アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 2006年11月

*ブログポリシー  All archives    Admin

10月≪ 2006年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.26 (Sun)

茶の味

茶の味 グッドテイスト・エディション
茶の味 グッドテイスト・エディション

山よ
山よ

監督:石井克人
出演:坂野真弥、佐藤貴広、浅野忠信、手塚理美、我修院達也、土屋アンナ、中島朋子、三浦友和、轟木一騎、森山開次、武田真治、寺島進、加瀬亮、水橋研二、岡田義徳、庵野秀明、堀部圭亮、和久井映見...

「みんな夕焼けみてた、宇宙のはじっこで。」

【ストーリー】
山間の小さな町に暮らす春野家の人々。彼らはそれぞれ悩みを抱え悶々としていた。内気な高校生の長男・一(佐藤貴広)は恋に悩み、小学校に入学したての妹・幸子(坂野真弥)は時折ふと現われる巨大な自分の分身に困惑している。母・美子(手塚理美)は子育てが一段落したことでアニメーターに復帰しようと奮闘中。催眠治療士の父・ノブオ(三浦友和)は、そんな美子に不満な様子。東京で音楽ミキサーをやっている叔父のアヤノ(浅野忠信)は元恋人に未練タラタラ、ノブオの弟で漫画家の轟木一騎は仕事に行き詰まっていた。それでも春野家の祖父・アキラ(我修院達也)はそんな家族をいつも温かく見守っていた・・・。
【感想】
ほのぼのでシュールでしみじみで・・・、いろんな要素がつまっています(ちょっぴり泣いた)。見ていて、不思議な世界に入り込んで時間を忘れてしまう感覚に陥りました。そして、こういうキャスティングなんだ~!!と驚きの連続。好きな邦画の1つです。これが気に入った人には、さらにパワーアップしている「ナイスの森 ~The First Contact~」もオススメです。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサーサイト
タ行  |  TB(8)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.26 (Sun)

スタンドアップ

スタンドアップ 特別版
スタンドアップ 特別版

監督:ニキ・カーロ
出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、リチャード・ジェンキンス、ジェレミー・レナー、ミシェル・モナハン...

「私なんか、と何度も思った。
 お前なんか、と何度も言われた。
 それでも、立ち上がってみようと思った。」


【ストーリー】
暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ(シャーリーズ・セロン)。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージーが自分一人の手で子どもたちを養うために選んだ仕事は鉱山労働者。決して楽な仕事ではないと覚悟していたジョージーではあったが、何より彼女を困惑させたのは、同僚のほとんどを占める男性たちからの露骨で悪質な嫌がらせの数々だった・・・。
【感想】
最初は割と淡々と見ていましたが、後半になるにつれてグッと胸をえぐられたように苦しくなっていきました。親子、友達、同僚・・・どの関係も距離感がうまく描かれています。最後はここ最近では珍しいくらいボロボロと泣いてしまいました。シャーリーズ・セロンだけじゃなく他の俳優さん達も素晴らしいです。
スタンドアップ

↓挿入曲「Tell Ol' Bill(Bob Dylan)」をiTunesで入手
Bob Dylan - North Country (Music from the Motion Picture) - Tell Ol' Bill

↓この映画のサントラ(Bob Dylan..)をiTunesで入手
Bob Dylan - North Country (Music from the Motion Picture)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(6)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.21 (Tue)

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション
Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

監督:ダグ・リーマン
出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィンス・ヴォーン、アダム・ブロディ、ケリー・ワシントン、キース・デヴィッド...

「一瞬で恋に落ちた、ふたり
 おたがい、その正体は秘密。」


【ストーリー】
運命的な出会いの末、電撃的に結婚したスミス夫妻。しかし、この2人には互いに相手に知られたくない秘密があった。実は、Mr.スミス(ブラッド・ピット)は直感を頼りに修羅場をくぐり抜けてきた一流の殺し屋、一方のMrs.スミス(アンジェリーナ・ジョリー)も最新鋭のテクノロジーを駆使してミッションを遂行する暗殺エージェントのエースだったのだ。しかも2人は対立する組織に属していた。互いに正体を隠し結婚生活を送っていた2人だったが、ある時ついに、ミッション遂行中の現場でバッタリ出くわしてしまう。正体を知られてしまった以上、たとえ愛する人でも抹殺するのがこの世界の掟。さっそく2人は相手を始末すべく、壮絶な戦闘を開始するのだが・・・。
【感想】
コミカルでテンポが良くてワクワク、アクションシーンや爆発シーンにはスカッとしました(あんな武器あるのかな~、あるんだろうな)。そして、ブラピとアンジーの美男美女ぶりにはうっとり。ストーリーはそんなに凝ったものではないけれど、楽しくて難しく考えずに見れる映画もいいよね!と思いました。公式サイトはMr.サイド、Mrs.サイドと分かれていておもしろかったです。
Mr.&Mrs.スミス

挿入曲「 Making Love Out Of Nothing At All(Air Supply)」をiTunesで入手
Air Supply - The Singer And The Song - Making Love Out Of Nothing At All

この映画のサントラ(John Powell)をiTunesで入手
ジョン・パウエル - Mr. & Mrs. Smith Score
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
マ行  |  TB(6)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.20 (Mon)

ほえる犬は噛まない

ほえる犬は噛まない
ほえる犬は噛まない
監督:ポン・ジュノ
出演:ペ・ドゥナ、イ・ソンジェ、コ・スヒ、キム・ホジョン、キム・ジング、ピョン・ヒボン...

「絶対、あたしが助けてあげる」

【ストーリー】
中流家庭の住む閑静なマンション。うだつの上がらない大学の非常勤講師ユンジュ(イ・ソンジェ)は、出産間近の妻ウンシル(キム・ホジョン)に養われながら教授を目指している。だが最近、飼うことを禁止されているはずの犬の鳴き声がマンション内に響き渡り、なかなか出世できない彼をイラつかせていた。そしてある時、彼はたまたま犬を見つけると地下室に閉じこめてしまう。一方、マンションの管理事務所で働くヒョンナム(ペ・ドゥナ)は、平凡で退屈な毎日を送っていた。そんな時、団地に住む少女の愛犬ピンドリがいなくなったと知り、正義感を燃やしてビラ貼りを手伝い始めるのだった・・・。
【感想】
説明するのが難しいけれど、じわじわとはまっていく作品。コメディに分類されていたけど、コメディとは言い切れない深さがあると思いました。「リンダ リンダ リンダ」でペ・ドゥナに興味を持ったので見てみたんですが、今度は監督に興味を持ちました。もちろん、ペ・ドゥナも役にはまっていてすごく魅力的でした。今まで韓流が流行りすぎて私は避けていたんだけど、いいかも。…でも、犬を飼っている人はショックを受けるかもしれません。私もちょっと最初はひきました。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.19 (Sun)

かもめ食堂

かもめ食堂
かもめ食堂

かもめ食堂
かもめ食堂

監督:荻上直子
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス、マルック・ペルトラ...

「かもめ食堂。
 それはフィンランドの
 ヘルシンキにありました。」


【ストーリー】
フィンランドのヘルシンキに“かめも食堂”という小さな食堂をオープンした日本人女性サチエ(小林聡美)。シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。それでもめげずに淡々と営業を続けるサチエは、やがて訳ありな2人の日本人女性と出会うのだった。
【感想】
原作の作者、群ようこさんの作品が大好きで普段からよく読んでいます。このかもめ食堂はまだ読んでいないのですが(図書館で予約中なのです)、映画から群ようこっぽさが出ていました。主人公を演じる小林聡美さんもすごく合っていました。群ようこさんの作品に出てくる女性ってああいう感じがするのです。ほのぼのとしていて派手なシーンなんてないけれど、なんでもないような感じが心地良かったです。癒されました。海外に行った事がない私ですが、行くならフィンランドがいいな~なんて思いました。
かもめ食堂
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(9)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.12 (Sun)

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場

監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル...

「さあ、世界一オカシな工場見学へ!」


【ストーリー】
失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー(フレディ・ハイモア)。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏(ジョニー・デップ)は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが・・・。
【感想】
すごく楽しかったです。くすくす笑ったり体が動いてしまったり、全身で楽しみました。映像もすごくキレイでぐぐっとチョコレート工場に引き込まれてしましました。ディープ・ロイが演じていたウンパ・ルンパがすごく良かった!あの動きと歌が頭から離れずにDVDを返しに行く時も口ずさんでしまった程です。子供向けと思いがちですが実は大人の方が楽しめてしまう内容ですよね。
チャーリーとチョコレート工場公式サイト

オリジナル「夢のチョコレート工場」の感想はコチラ

↓この映画のサントラ(Danny Elfman)をiTunesでダウンロード
Danny Elfman - Charlie and the Chocolate Factory (Bonus Tracks) [Original Motion Picture Soundtrack]
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(12)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.11 (Sat)

パズラー

パズラー
パズラー
監督:ミヒャエル・カレン
出演:マリー・ツィルケ 、アントニオ・ヴァネック 、ニルス・ユリウス 、ベニー・リーンツ...

「ゆっくりと狂ってゆけ」


【ストーリー】
4人の仲間と共に、アルプスの山奥へとバカンスへやって来た医学生のトニ(マリー・ツィルケ)。天候に恵まれず、嵐の中で山荘へと到着した5人は、そこで恐ろしい光景を目にしてしまう。血だらけのキッチンと、3人の男の死体。やがてテレビのニュースで美術館を襲った強盗犯がアルプスに逃亡したことを知り、仲間割れの末の殺し合いだと推測した5人は、死体から時価数億円の秘宝を発見してしまう。そしてその時から、彼らの中で何かが狂い始めた・・・。
【感想】
レンタル屋さんで「SAW」の近くに置いてありました。しかも、パッケージが酷似。どうしても気になっちゃいますよね。見終わって、「なぜ、SAWと比べてパッケージまで似せたのか」がどうしてもわかりませんでした。比べなければ、そんなに悪くはなかったと思うんだけど・・・(あ、音楽はいまいちでした)。いろいろ詰め込もうとして活かせなかった惜しい作品でした。SAWとは全然違います!
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(2)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.05 (Sun)

ゲーム

ゲーム
ゲーム

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:エリザベス・デネヒー、マイケル・ダグラス、ショーン・ペン、デボラ・カーラ・アンガー、ジェームズ・レブホーン、ピーター・ドゥナット...

「全米No.1。「セブン」を越える驚愕と戦慄。
 ラストの衝撃。緊張度120%
 私は盲目であったが今は見える --ヨハネ第9章25節--」


【ストーリー】
実業家ニコラス(マイケル・ダグラス)は48歳の誕生日に、弟のコンラッド(ショーン・ペン)からCRS社主催の“ゲーム”の招待状をプレゼントされる。最初は馬鹿にしていたニコラスだが、「人生が一変するような素晴らしい体験ができる」という謳い文句にひかれてゲームに参加することにする。やがて、ブリーフケースの鍵の紛失、スキャンダルの発覚、CRS社のオフィスの消滅と、奇妙な出来事がニコラスの周りで次々に起こり始める。トラブルは次第に加速していき、遂には生命の危機にさらされることになる・・・。
【感想】
デヴィッド・フィンチャー監督っぽい居心地の悪さを感じながら見て、いろんな意味でショックでした。見終わった後は「嫌だ!」と思ったんですが、少し経った今では「いいかも・・・」に変わってきています。衝撃の強すぎるラストは賛否両論な気がします。まさかまさかの展開が多くて、エンドロールの後も疑ってしまいました。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(3)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.03 (Fri)

スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

監督:リチャード・リンクレイター
出演:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト、サラ・シルヴァーマン、ジョーイ・ゲイドス・Jr、ミランダ・コスグローヴ...

「日本の教育をつぶせ!全米No.1教師にまかせろ!!」

【ストーリー】
ロックの心を全身で体現するギタリスト、デューイ・フィン(ジャック・ブラック)。しかし、そのあまりの破天荒ぶりがアダとなり、ついにバンドをクビになってしまう。一方私生活でも、家賃の滞納が原因で居候していた親友ネッドのアパートを追い出されようとしていた。そんな時、ネッド(マイク・ホワイト)のもとに名門私立小学校から代用教員の話が舞い込む。たまたま電話に出たデューイはお金欲しさから自分がネッドになりすまし、臨時教師の職に就いてしまうのだった。ところが、いざ小学校へ行ってみると、そこは厳しい管理教育がなされ、従順な生徒たちにはまるで覇気も個性も感じられなかった。まともに授業をする気もないデューイにとってそれはどうでもいいことだったが、そんな生徒たちが音楽の才能にあふれていると知ったとき、彼の頭にはあるよこしまなアイデアが浮かぶのだった。
【感想】
すごく楽しかったです。私は音楽モノに弱くて、すぐ泣いてしまうんです。なので、この作品は泣き笑い状態でした。デューイ・フィン役のジャック・ブラックを「なんなんだ、この人は・・・」と思いつつ、最初から最後まで笑いながら見ました。見終わったときにはちょっと好きになっちゃったりして。そして、ネッド役のマイク・ホワイトは脚本なんですねぇ。DVDの特典映像も公式HPも面白くて何から何まで楽しめました。
スクール・オブ・ロック

↓挿入曲「Sunshine of Your Love(Cream)」をiTunesでダウンロード
Cream - The Very Best of Cream - Sunshine of Your Love
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(4)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.02 (Thu)

サスペクト・ゼロ

サスペクト・ゼロ
サスペクト・ゼロ

監督:E・エリアス・マーヒッジ
出演:アーロン・エッカート、ベン・キングズレー、キャリー=アン・モス、ハリー・レニックス、ケヴィン・チャンバーリン、ウィリアム・メイポーザー...

「見えるんだ、罪が。
 聞こえるんだ、叫びが。」


【ストーリー】
FBI捜査官のトム・マッケルウェイ(アーロン・エッカート)は、連続殺人犯の不当逮捕が原因で、ここニューメキシコ州の片田舎、アルバカーキに左遷された。ところが、赴任初日から殺人事件が発生、やがてそれはすぐに3件の連続無差別殺人事件へと発展する。いずれの死体も、まぶたが切り取られ、0(ゼロ)のマークが残されていた。マッケルウェイは原因不明の頭痛に悩まされながらも捜査を続けるが、一向に解明の糸口すら見えてこない。そんな時、捜査線上にベンジャミン・オライアン(ベン・キングズレー)という一人の男が浮上してくるのだが・・・。
【感想】
見ている間、ずっと不気味さがついてまわりました。音楽も最初は自分の耳鳴りかと勘違いしていたし、主人公と同化してしまったような感覚に襲われました。公式HPを見ると「ついに「セブン」を超えた!」と書いてありましたが、ん?・・・それってどうなのかな?と私は思いました。セブンのほうが引き込まれすぎて見た後の疲労感、脱力感が強かったように思います。
サスペクト・ゼロ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。