アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 2008年03月

*ブログポリシー  All archives    Admin

02月≪ 2008年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.31 (Mon)

レベル・サーティーン

レベル・サーティーン(デラックス版)
レベル・サーティーン(デラックス版)
監督:マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル
出演:クリサダ・スコソル・クラップ、アチタ・シカマナ、サルンヨー・ウォングックラチャン、ナターポン・アルンネトラ、フィリップ・ウィルソン、スクルヤ・コンカーウォン...

「試される13の人間性」

【ストーリー】
バンコクの楽器会社に勤めるセールスマンのプチット(クリサダ・スコソル・クラップ)は、ある日突然解雇されてしまう。お金に困り、途方に暮れているところに、彼の携帯電話が鳴り出す。電話の主は、プチットが幸運にも、13のレベルをクリアすると最大3億円が獲得できるゲームの参加者に選ばれた、と説明する。戸惑いつつも、挑戦すると答えたプチット。そんな彼に課された最初のゲームは、目の前の蝿を叩き落とすこと。半信半疑でそれを実行したプチットだったが、その直後、携帯電話に銀行口座の入金メールが。破産の危機に直面していたプチットは、不安を感じつつも残るレベルを一つひとつクリアしていくのだが…。
【感想】
レベル2は叩き落とした蝿を食べること、ってどんどん悪趣味な感じにレベルが上がっていくので、…不快でした。全然オススメしません。不快と思いながらも意外と冷静に最後まで見てしまった自分がちょっと怖いし、嫌な感じ。ラストから続くお話の方が私は楽しめたかも…、と思いました。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサーサイト
ラ行  |  TB(4)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.28 (Fri)

300 <スリーハンドレッド>

300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)
300<スリーハンドレッド>特別版(2枚組)
監督:ザック・スナイダー
出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、マイケル・ファスベンダー、ヴィンセント・リーガン、トム・ウィズダム、アンドリュー・プレヴィン、アンドリュー・ティアナン、ロドリゴ・サントロ...

「300人VS1,000,000人、真っ向勝負!」

【ストーリー】
紀元前480年、それまで千もの国々を征服してきた大帝国ペルシアはスパルタを次なる標的に定め、ペルシア大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従の証を立てるよう迫ってきた。これに対し、戦士の国スパルタの王レオニダス(ジェラルド・バトラー)はその要求を一蹴、100万の軍勢を持つペルシアと戦うことを決意する。そして、レオニダスのもとには強靱な300人の精鋭が集結するのだった。さらにアルカディア軍などの援軍も得たレオニダスは、海岸線に連なる狭い山道のホット・ゲートに敵を誘い込む作戦を掲げ、300人の勇士と共に立ちはだかる。やがて、ペルシアの大軍が現われ、熾烈極まる死闘が始まった。圧倒的に不利と思われたスパルタ軍は怒濤の攻撃で敵軍を粉砕し、緒戦となる一日目は勝利を収めるのだが…。
【感想】
どこまで実写かわからないくらい素晴らしいCG映像に圧倒されてしまいました。歴史スペクタクルをこんな風に描くのもスタイリッシュでカッコイイんだ~と新発見でした。でも…、実はそんなにハマれなかったんですよね。なんでかなぁ。とりあえず、「This is Sparta!」は見終わった後に叫んでおきました。(←やった人いっぱいいますよね?(笑))
300 <スリーハンドレッド>

↓この映画のサントラ(Tyler Bates)をiTunesでダウンロード
Tyler Bates - 300 (Original Motion Picture Soundtrack)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(8)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.27 (Thu)

キサラギ

キサラギ スタンダード・エディション
キサラギ スタンダード・エディション
監督:佐藤祐市
出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之...

「自殺したアイドル、如月ミキの一周忌
 男、5人、この部屋で事件は起こる──」


【ストーリー】
マイナーなグラビアアイドル、如月ミキが焼身自殺を遂げてから1年が過ぎた。彼女のファンサイトでは一周忌のオフ会を開催することに。集まったのは、サイト管理人の家元(小栗旬)とサイトの常連、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、いちご娘(香川照之)という5人の男たち。初めて直に顔を合わせた彼らは、ミキの思い出に浸り、自慢話で盛り上がる。明るかったミキの自殺という事実に釈然としない気持ちを持ち続けていた5人。そしてオダ・ユージの“彼女は殺されたんだ”という発言を境に、彼らはミキの死の真相を巡って怒涛の推理を展開していくが…。
【感想】
ゲームみたいな畳み掛ける展開、コントのような面白さ!「こうなるんだろうな~」という予想が、「やっぱりか~!」とことごとく当たるのが面白くて面白くて。評判がいいのは知っていたから、楽しめるとは思っていました。でも、笑うことはあってもまさか感動するなんて思ってもみなかったので、なんだか得した気分になりました。エンドロールでオタ芸を披露する5人も良かったです。日本アカデミー賞で見た練習風景を思い出して笑ってしまいました。
キサラギ公式サイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(6)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.25 (Tue)

魔法にかけられて

魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション
魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション
監督:ケヴィン・リマ
出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、レイチェル・カヴィ、ティモシー・スポール、イディナ・メンゼル、サマンサ・アイヴァース、ジェフ・ベネット、ケヴィン・リマ...

「それは、ディズニー史上最も”アリエナイ”魔法。」

【ストーリー】
魔法の王国“アンダレーシア”に暮らす心優しいプリンセス、ジゼル(エイミー・アダムス)。彼女はある日、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と運命的な出会いを果たし、晴れて結婚することに。だがその一方、彼らの結婚によって王位を手放すことになるナリッサ女王(スーザン・サランドン)は一計を案じる。実は彼女の正体は魔女だったのだ。そして結婚式当日、老婆に化けたナリッサはジゼルに接近し、彼女を井戸に突き落としてしまう。やがて、ジゼルが辿り着いた場所は、現実の世界、現代のニューヨークだった。しかし、周囲に助けを求めるものの誰も手を差し伸べてはくれず、途方に暮れるジゼル。そんな中、彼女はバツイチの離婚弁護士ロバート(パトリック・デンプシー)とその娘モーガン(レイチェル・カヴィ)に救われるのだが…。
【感想】
予告だけだと子供っぽすぎる感じがしていたけど、大人も楽しめるファンタジーに仕上がっていました。こういうの好きです!楽しすぎて涙が出てしまった部分もあるくらい、とにかく画面から楽しさが溢れていました。ディズニーアニメの世界でのお約束、冷静に考えるとこんなに笑えるんですね~(掃除が終わった鳩が"あるもの"をパクリとしたところはちょっとショックだったけど…)。また見たいし、サントラも欲しいなと思うくらい楽しめちゃいました。我が家にはハムスターがいるので可愛いリスもツボでした。
魔法にかけられて公式サイト

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
ジョン・マクラフリン - 魔法にかけられて (オリジナル・サウンドトラック)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
マ行  |  TB(23)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.23 (Sun)

僕と未来とブエノスアイレス

僕と未来とブエノスアイレス
僕と未来とブエノスアイレス
監督:ダニエル・ブルマン
出演:ダニエル・エンドレール、アドリアーナ・アイゼンベルグ、ホルヘ・デリア、セルジオ・ボリス、シルビナ・ボスコ、ディエゴ・コロル、ロシタ・ロンドネール...

「失くした愛、見つけた。おせっかいで温かい、ここは人情商店街(ガレリア)。」

【ストーリー】
アルゼンチン・ブエノスアイレス。オンセ地区にある下町風情の残る小さなガレリア(アーケード商店街)で母が営むランジェリーショップを手伝う青年アリエル(ダニエル・エンドレール)。彼は人情味溢れたこのガレリアに居心地の良さを感じつつも、未来を見出すことのできない現状に漠然とした不満も抱えていた。そこでアリエルは、祖父母の祖国ポーランドの国籍を取得しヨーロッパへ移住しようと考えていた。そんなある日、アリエルが生まれて間もなくイスラエルの戦争に行ったきり戻ってこなかった父エリアス(ホルヘ・デリア)が、突然帰ってきたのだった。
【感想】
ポーランド系ユダヤ人という主人公の設定がどうもよくわからなくて、いまいちはまれませんでした。セリフがたくさんあるのに人物像が見えてこないし、メリハリに欠けているような…(私、セリフの多い映画ってちょっと苦手かも)。でも、たまに面白いんですよね。歌うおばあちゃんはすごく素敵だったし、最後も良かったし。アルゼンチンは移民国家だというのを知っていたら、もっと楽しめたんだろうなぁと思いました。
僕と未来とブエノスアイレス
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.22 (Sat)

TAXi4

TAXi4 DTSスペシャル・エディション
TAXi4 DTSスペシャル・エディション
監督:ジェラール・クラヴジック
出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディファンタール、ベルナール・ファルシー、エマ・シェーベルイ=ヴィークルンド、エドュアルド・モントート、ジャン=クリストフ・ブヴェ、ジャン=リュック・クシャール、フランソワ・ダミアン、 ジブリル・シセ...

「今度は、モナコへ! 爆走! 312.8km/h!!」

【ストーリー】
レーシング仕様に改造したプジョー407でマルセイユを駆け抜けるタクシー運転手ダニエル(サミー・ナセリ)と、相変わらずドジばかり踏んでいる刑事エミリアン(フレデリック・ディファンタール)。彼らは、それぞれ成長した息子たちのサッカー見学に興じるなど穏やかな日常を過ごしていた。そんなある日、エミリアンに、17ヶ国から指名手配され“ベルギーの怪物”と呼ばれる凶悪犯を護送する、という重要任務が舞い込んでくる。だが、無事に署まで連行したのも束の間、エミリアンのドジが原因で逃亡されてしまう。そこで、エミリアンはダニエルの協力を得て犯人一味の逃走先であるモナコへ急行。一方、エミリアンの妻で美人刑事のペトラ(エマ・シェーベルイ=ヴィークルンド)は独り凶悪犯の一味へ潜入、危険な極秘捜査に当たっていたが…。
【感想】
上映時、吹き替えがものすごく話題で近くの映画館では吹き替えのみ…。字幕で見たかったのでDVDレンタルまで待って見ました。今回のは、TAXi4じゃなくて署長が主役のTAXi番外編って感じでした。カーアクションもほとんどなくてちょっと拍子抜けかなぁ…。でも、超おバカな署長とダニエルとエミリアンの息子くんたちが見れるので、このシリーズのファンなら見ておきたい作品ですね。TAXiシリーズ未見の方はぜひ1から見てもらいたいです。
TAXi4

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Melissa - Taxi 4

TAXiの感想はコチラ
TAXi2の感想はコチラ
TAXi3の感想はコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(3)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.18 (Tue)

サンキュー・スモーキング

サンキュー・スモーキング (特別編)
サンキュー・スモーキング (特別編)
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:アーロン・エッカート、マリア・ベロ、デヴィッド・ケックナー、キャメロン・ブライト、ロブ・ロウ、アダム・ブロディ、サム・エリオット、ケイティ・ホームズ、ウィリアム・H・メイシー、J・K・シモンズ、ロバート・デュヴァル...

「その男、
 話術で世間を
 煙に巻く」


【ストーリー】
タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員(ウィリアム・H・メイシー)は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任される。一人息子のジョーイ(キャメロン・ブライト)を連れ、ロサンジェルスへと渡ったニックは、さっそくハリウッドの大物エージェントと面会、タバコPRのための映画の企画を話し合う…。
【感想】
テンポが良くて、93分と短めなのでさっくりと見れました。ユーモアもあるし、全体的にバランスが良くて小粒だけど面白い作品です。舞台はタバコ業界なんだけれど、喫煙が良いとか悪いとかそういう話じゃないんですよね。映画の中であれだけタバコについて話しているのに、誰の喫煙シーンもなかったというのもうまいな~と思いました。
サンキュー・スモーキング

↓この映画のサントラ(Rolfe Kent)をiTunesでダウンロード
Rolfe Kent - Thank You For Smoking
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(10)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.15 (Sat)

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、安藤政信、堺雅人、小栗旬、田中要次、石橋貴明、木村佳乃、内田流果、クエンティン・タランティーノ、石橋蓮司、塩見三省、松重豊、香川照之、桃井かおり...

「生き残れるのは、一人だけ。」

【ストーリー】
壇ノ浦の戦いから数百年後。山あいの寒村“湯田(ユタ)”は平家の落人が拓いた村。ある時、そこに平家再興の埋蔵金が隠されていると噂が立ち、よそ者が押し寄せ村を荒らして回る。やがて村は、平清盛(佐藤浩市)率いる平家ギャング(赤軍)と、源義経(伊勢谷友介)率いる源氏ギャング(白軍)が村人を巻き込み激しく対峙することに。そんな抗争渦巻く村に、一人の凄腕ガンマン(伊藤英明)が流れ着いた。両軍とも、この流れ者を用心棒に引き入れるべく動き出し、事態は風雲急を告げるのだったが…。
【感想】
見たい!と思っていた割に見逃したし、内容についても無知だったので、スキヤキ食べてたりこんなにギャグテイストなの?と最初は戸惑いました。このままいくと否定的な感想になりそうなんですが…、なかなか面白かったです。なんかこうニヤニヤしちゃう感じ(絶対に賛否両論だと思うけど)。タランティーノ監督は、もっとちょい役だと思ったんですがツボでしたね~。豪華なB級映画!かな。
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ公式サイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(17)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.10 (Mon)

テイキング・ライブス

テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
監督:D・J・カルーソー
出演:アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク、キーファー・サザーランド、ジーナ・ローランズ、オリヴィエ・マルティネス、チェッキー・カリョ、ジャン=ユーグ・アングラード、ポール・ダノ...

「キミノカワリニ
 イキテアゲル」


【ストーリー】
ある日、工事現場で白骨化の進んだ一体の死体が発見される。解決が容易でないと判断したモントリオール警察はFBIに捜査協力を要請、それを受けて女性特別捜査官イリアナ・スコット(アンジェリーナ・ジョリー)が単身でやって来る。彼女は現場や死体の状況からあらゆる情報を読み取り、犯人像を鮮やかに割り出して事件を解決してしまうプロファイルの天才。今回も彼女の分析で捜査は進展を見せ始めた。そんな矢先、新たな殺人事件が発生する。しかし今回は目撃者がいた。イリアナたちはその男コスタ(イーサン・ホーク)の情報から犯人がマーティン・アッシャーという男であることを突き止めるのだったが…。
【感想】
日曜洋画劇場で見ました。かなり鈍い私でも展開が読めてしまいました。読めてしまっても他で魅せてくれるかと思ったらそんなこともなく…(ショッキングなシーンはあったけれど)、サスペンスとしてはちょっと残念かなぁ。犯人が誰かはすぐわかってしまうので、犯人の内面とかサイコパスな部分をもっと見たかったです。アンジーを楽しむ映画かもしれないけれど、「トゥームレイダー」とか「Mr.&Mrs.スミス」のアンジーの方が素敵!

↓挿入曲「Bad(U2)」をiTunesでダウンロード
U2 - The Unforgettable Fire - Bad
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(6)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.06 (Thu)

恋のからさわぎ

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ [DVD]
ヒース・レジャーの恋のからさわぎ [DVD]
監督:ジル・ジュンガー
出演:ヒース・レジャー、ジュリア・スタイルズ、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ラリサ・オレイニク、デヴィッド・クラムホルツ...

【ストーリー】
転校した男子生徒キャメロン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、学園のアイドル・ビアンカ(ラリサ・オレイニク)に一目惚れをする。一方ビアンカは、堅物の父親のせいでデートに行くことさえ許されない。父親がだした条件はひとつ。堅物の姉キャット(ジュリア・スタイルズ)が誰かとデートすること。それを知ったキャメロンはビアンカとデートするために、ミステリアスな青年パトリック(ヒース・レジャー)を雇いキャットを誘うように仕向けるが…。
【感想】
大好きなヒースの出演作。DVD化されていなくてなかなか見つけられなかったんですが、GyaO(3/31まで)で見ることができました。楽しく見れる学園ラブコメ!今では大活躍の出演者陣の魅力はもちろん、ストーリーも楽しめます。それもそのはず、原作はシェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」なんだそうです。設定がそのまま学園モノに置き換えられているんですね。ヒースファンには超オススメ、学園モノ好きにもオススメの1本です。

↓挿入曲「I Want You to Want Me」をiTunesでダウンロード
Cheap Trick - Silver - I Want You to Want Me
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.05 (Wed)

ドストエフスキーの生涯の26日

ドストエフスキーの生涯の26日
監督:アレクサンドル・ザルヒ
出演:アナトーリー・ソロニーツィン、エフゲーニャ・シーモノワ...

【ストーリー】
偉大なる苦悩の作家、というドストエフスキーのイメージを良い意味で裏切る、 愛に溢れた名作。生誕100周年記念の作家の横顔を伝える珍しい作品。 ドストエフスキー(アナトーリー・ソロニーツィン)が、のちに夫人となったアンナ(エフゲーニャ・シーモノワ)と出会い、彼女の手助けで小説「賭博者」を完成させるまでの26日間を描いている。
【感想】
ラストシーンというか、ラストカットがとても好き!ドストエフスキーが好きな人、作品中に出てくる「賭博者」や「罪と罰」を読んだことがある人にはとても興味深い作品だと思います。ドストエフスキーの名前と著作名しか知らなかった私も、背景を知れて親しみがわきました。こういう作品を見ると好きになっちゃいますね。マストロヤンニの「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」でもそうでした。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.04 (Tue)

カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟
カラマーゾフの兄弟
監督:イワン・プイリエフ
出演:ミハイル・ウリヤーノフ、マルク・プルードキン、リオネラ・プイリエワ、キリール・ラウロフ、ワレンチン・ニクーリン、スヴェトラーナ・コルコーシコ...

【ストーリー】
ドストエフスキーの同名小説の映画化作品。俗物の権化のような男が、何者かに殺された。嫌疑は、長男のドミートリー(ミハイル・ウリヤーノフ)にかかるが……。4人の息子たちの葛藤を、重厚に描いた人間ドラマ。
【感想】
約4時間なんて長い作品、初めて見ました。…正直なところ、1回見ただけでは理解するのは難しいと感じました。でも、つまらないというのではなくて、本も読みたい!という気にさせられました。結構はまってしまって、ふと気づくと登場人物たちのことを考えてしまっているんですよね。時代、国は違っても不変な部分はあるんだなぁと思わされます。ロシアの情景とかはちょっと想像しにくいと思うので、いつか読破しようと決めた作品の雰囲気を感じられて良かったです。
おまけ:女優さんたちが無茶苦茶キレイでした。ロシア美人!
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.01 (Sat)

ライラの冒険 黄金の羅針盤

ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組)
ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組)
監督:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット、サイモン・マクバーニー、ジム・カーター、ベン・ウォーカー...

「その針は教えてくれる。」

【ストーリー】
われわれの世界と似ているけど多くの点で異なるパラレルワールドの英国オックスフォード。その世界では人々は、それぞれの心が動物の姿で具現化したダイモンと呼ばれる守護精霊と片時も離れず行動を共にしている。幼い頃に両親を亡くし、オックスフォード大学のジョーダン学寮に暮らす12歳の少女ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)も“パンタライモン”というダイモンと常に一心同体。粗野で好奇心旺盛なライラは周囲の大人を困らせるほど元気いっぱいなお転婆娘。そんな彼女の叔父、アスリエル卿(ダニエル・クレイグ)はダストと呼ばれる謎の粒子の秘密を解明すべく北の地へと探検に向かう。一方、ロンドン上流社会の実力者コールター夫人(ニコール・キッドマン)はライラへの接近を図る。相前後して、ライラの周囲で子どもたちが行方不明になる事件が相次ぐ。そしてついに親友ロジャー(ベン・ウォーカー)までも姿を消してしまう。子どもたちが北の地に連れ去られていることを突き止めたライラは、学長から手渡された黄金に輝く“真理計”を手に、北の地を目指し危険な旅に出るのだが…。
【感想】
三部作の一作目である今作は「我々の世界とよく似たパラレルワールド」のお話で、二作目が「我々の世界」のお話、三作目は「パラレルワールド」と「我々の世界」を行き来するお話、という設定なんだそうです。待ちに待った作品だったので、かなりワクワクして見に行きましたが、登場人物が出揃ってライラの冒険はさぁこれから!というところで終わってしまうのが残念というか、うまいというか…。今作だけではちょっと消化不良な感じもしますが、キャスティングはとてもハマっていたし、設定も面白いので次回作が楽しみです。
ライラの冒険 黄金の羅針盤公式サイト

↓この映画のサントラ(Alexandre Desplat)をiTunesでダウンロード
Alexandre Desplat - The Golden Compass (Original Motion Picture Soundtrack)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(41)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。