アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 2007年11月

*ブログポリシー  All archives    Admin

10月≪ 2007年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.30 (Fri)

フラガール

フラガール メモリアルBOX
フラガール メモリアルBOX
監督:李相日
出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、大河内浩、菅原大吉、山田明郷、高橋克実、岸部一徳、富司純子...

「北国を常夏の楽園へ。40年の時を越え語られる奇蹟の実話。」

【ストーリー】
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊富な温泉を利用したレジャー施設“常磐ハワイアンセンター”が計画された。そして、目玉となるフラダンスショーのダンサー募集が地元の少女たちに対して行われた。この町から抜け出すチャンスだと考えた早苗は紀美子(蒼井優)を誘って説明会へと向かう。説明会では、セクシーな衣装で踊る姿に、大半の応募者が逃げ出し、残ったのは紀美子と早苗の他には初子と小百合(山崎静代)のわずか4人だけだった。そんな中、元SKD(松竹歌劇団)のダンサー平山まどか(松雪泰子)がフラダンスの教師として東京から招かれる。しかし、とある事情で渋々やって来たまどかは、教える相手がズブの素人と分かり、完全にやる気を失ってしまう…。
【感想】
いつもいつもレンタル中でやっと見る事ができました。炭鉱町が舞台ってイギリス映画によくあるし、お話も想像通りの展開だったけど、何度も何度も泣かされてしまいました。フラガールの一生懸命な姿がとっても良いです。フラダンスの振り付けってひとつひとつ意味があるものなんですね。彼女達のフラダンスに元気をもらい、温かい気持ちになりました。
フラガール

↓挿入曲「Hula Girl(Jake Shimabukuro)」をiTunesで入手
Jake Shimabukuro - Hula Girls - Hula Girl
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサーサイト
ハ行  |  TB(18)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.29 (Thu)

ナイトミュージアム

ナイト ミュージアム
ナイト ミュージアム
監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブス、ジェイク・チェリー、ロビン・ウィリアムズ...

「みんな みんな、動き出す!」


【ストーリー】
ニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー(ベン・スティラー)。現在は失業中で、最愛の息子ニッキー(ジェイク・チェリー)にも愛想を尽かされてしまう始末。そこで新しい職探しを始めたラリーは、自然史博物館の夜警の仕事にありつく。さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博物館で勤務初日を迎える。ところが見回りを始めたラリーは、誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く。音のするほうへ行ってみると、なんとティラノザウルスの全身骨格が吸水機から水を飲んでいた。しかも驚きはそれだけではなかった。モアイ像や原始人、動物たちなど、博物館の展示物が次々と生き返り、勝手気ままに動き出していたのだった。
【感想】
ほのぼのとしていて家族で楽しめちゃう娯楽作品です。博物館の展示物が動くなんて、子供心をくすぐられてワクワクしました。過激なシーンがない安心して見れる映画もいいですよね。ベン・スティラーの顔のリアクションが面白かったです。
ナイトミュージアム公式サイト

↓この映画のサントラをiTunes(Alan Silvestri)でダウンロード
アラン・シルヴェストリ - オリジナル・サウンドトラック  「ナイト ミュージアム」
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ナ行  |  TB(16)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.28 (Wed)

ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム
ボーン・アルティメイタム
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン、ブライアン・コックス、パディ・コンシダイン、クリス・クーパー、エドガー・ラミレス、ダニエル・ブリュール、ジョーイ・アンサー、コリン・スティントン、アルバート・フィニー、ジョーン・アレン...

「 最後通告。
 記憶を消され、愛するものを奪われた暗殺者ジェイソン・ボーン。
 過去と決別するために、最後通告を叩きつける! 」


【ストーリー】
CIAの極秘計画“トレッドストーン”によって過去の記憶を消され、究極の暗殺者にされたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。彼はその過去の断片を辿りながら、全てを明らかにしようと奔走していた。そんなある日、イギリスの大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。その担当記者ロスが、CIAの内部告発に基づいて、トレッドストーンのアップグレードとなる“ブラックブライアー”という計画に関する取材を進めていたのだった。ロンドン支局からその情報を聞いたニューヨークのCIA対テロ極秘調査局長ヴォーゼン(デヴィッド・ストラザーン)は、ただちに現地要員へロスの監視と尾行を指示。また同じ頃、この新聞を目にしたボーンもロンドンへ飛び、監視を巧みにかわしながらロスと接触するのだが…。
【感想】
気持ちいい~!シリーズ3作目ともなるとだんだんガックリな出来になってしまう映画もあるけれど、これは3作目が最高に盛り上がっています。アクションも迫力満点です。前作に続き、ハンディ・カメラでたくさん撮影していますよね(たぶん)。クラクラするくらい臨場感があります。ジェイソン・ボーンの無駄のない戦闘シーンに体が熱くなりました!前2作を見ていなくても楽しめちゃうと思いますが、アルティメイタムを見た後にはまた1作目の「ボーン・アイデンティティー」から見たくなってしまうと思います。
ボーン・アルティメイタム

↓この映画のサントラ(John Powell)をiTunesでダウンロード
John Powell - The Bourne Ultimatum

ボーン・アイデンティティーの感想はコチラ
ボーン・スプレマシーの感想はコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(21)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.27 (Tue)

タイムライン

タイムライン
タイムライン
監督:リチャード・ドナー
出演:ポール・ウォーカー、フランシス・オコナー、ジェラルド・バトラー、ビリー・コノリー、イーサン・エンブリー、アンナ・フリエル...

「それは、14世紀からのSOS。」

【ストーリー】
フランス南西部のとある修道院遺跡の発掘現場では、考古学専攻の学生たちによる調査が進められていた。ある時、彼らは14世紀の地層から驚くべき遺物を発見する。現代の製品としか思えないメガネのレンズと“Help Me”と書かれたメモが出土したのだ。それは、発掘プロジェクトのリーダーで、スポンサー企業ITCを訪ねたまま行方不明になったジョンストン教授(ビリー・コノリー)から教え子たちへのSOSだった。教授の息子クリス(ポール・ウォーカー)をはじめとする発掘チームは、ITCの社長から衝撃の事実を知らされる。教授は、ITCが極秘に開発した時空間転送装置で14世紀フランスに転送され、現地で消息を絶ってしまったというのだった。そこでクリスは、他の仲間6名とともに教授の行方を追って中世フランスへと向かうのだったが…。
【感想】
時間旅行モノ、中世モノが好きな私はとても楽しめました。SF色がそんなに強くないので、難しいことを考えすぎることもなく作品の世界にはまってしまいました(よ~く考えると矛盾が・・・)。テンポも良いし、かなりドキドキしました。主役はクリス役のポール・ウォーカーですが、ジェラルド・バトラーが目立ちまくってます。そして、もしかしたらジャンルはSFじゃなくて、ラブロマンスかも?
タイムライン

↓この映画のサントラ(Brian Tyler)をiTunesでダウンロード
Brian Tyler - Timeline
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(3)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.26 (Mon)

オフサイド・ガールズ

オフサイド・ガールズ
オフサイド・ガールズ
監督:ジャファル・パナヒ
出演:シマ・モバラク・シャヒ、サファル・サマンダール、シャイヤステ・イラニ、M・キャラバディ、イダ・サデギ、ゴルナズ・ファルマニ、マフナズ・ザビヒ、ナザニン・セディクジャザデ...

「“男装”してスタジアムに潜り込んだ少女たちの、元気いっぱい青春ストーリー」

【ストーリー】
サッカーが国民的スポーツのイラン。男性はもちろん、女性の多くも大好きなサッカーだが、イスラム教を重んじる同国では、女性がスタジアムで男性のスポーツを観戦することが法律で禁じられている。そんな中、2006年のワールドカップ出場がかかる大事な一戦が、首都テヘランで行われようとしていた。そんなイラン代表にとっての大一番は、テレビでなく生で観戦したいと思う気持ちは女の子たちだって同じ。案の定、男の子の格好をし、入り口で待ち構える兵士たちの目をかいくぐり、スタジアムへ潜入しようと企むタフで果敢な少女たちが次々と現われるのだったが…。
【感想】
2005年のW杯予選の時に実際に競技場で撮影したという作品です。そのせいか、ドラマというよりはドキュメンタリーっぽかったです。私はW杯の時だけ盛り上がっちゃう人だけど、アリ・ダエイって聞いたことある!など聞こえてくる実況も楽しめました。ちょっとテンポが悪いかなと感じた部分もあるんですが、最後にはわぁぁっと爽やかな気持ちになりました。女性問題を扱っているけれど、かたすぎずユーモアがあって良かったです。結構笑っちゃいました。
オフサイド・ガールズ公式サイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(6)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.21 (Wed)

XX エクスクロス 魔境伝説

エクスクロス 魔境伝説
エクスクロス 魔境伝説
監督:深作健太
出演:松下奈緒、鈴木亜美、中川翔子、小沢真珠、池内博之、岩根あゆこ、小山力也、森下能幸...

「足を切り落とされるぞ!」

【ストーリー】
人里離れた温泉地“阿鹿里(あしかり)村”にやって来た2人の女子大生、しより(松下奈緒)と愛子(鈴木亜美)。恋人と別れ傷心のしよりを親友の愛子が温泉旅行に誘ったのだ。しかし、些細なことでケンカしてしまい、2人はいきなり別行動を取ってしまう。小屋で独り夜を迎えることになったしよりのケータイに、見知らぬ男から“今すぐ逃げろ、足を切り落とされるぞ”という警告の電話が入る。その直後、本当に村人たちがしよりに襲いかかってきた。愛子のケータイは繋がらず、逃げながら友人の弥生に電話したしよりだったが、愛子には気をつけろ、と衝撃の事実を告げられる。一方、愛子のほうも、不気味な女レイカ(小沢真珠)の襲撃で窮地に陥っていた…。
【感想】
ものすごくビビリなんですが、試写会に当たったので見てきました。肩に力が入ってしまうシーンもあったけど、ホラーというより…なんだかだんだん面白くなってきて笑ってしまったんです。上映後に主演の鈴木亜美さんと深作健太監督の舞台挨拶があったんですが、監督の「僕はホラーじゃなくてドリフがやりたかったんです」という言葉に納得してしまいました。B級感たっぷりで怖がりさんでも大丈夫!見所は小沢真珠さんの七変化かな。鈴木亜美さんもアクションいっぱいで頑張っていました。
XX エクスクロス 魔境伝説公式サイト

↓この映画のサントラ(池 頼広)をiTunesでダウンロード
池 頼広 - XX(エクスクロス) ~魔境伝説~ オリジナル・サウンドトラック

↓挿入曲「Potential Breakup Song(Aly&AJ)」をiTunesでダウンロード
Aly & AJ - Nemuranai Sekai: Insomniatic - Potential Breakup Song

そのケータイはXX(エクスクロス)で
そのケータイはXX(エクスクロス)で
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(14)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.20 (Tue)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小日向文世...

「昭和34年、日本の空は広かった。」

【ストーリー】
昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し、高度経済成長時代を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、茶川(吉岡秀隆)が黙って去って行ったヒロミ(小雪)を想い続けながら淳之介(須賀健太)と暮らしていた。そこへある日、淳之介の実父である川渕(小日向文世)が再び息子を連れ戻しにやって来る。そして、人並みの暮らしをさせることを条件に改めて淳之介を預かった茶川は、安定した生活と共にヒロミへ一人前の自分を見せられるよう、一度はあきらめていた“芥川賞受賞”の夢に向かって執筆を始めるのだった。一方、経営が軌道に乗り始めていた鈴木オートでは、事業に失敗してしまった親戚の娘・美加をしばらく預かることになるのだが…。
【感想】
なごむ~!前作もそうだったけれど、温かい。テーマ曲を聞くだけでもじんわり気持ちよくなります。私は鈴木オート一家が大好きなんですが、他の人達もみんないいキャラクターですよね。笑い所もあり、泣き所もありで楽しかったです。観賞後は「あ~、楽しかった」と素直に思えた作品でした。前作からそんなに時間が経っていない4ヶ月後のお話なので、間をあけずに見たいですね(私は直前のテレビ放送を見てから鑑賞しました)
ALWAYS 続・三丁目の夕日公式サイト

ALWAYS 三丁目の夕日の感想はコチラ

ALWAYS 続・三丁目の夕日[二作品収納版] [DVD]
ALWAYS 続・三丁目の夕日[二作品収納版] [DVD]
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(18)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.19 (Mon)

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ

ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相~
ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相~
監督:バリー・レヴィンソン
出演:ダスティン・ホフマン、ロバート・デ・ニーロ、アン・ヘッシュ、ウディ・ハレルソン、デニス・リアリー、ウィリー・ネルソン、キルステン・ダンスト...

「やっちゃった。バレちゃった。
 大統領はセクハラ隠しのため、ヤラセの戦争をおこした!」


【ストーリー】
現役合衆国大統領が執務室で少女と淫行に及ぶという衝撃的事件が発生。通称もみ消し屋ことブリーン(ロバート・デ・ニーロ)が、大衆の目を事件からそらすように依頼される。ブリーンはハリウッドのプロデューサー、モッツ(ダスティン・ホフマン)を利用し、架空の戦争をでっちあげる。爆撃作戦を実行したように思わせ、反戦ソングを一晩で作り上げる。すべてはうまくいったように見えたのだが……。
【感想】
タクシードライバー」に続き、ロバート・デ・ニーロつながりということで鑑賞しました。やりすぎなでっちあげが馬鹿馬鹿しくて笑っちゃうんですが、ダスティン・ホフマンとロバート・デ・ニーロに私も納得させられてしまった感じです。面白かったです。劇中の反戦ソングにも感動しそうになるし、ついつい乗せられちゃいました。
12/2までGyaOで視聴できます。

↓この映画のサントラ(Mark Knopfler)をiTunesで入手
Mark Knopfler - Wag the Dog
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.18 (Sun)

タクシードライバー

タクシードライバー コレクターズ・エディション
タクシードライバー コレクターズ・エディション
監督:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード、ピーター・ボイル、ジョディ・フォスター、アルバート・ブルックス、ハーヴェイ・カイテル、ジョー・スピネル、マーティン・スコセッシ...

「ダウンタウンのざわめき…街の女 光のカクテル…濡れたアスファルト けだるいジャズの吐息… ニューヨークの夜が、ひそやかな何かをはらんで いま、明けてゆく…」

【ストーリー】
ベトナム帰りの青年トラヴィス・ビックルは夜の街をタクシーで流しながら、世界の不浄さに苛立ちを感じていた。大統領候補の選挙事務所に勤めるベッツィと親しくなるトラヴィスだったが、彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。やがて、闇ルートから銃を手に入れたトラヴィスは自己鍛錬を始めるが、そんな彼の胸中にひとつの計画が沸き上がる……。
【感想】
面白かった~!うまく表現できないけれど、作品の雰囲気や音楽がすごく好きです。真夜中に見たんですが、すっかり映画の世界に入り込んでしまいました。主人公のどこかズレてる感じ、なにか欠落してる感じに妙に惹き付けられました。そういえば、ロバート・デ・ニーロの出てる映画って見た事なかったなぁ。ハーヴェイ・カイテルが若いっっ!というか、アイリスがジョディー・フォスターだったなんて!と、見終わった後に昔の作品なんだ~と実感しました(生まれる前だ...)

↓この映画のサントラ(Bernard Herrmann)をiTunesでダウンロード
Bernard Herrmann - Taxi Driver
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(5)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.17 (Sat)

パトリオット

パトリオット
パトリオット
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:メル・ギブソン、ヒース・レジャー、ジョエリー・リチャードソン、ジェイソン・アイザックス、クリス・クーパー...

「私が盾になる。」

【ストーリー】
有能かつ残虐な兵士であり、戦争のヒーローだったベンジャミン・マーティン(メル・ギブソン)。7人の子供の父親となった今、彼は亡き妻の願い通り平穏な日々を送っていた。だが独立戦争が起こり、イギリス軍がアメリカに侵入。戦いに乗り気でないベンジャミンは、愛国心に燃える息子(ヒース・レジャー)に苦い顔を見せる。しかし戦火が迫り、目の前で次男を殺された時、彼の中で眠っていた戦士の本能が目覚め始める。
【感想】
米独立戦争を背景にしたお話です。歴史モノは好きだけど、戦争モノはちょっと苦手という私ですが(矛盾してるかも)、登場人物が魅力的でなかなか楽しめました。敵の大佐役のジェイソン・アイザックスなんかは本気で腹立たしかったです。ヒース・レジャーはこれがおそらくハリウッドデビュー作になるんですが、とても良い!昔の格好が似合いますよね(「カサノバ」や「ロック・ユー!」でも)。何気ないセリフがいろんな場所に生きていたのも良かったです。164分と長いんですが、最後まで飽きずに見れました。
パトリオット
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.12 (Mon)

オール・ザ・キングスメン

オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション
オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション
監督:スティーヴン・ザイリアン
出演:ショーン・ペン、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロ、パトリシア・クラークソン、ジェームズ・ガンドルフィーニ...

「善は、悪からも生まれる。」


【ストーリー】
1949年、ルイジアナ州メーソン市。郡の出納官を務める実直な男ウィリー(ショーン・ペン)は、小学校建設に絡む役人の汚職を告発して逆に自分が職を追われるハメに。上流階級出身の新聞記者ジャック(ジュード・ロウ)は、そんなウィリーに興味を抱き交流を持つ。やがてその小学校で欠陥工事が原因の事故が起こり、ウィリーは一躍注目の存在となる。それに目を付けた州の役人タイニー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)に担がれ、いきなり知事選に出馬するウィリー。しかしそれは、対立候補の票を割るためのタイニーの策略だった。ことの真相をジャックから聞かされたウィリーは、与えられていた演説原稿を破り捨て、自分の言葉で聴衆に語り始めた。この演説が貧しい人々の心を打ち、ウィリーは地滑り的勝利を収め、ついに知事の座を射止めるのだったが…。
【感想】
ショーン・ペンは出演作を見る度にすごいなぁと思わされる大好きな俳優さんです。今回もかなり良くて、演説シーンは一見の価値アリです。ジュード・ロウも抑えた演技でいい味を出していたけれど、なんだかエピソードが多くて最後はよくわからなくなってしまいました。映像と音楽はとってもキレイ!
オール・ザ・キングスメン

↓この映画のサントラ(James Horner)をiTunesで入手
James Horner - All the King's Men (Original Motion Picture Soundtrack)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(8)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.12 (Mon)

ストロベリーショートケイクス

ストロベリーショートケイクス
ストロベリーショートケイクス
監督:矢崎仁司
出演:池脇千鶴、中越典子、中村優子、岩瀬塔子、加瀬亮、安藤政信...

「最悪な出来事を乗り越えられたあたしには、
 なんだってできるような気がしたんだよ」


【ストーリー】
大失恋を乗り越えて新たな恋の訪れを待ちわびるフリーターの里子(池脇千鶴)。そんな彼女のバイト先はデリヘル店“ヘブンスゲイト”の電話番。彼女が密かにあこがれる店のナンバー1、秋代(中村優子)はお金を貯めて5階以上のマンションを購入しようと考えている。一人の男を一途に愛する彼女だったが、決して一緒にはなれないと覚悟を決めていた。一人で生きていくためにマンションを買い、そしてボケそうになったら飛び降り自殺しようと決意していた。一方、イラストレーターの塔子(岩瀬塔子)はプライドが高く、男に愛されることが全てと考える事務OLのルームメイト・ちひろ(中越典子)の生き方に嫌悪感を抱いてしまう…。
【感想】
面白い!共感した!というのではなかったし、誰かに感情移入したわけでもなかったのですが(塔子にはちょっぴり共感)、穏やかというか淡々としている感じが良かったです。この作品で心に残ったのはストーリーよりも映像で、パラパラと写真集としても楽しめそうなシーンがたくさんありました。そして、原作者の魚喃キリコさんが塔子を演じていたというのにはかなり驚きました。熱演!
ストロベリーショートケイクス

↓挿入曲「光が消える前に(mount sugar)」をiTunesでダウンロード
mount sugar - 光が消える前に - EP - 光が消える前に
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(6)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.09 (Fri)

青春の輝き

青春の輝き
青春の輝き

監督:ロバート・マンデル
出演:ブレンダン・フレイザー、クリス・オドネル、マット・デイモン、ベン・アフレック...

【ストーリー】
ニュー・イングランドの名門校に編入したフットボール奨学生(ブレンダン・フレイザー)を中心に、若者たちの友情・恋・裏切りといった切ない青春を描いた作品。
【感想】
さわやかな軽いタッチの青春モノと思っていたんですが、人種差別問題も扱っているなかなか濃い作品で真剣になって見てしまいました。主人公がユダヤ人であることを仲間に黙っていたことでいろいろ問題が起きるんですが、ユダヤ人てそんなに差別されていたのだろうかと驚きました。宗教の問題は日本に暮らしていると実感することが少ないですよね。学生たちが「12人の怒れる男」のように議論するシーンはやりきれないというか切なかったです。22歳(若い!キュート!)のマット・デイモンの演技も見所です。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.08 (Thu)

ボンボン

ボンボン
ボンボン

監督:カルロス・ソリン
出演:フアン・ビジェガス、ワルテル・ドナード...

「幸せのタネを蒔こう」

【ストーリー】
初老の男フアン・ビジェガス(フアン・ビジェガス)は、20年もの間まじめに働いてきたガソリンスタンドを、オーナーが代わったとたんクビにされてしまう。再就職先も見つからず、住まいもなくしたフアンは、娘夫婦の家で肩身の狭い日々を送っていた。そんなある日、人助けをしたフアンは、そのお礼として大きな白い犬“ボンボン”をなかば強引に贈られてしまう。家に戻ると案の定、家族の大反対が待っていた。仕方なく、ボンボンを車の助手席に乗せ、あてのない旅に出るフアンだったが…。
【感想】
人は良さそうだけど頼りなさそうなおじちゃんと、強そうだけど頼れるのか??な犬の物語。アルゼンチンの映画です。この2人(1人と1匹)が画面に映るだけで和みます。この頼りないおじちゃんをだます悪者は誰なんだ、と勝手にハラハラしてましたが、のんびりまったりと話は進んでいき・・・ラストはとーっても微笑ましい!大金も大きな家も(大事件も)、そんなものはなにもなくても幸せだな~と思わせてくれました。
ボンボン
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(5)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。