心が暖まる作品だと思います。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(6)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.06 (Tue)

ブルース・オールマイティ

ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション
ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション

監督:トム・シャドヤック
出演:ジム・キャリー 、モーガン・フリーマン 、ジェニファー・アニストン 、フィリップ・ベイカー・ホール 、キャサリン・ベル...

「もし一週間だけ神様になれるとしたら――
 あなたは何をしますか?」

【ストーリー】
アンカーマンを目指す地方局のひょうきんレポーター、ブルース・ノーラン(ジム・キャリー)。ある日、彼に出世の布石となる生レポートの仕事が舞い込んでくる。だが本番直前、ライバルが次期アンカーマンに決定したことを聞いたブルースは、ショックのあまり滅茶苦茶なレポートをしたため局をクビに。さらには恋人グレース(ジェニファー・アニストン)の慰めも聞かず、天に向かって文句を吐く始末。そんなある時、彼のポケベルに謎の電話番号から呼び出しが掛かる。指定の場所へ行ってみると、なんと待っていたのは神様本人。神様は“不満があるなら君がやれ”と、ブルースに全能を授けるのだった・・・。
【感想】
これは、ちょっと落ち込んでいたときにフラっと映画館にはいって見た映画です。すっごいコメディ!元気のなかった私が映画館で大爆笑してしまいました。ジム・キャリーのコメディ作品は最高ですよね。大爆笑場面もたくさんあるんですけど、切なかったり考えさせられたり。楽しいだけで終わっていなかったところが良かったです。そこが予想通りと言われてしまえばそうなんですけど、こんな映画が大好きです。あとは、モーガン・フリーマンが演じる神様が最高のハマリ役でした。元気のない時とか、すっごく笑ってみたいときにオススメです。私に元気を与えてくれました。
ブルース・オールマイティ

↓挿入曲「The Power(Snap!)」をiTunesでダウンロード
Snap! - World Power - The Power

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Joan Osborne - ブルース オールマイティ (オリジナル・サウンドトラック)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.05 (Mon)

ラスト サムライ

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉
ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

監督:エドワード・ズウィック
出演:トム・クルーズ、ティモシー・スポール、ビリー・コネリー、トニー・ゴールドウィン、渡辺謙、真田広之、原田眞人、小雪...

「侍の遺伝子を引き継ぐ、すべての日本人に」

【ストーリー】
19世紀末。南北戦争の英雄、オールグレン(トム・クルーズ)は、原住民討伐戦に失望し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな彼が、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。初めて侍と戦いを交えた日、負傷したオールグレンは捕えられ、勝元(渡辺謙)の村へ運ばれた。勝元は、天皇に忠義を捧げながら、武士の根絶を目論む官軍に反旗を翻していた。異国の村で、侍の生活を目の当たりにしたオールグレンは、やがて、その静かで強い精神に心を動かされていく。
【感想】
ハリウッドが侍モノを作った…これって一体どうなるんだろうと思いました。やっぱり、外国には日本は勘違いされているところが多いと思うし(それは日本も同じかもしれないけど)。でも、その割には良かったと思います。日本人のスタッフがたくさん参加していたんですね。なにかで聞いたのですが、最初に編集されたときは刀のぶつかる音ひとつとっても侍らしくないというか違和感があったらしくて、何度も修正したそうです。そうやって作り上げた日本らしさは納得できるものでした。脇を固める渡辺謙さんや真田広之さん、素敵でした。この作品で、海外に渡辺謙さんファンがすごく増えたそうで、なんだかうれしく思ったりして。

↓この映画のサントラ(Hans Zimmer)をiTunesでダウンロード
Hans Zimmer - The Last Samurai
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.04 (Sun)

ミッション・トゥ・マーズ

ミッション・トゥ・マーズ
ミッション・トゥ・マーズ

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ゲイリー・シニーズ 、ティム・ロビンス 、ドン・チードル 、コニー・ニールセン 、ジェリー・オコンネル...

「試されるのは愛か、野望か・・・?西暦2020年--人類は火星に裁かれる。」

【ストーリー】
2020年、人類は遂に史上初の有人による火星探査を実現。4人の乗組員を乗せたマーズ1号は6ヶ月かけて火星に到着し、探査を続けていた。だが、5ヶ月後に火星で異変が発生!!乗組員3人が死亡してしまう。唯一の生存者ロークから謎の交信を受けたNASAは、早速マーズ2号での救助ミッションを開始。乗組員は熟練のジム(ゲイリー・シニーズ)、ウッディ(ティム・ロビンス)と妻テリー(コニー・ニールセン)、そして若手のフィル(ジェリー・オコンネル)。危険な旅の末に、火星へたどり着いた一行が目にしたものは・・・?
【感想】
火星へ行く物語です。人類は月へは行きましたが、火星はまだですよね。火星人がいるとか、いろんな噂?みたいなのがありますよね。そういうのを想像しながら見ました。ストーリーは想像通り、火星への到着まで、そして到着してからも困難が待ち受けています。でも、ここで乗組員が目にした宇宙人(火星人?)は私の想像していたものとは全く違うものでした。宇宙人に出会ってからのストーリーは意外性があって良かったと思います。実はこの映画はあまり評判が良くないんですよね。でも、SFが苦手なはずの私は結構楽しめちゃいました。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
マ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.03 (Sat)

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション

監督:ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ジェフリー・ラッシュ 、ジョナサン・プライス

「その呪いを解くのは、愛ー」

【ストーリー】
17世紀、海賊たちが大海原を荒らしまわっていた遥かなる時代。カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベス(キーラ・ナイトレイ)はかつて海上で助けた少年ウィルが身につけていた黄金のメダルを手に入れ、今も密かに保管していた。そんなある日、突然ブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)率いる冷酷な海賊たちが町に現われ、エリザベスがさらわれてしまう。海賊の目的は、彼女がその時身につけていた例のメダルだった。一方、鍛冶屋で働く逞しい若者へと成長したウィル(オーランド・ブルーム)は、幽閉されていた元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と手を組み、エリザベスの救出に向かうのだが・・・。
【感想】
海賊、宝探しなどワクワクできる内容だし、ストーリー的にもわかりやすくて良かったです。でも、1番の魅力はやっぱりジョニー・デップ演じる海賊のジャック・スパロウだと思います。本当にカッコよかった!!私はファンだから余計にそう見えたのかもしれないけど、きっとファン以外の人も魅了されてしまうんじゃないかと思います。音楽もすごく素敵。しばらくは着メロにしていました。この映画を見るまでオーランド・ブルームの人気を知らなかったんですけど、ロード・オブ・ザ・リングにもトロイにも出ていて大人気の俳優さんだったんですね。オーランドの役も素敵でした。余談ですが、撮影を見に来たジョニーの子供達はすっかり海賊のファンになってしまったそうですよ。その気持ちがすごくわかりますよね。娯楽映画として最高だと思います。
パイレーツ・オブ・カリビアン

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの感想はコチラ
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの感想はコチラ

↓この映画のサントラ(Klaus Badelt)をiTunesでダウンロード
Klaus Badelt - Pirates of the Caribbean
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(4)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.02 (Fri)

デンジャラス・ビューティー

デンジャラス・ビューティー 特別版
デンジャラス・ビューティー 特別版

監督:ドナルド・ピートリー
出演:サンドラ・ブロック、マイケル・ケイン、ベンジャミン・ブラット、キャンディス・バーゲン、ウィリアム・シャトナー、アーニー・ハドソン...

「21世紀の女心は、ここにある!これぞ、新世紀の美人道。」

【ストーリー】
男勝りで色気ゼロのやり手女性FBI捜査官が、犯罪捜査のために美人コンテストに潜入するハメになり、次第に美女に変身していくさまを描いた異色のポリス・コメディ。仕事一筋の女性FBI捜査官グレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)は犯人逮捕の際ミスを犯してしまい上司から内勤を命じられ落ち込んでいた。そんなある日、連続爆弾魔がミス・アメリカ・コンテストに対して爆破予告をしてきた。特捜チームはコンテストに女性捜査官を潜入させるためグレイシーに白羽の矢が立つのだが・・・。
【感想】
かなり楽しかったです。サンドラ・ブロック演じるグレイシーが最初は本当に冴えない女性なんですよね。色気もないし、化粧っけもない。本人もそんなことは気にもかけていない。潜入捜査のための大改造&特訓にたくさんの困難もありますが、綺麗になっていく過程に憧れを感じました。外面だけでなく内面も素敵に変身していくんですよね。楽しくて大好きな作品です。サンドラ・ブロックが本当にキュート!でした。

デンジャラス・ビューティ-2の感想はコチラ

↓挿入曲「She's a Lady」をiTunesで入手
???????? - 20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Tom Jones - She's a Lady
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.01 (Thu)

ナインスゲート

ナインスゲート デラックス版
ナインスゲート デラックス版

監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジョニー・デップ、フランク・ランジェラ、レナ・オリン、エマニュエル・セニエ、バーバラ・ジェフォード...

「神に聖書があるように、悪魔にも秘密の書があった」

【ストーリー】
類まれな観察眼と機動力を備え持つ本の探偵コルソ(ジョニー・デップ)は、出版社の社長バルカン(フランク・ランジェラ)から仕事を頼まれる。悪魔研究家として名高い彼が、最近入手した17世紀の悪魔書「ナインスゲート」、世界に3冊しか存在しないとされるこの本の真偽を確かめたい、というのだ。コルソはすべて本物だと断言したが結局依頼を受け、他の2冊を探し、真偽を調べるための旅に出た。だがそれ以来、彼の身の回りで奇妙な事が起こり始め…。
【感想】
この作品はサスペンスホラーというジャンルになるみたいです。でも、ホラーというほど怖くなく、ちょうどいいドキドキ感のまま見れました。全体的に謎が散りばめられていて、面白かったのですが、ラストが「え…」という感じでした。謎が謎まま終わってしまったというか…。見た後に散々頭を使って考えました。一応、自分の中で納得する感じには落ち着いたのですが実際はどうなんでしょう。そこが気になって印象に残っています。この作品を見て、ジョニー・デップという俳優の存在が気になり始めました。メガネをかけて長髪&ヒゲのジョニー。今までの役柄とはちょっと雰囲気が違っていて気になって、そのままファンになっちゃいました。

↓挿入曲「The Ninth Gate」をiTunesでダウンロード
Crouch End Festival Chorus & The City of Prague Philharmonic Orchestra - A History of Horror - The Ninth Gate - Vocalise
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ナ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。