アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 2008年04月

*ブログポリシー  All archives    Admin

03月≪ 2008年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.30 (Wed)

カンフーハッスル

カンフーハッスル
カンフーハッスル
監督:チャウ・シンチー
出演:チャウ・シンチー、ユン・ワー、ユン・チウ、ドン・ジーホワ、シン・ユー、チウ・チーリン、ジア・カンシー、フォン・ハックオン、ブルース・リャン、チャン・クォックワン、ティン・カイマン、ラム・シュー、ラム・ジーチョン...

「ありえねー。」

【ストーリー】
生きるためには強くなり悪とならなければならないと信じる負け犬のチンピラ、シン(チャウ・シンチー)。彼の夢は栄華を誇る冷酷非情なギャング団“斧頭会”に入ること。頼りにならない相棒(ラム・ジーチョン)とコソ泥を繰り返す日々。ある日、ひと仕事するべく貧民街の“豚小屋砦”というアパートに目を付けたシンは、そこで斧頭会の連中と住民たちとのモメ事に遭遇する。なんと住民たちは大勢いた斧頭会の面々を易々とかたづけてしまうのだった。驚いたことに、彼らはかつてカンフーを極めた最強の達人たちだったのだ。怒りに燃える組長は、殺し屋を雇い住民たちのもとへ次々と送り込む。そしてその対決を目の当たりにしたシンの中で何かが目覚めるのだった。
【感想】
面白い!!ありえないカンフー技の連続にワクワクしちゃいました。それでいて、笑わせてくれる。「少林サッカー」もそうだったけれど、ギャグのセンスが私のツボなんですよね。主役のチャウ・シンチーだけじゃなく、他の登場人物もしっかりとキャラが立っていて飽きさせるところがありませんでした。思い切り使ったCGとワイヤーアクションも気持ち良かったです。
カンフーハッスル

↓この映画のサントラ(Raymond Wong)をiTunesでダウンロード
Raymond Wong - Kung Fu Hustle
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサーサイト
カ行  |  TB(2)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.28 (Mon)

ホット・チック

ホット・チック
ホット・チック
監督:トム・ブラディ
出演:ロブ・シュナイダー、アンナ・ファリス、レイチェル・マクアダムス、マシュー・ローレンス、アンジー・ストーン、ミーガン・クールマン、マリッツァ・マーレイ、ロバート・ダヴィ、エリック・クリスチャン・オルセン...

「キュートでセクシーな女子高生 
 ある朝起きたら、おっさん!になっていた!?」


【ストーリー】
カリフォルニアの美人女子高生ジェシカ(レイチェル・マクアダムス)は、チアリーダー仲間たちと一緒にお気楽な毎日を過ごしていた。そんなある日、彼女はショッピングモールでアンティークのイヤリングを手に入れる。だがその後、ガソリンスタンドでその一方を落としてしまう。実は、そのイヤリングは片方ずつ2人の人間が持つと体が入れ替わるという呪いがかけられていた。そしてその片方が、スタンドを襲った強盗のクライブ(ロブ・シュナイダー)に拾われてしまう。すると翌朝、ジェシカの姿はクライブになってしまっていた…。
【感想】
キャピキャピしたガールズムービーに中年のオジサンが紛れているのがおかしくておかしくて、とても楽しめました!女子高生を演じるロブ・シュナイダーの表情と仕草が、最初は気持ち悪いのにだんだんかわいく魅力的に見えてくるのです。ロブと体が入れ替わって粗野な感じのレイチェル・マクアダムスも良かったし、アダム・サンドラー(製作総指揮)がちょこちょこ出てくるのも面白かったです。すっごく笑えるんですが、ストーリーはおバカだけで終わっていないし、ちょっぴりジ~ンとしちゃいました。
ホット・チック公式サイト

↓挿入曲「Starlight(Zed)」をiTunesでダウンロード
Zed - This Little Empire - Starlight
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(3)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.25 (Fri)

あるいは裏切りという名の犬

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
監督:オリヴィエ・マルシャル
出演:ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー、アンドレ・デュソリエ、ヴァレリア・ゴリノ、ロシュディ・ゼム、ダニエル・デュヴァル、ミレーヌ・ドモンジョ、フランシス・ルノー、カトリーヌ・マルシャル、ソレーヌ・ビアシュ、オーロル・オートゥイユ、オリヴィエ・マルシャル、アラン・フィグラルツ...

「──実話に基づく、激しくも切ない宿命の物語──」

【ストーリー】
パリ警視庁の2人の警視、BRI(探索出動班)所属の正義感あふれるレオ・ヴリンクス(ダニエル・オートゥイユ)と、BRB(強盗鎮圧班)所属の権力志向の強いドニ・クラン(ジェラール・ドパルデュー)。かつて親友だった2人は、同じ女性カミーユ(ヴァレリア・ゴリノ)を愛した過去を持ち、彼女がレオと結婚して以来友情は壊れ、現在では次期長官候補として激しく対立するライバル関係にあった。ある日、現金輸送車強奪犯のアジトを突き止めた警察はレオの指揮の下、包囲作戦を展開する。ところが、出世を焦るドニの不用意な行動が原因で作戦は大失敗に帰す。窮地に陥ったドニは、ある裏情報を基にレオを密告、思惑通り彼を刑務所送りにすることに成功するが…。
【感想】
タイトルがとても印象的でずっと見たかった作品です。エンタメ度は高くないけれど、渋くて抑えた雰囲気にしびれました。登場人物が男ばっかりで、渋くて…というのも結構好きなんですよね。脚本もすごく練ってあったと思うし、見応えがあって面白かったです。なんとなく「インファナル・アフェア」を思い出させるというとわかりやすいかな。監督が元警官で、ストーリーも実際にあったエピソードを元にしているんだそうです。
あるいは裏切りという名の犬

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Erwann Kermorvant, Axelle Renoir & Marie Martin - 36 quai des orf?vres
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(8)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.24 (Thu)

フットルース

フットルース
フットルース
監督:ハーバート・ロス
出演:ケヴィン・ベーコン、ロリ・シンガー、ジョン・リスゴー、ダイアン・ウィースト、フランシス・リー・マッケイン、サラ・ジェシカ・パーカー、クリストファー・ペン...

【ストーリー】
ロックもダンスパーティも禁じられているアメリカ中西部のある小さな町に、都会から一人の青年レン(ケヴィン・ベーコン)が転校してくる。彼は自分たちの自由を取り戻すべく、仲間を集めて大人たちへの逆襲を開始するが……。
【感想】
思っていたよりダンスと歌が少なくて、あれれ…?勝手に今までミュージカル映画と勘違いしていました。ダンスがテーマの青春映画なんですね。ストーリーはとび抜けた感じはないですが、未鑑賞でも絶対に聞いたことのある音楽とダンスシーンには思わず体を揺らしたくなりました。力を抜いて楽しめる作品です。

↓挿入曲「Footloose(Kenny Loggins)」をiTunesでダウンロード
Kenny Loggins - Footloose (15th Anniversary Collectors' Edition) - Footloose

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Shalamar - Footloose (15th Anniversary Collectors' Edition)
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(6)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.21 (Mon)

ラストキング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランド
ラストキング・オブ・スコットランド
監督:アレックス・ヘッフェス
出演:フォレスト・ウィッテカー、ジェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシントン、ジリアン・アンダーソン、サイモン・マクバーニー...

「何よりも恐ろしいのは、人間の本性」

【ストーリー】
スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、高い志を胸にウガンダのムガンボ村にある診療所へとやって来た。それはちょうど、軍事クーデターによってイディ・アミン(フォレスト・ウィッテカー)が新大統領となった直後のことだった。ニコラスはアミンの演説を聞いて、そのカリスマ性に強く惹きつけられる。そして偶然にも、ケガをしたアミンを救ったことからアミンに気に入られ、彼の主治医に抜擢される。やがてアミンは主治医という以上の信頼をニコラスに寄せ、ニコラスもまたその期待に応えようとするのだが…。
【感想】
最初は何も考えずアミン大統領のカリスマ性に惹き付けられ楽しく見ていましたが、だんだんと見えてくる実像に冷や汗が出るほど緊張させられました。最初はイラつきを覚えた青年医師ニコラスも、見ていると彼の気持ちと痛みがビシビシ伝わってくるんですよね。これが実話ベースの話だなんて嫌すぎる…(残酷な描写も少しあります)。フォレスト・ウィッテカーとジェームズ・マカヴォイの鬼気迫る演技にも作品自体にもすごく惹き付けられましたが…後味は良くないです。
ラストキング・オブ・スコットランド

↓この映画のサントラ(Alex Heffes)をiTunesでダウンロード
Alex Heffes & Orchestra - The Last King of Scotland
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(5)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.16 (Wed)

ボルベール<帰郷>

ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション
ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアベ、アントニオ・デ・ラ・トレ...

「ママ、話したいことが
 ヤマほどあるの。」


【ストーリー】
失業中の夫(アントニオ・デ・ラ・トレ)と15歳の一人娘パウラ(ヨアンナ・コボ)を養うため、せわしなく働くライムンダ(ペネロペ・クルス)。明るくたくましい彼女にも、10代の頃、確執のあった母がそのまま父と一緒に火事で亡くなってしまうという苦い過去があった。そんなある日、夫がパウラに関係を迫り、抵抗したパウラに刺し殺されてしまう。ライムンダは愛娘を守りたい一心で、夫の死体の処理に奔走、事件の隠蔽を図る。そのさなか、今度は故郷ラ・マンチャに住む伯母(チュス・ランプレアベ)の急死の報せが。ライムンダの姉ソーレ(ロラ・ドゥエニャス)が葬儀へ駆けつけたところ、彼女はそこで死んだはずの母イレネ(カルメン・マウラ)の姿を見掛けたという奇妙な噂を耳にするのだったが…。
【感想】
色鮮やかなポスターが印象深くて、明るく楽しい話だと思っていたけど意外にヘビーでした。でも、重さをそんなに感じさせない不思議な作品で、女優さんたちの魅力とちょっとミステリアスな雰囲気にのせられて一気に最後まで見てしまいました。見る前は母ってイメージじゃないと思っていたペネロペ・クルスも、しっかりと強くたくましい母を演じています。彼女の代表作になりそうですね。共感というのは違うんだけど、なんだか組み合わせの妙というか…いろんな部分に面白みを感じた作品でした。

↓この映画のサントラ(Alberto Iglesias)をiTunesでダウンロード
Alberto Iglesias - Volver: M?sica de la Pel?cula de Pedro Almodovar
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(14)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.12 (Sat)

ショーン・オブ・ザ・デッド

ショーン・オブ・ザ・デッド (ユニバーサル・セレクション2008年第6弾) 【初回生産限定】
ショーン・オブ・ザ・デッド (ユニバーサル・セレクション2008年第6弾) 【初回生産限定】
監督:エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、ケイト・アシュフィールド、ニック・フロスト、ディラン・モーラン、ルーシー・デイヴィス、ペネロープ・ウィルトン、ビル・ナイ、ピーター・セラフィノウィッツ、ジェシカ・スティーヴンソン...

【ストーリー】
ロンドンに暮らすショーン(サイモン・ペッグ)は、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、親友のエド(ニック・フロスト)とパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。そんな彼に長年の恋人リズ(ケイト・アシュフィールド)もついに愛想を尽かしてしまう。このままではいけないと自覚したショーンは、リズとヨリを戻すため、これまでのだらしない生活を改めようと決意する。ところが、ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、街にはゾンビが溢れ、生きた人間を次々と襲っていたのだった…。
【感想】
ゾンビ映画は得意じゃないし、ほとんど見たことがないんだけれど楽しめました。…いや、これ大好きかも。ほんと笑っちゃうんですよねぇ。「うわぁ…」って思ってしまう部分もあったけれど、爽やかなクイーンの曲が流れてきて爆笑でした。でも、笑わせるだけじゃなくて、意外にお話もちゃんとしていて面白いのです。ゾンビが死ぬ程苦手!というのでなければオススメです。

↓挿入曲「Don't Stop Me Now(Queen)」をiTunesでダウンロード
Queen - Queen: Greatest Hits - Don't Stop Me Now
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(6)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.08 (Tue)

クローサー

クローサー
クローサー
監督:マイク・ニコルズ
出演:ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン...

「カラダを重ねるたび、
 唇が嘘を重ねる。」


【ストーリー】
小説家志望のジャーナリスト、ダン(ジュード・ロウ)はある日ロンドンの街中で、ニューヨークからやって来たばかりの若いストリッパー、アリス(ナタリー・ポートマン)と出会う。恋に落ちた2人は間もなく同棲を始める。1年半後、ついに処女小説の出版が決まったダンは、訪れた撮影スタジオでフォトグラファーのアンナ(ジュリア・ロバーツ)に一目惚れしてしまう。彼女もダンに惹かれていたが、アリスとの同棲を知って身を引くことに。半年後、“アンナ”になりすましチャットでいたずらをするダン。ニセの“アンナ”につられて、水族館のデートに現われた医師ラリー(クライヴ・オーウェン)だったが、彼は偶然そこで本物のアンナと出逢う…。
【感想】
「男女4人の複雑に絡み合う恋愛模様を綴った大人のラブ・ストーリー」というキレイな説明があったけれど、そんなイイものじゃなかったです。ドロドロで、4人を見てるとイライラッときます。ムカムカさせられるほど冴える4人の演技と印象的なセリフは見物だけど、内容的に合いませんでした。役者の演技を堪能できるけど、イマイチ入り込めなかったという意味では「キャスティング・ディレクター」も同じだったなぁ…。
…クライヴ・オーウェンって宇梶剛士さんに似てませんか?
クローサー公式サイト

↓挿入曲「The Blower's Daughter(Damien Rice)」をiTunesでダウンロード
Damien Rice - O - The Blower's Daughter
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(8)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.07 (Mon)

インベージョン

インベージョン 特別版
インベージョン 特別版
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、ジェレミー・ノーサム、ジャクソン・ボンド、ジェフリー・ライト、ヴェロニカ・カートライト、ジョセフ・ソマー、セリア・ウェストン、ロジャー・リース、エリック・ベンジャミン...

「ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。」

【ストーリー】
ある日、スペースシャトルが原因不明の事故で地球に墜落。その残骸の中には、謎の生命体が付着していた。やがて間もなく、感情を失ったように人間の行動を変質させる謎の伝染病が発生する。そんな中、精神分析医のキャロル(ニコール・キッドマン)は、友人の医師ベン(ダニエル・クレイグ)と共に、この病原体が地球上のものではないことを突き止める。そして分析の結果、そのウィルスは人体に進入し潜伏すると、睡眠中に遺伝子を書き換え、人間ではない何かに変えてしまうものだと判明する。さらに、最愛の息子オリバー(ジャクソン・ボンド)がウィルスの拡大を阻止する鍵を握っていることも分かるが、元夫に預けていたオリバーの行方は分からなくなってしまっていた…。
【感想】
こういうSFチックなサスペンス、久しぶりに見ました。面白かったです。ラストが意外にサクッと終わってしまって物足りないとか、ゾンビ??とか、少し思うところはあるものの、普通に楽しめました。ジワジワと忍び寄る恐怖感が良かったです。ダニエル・クレイグは映画によってすごく変わりますよね。すごくカッコよかったり、老けてみえたり…もっと出番あってほしかったな~。
インベージョン

↓この映画のサントラ(John Ottman)をiTunesでダウンロード
John Ottman - The Invasion
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(5)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.06 (Sun)

ソウ4

ソウ4 DTSエディション
ソウ4 DTSエディション
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・ベル、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、コスタス・マンディロア、リリク・ベント、アシーナ・カーカニス...

「ジグソウ死す。」

【ストーリー】
ジグソウ(トビン・ベル)の死後、彼の遺体の中から蝋で固められた異質物が摘出される。それは、ホフマン刑事(コスタス・マンディロア)へ宛てた死のゲーム継続のメッセージテープだった。ジグソウにはまだ協力者がいると推察したホフマン、SWAT、FBIは、ただちに捜査を始めることに。そんな中、SWATの隊長リッグ(リリク・ベント)は自宅で何者かに襲われ、やがて目覚めるとバスルームに横たわっていた。そしてTVモニターには、どこかで囚われの身になっているホフマンと失踪中のエリック刑事の姿が映し出され、彼らを救うためのゲームに強制参加させられてしまう。制限時間は90分。こうしてリッグは、ジグソウと同じ手口でゲームを仕組む何者かに翻弄されていく…。
【感想】
3を見たときには「グロイだけじゃないか!」と少し怒りを覚えたので、今回は期待していませんでした(変な義務感だけで見ています)。でもやっぱり、いきなりのグロさに心拍数が上がっちゃいました…寝る前に見るもんじゃないですね。今回はジグソウの過去と、3の事件とシンクロする内容。3だけでも復習しておくと、より楽しめると思います。今作では面白さが復活していて、5も見よう!というテンションが上がりました。
ソウ4公式サイト

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Dope Stars Inc. - Saw 4

ソウの感想はコチラ
ソウ2の感想はコチラ
ソウ3の感想はコチラ
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(5)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.05 (Sat)

トゥームレイダー 2

トゥームレイダー 2 プレミアム・エディション
トゥームレイダー 2 プレミアム・エディション
監督:ヤン・デ・ボン
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェラルド・バトラー、クリス・バリー、ノア・テイラー、シアラン・ハインズ、ジャイモン・フンスー、ティル・シュヴァイガー、サイモン・ヤム、テレンス・イン...

「カラダが欲しがる世界の刺激。」

【ストーリー】
ある日、ギリシャのサントリーニ島で発生した大規模な地震の影響で、地中海海底に埋没していた“月の神殿”が2300年ぶりに姿を現わした。トレジャー・ハンター、ララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)もこの情報を聞きつけて現場に急行。神殿に入った彼女は、アレクサンダー大王像の胸に埋め込まれたメダリオンと鉄の檻に収められた黄金の珠を発見する。だが彼女がそれらを取り出そうとした時、突然現われた一味に襲われてメダリオンと珠を奪取されてしまう。その盗まれた珠には<パンドラの箱>の所在が示されていた。彼らの正体とその陰謀を知ったララは珠の追跡に乗り出すが…。
【感想】
前作がイマイチな印象だったのでレンタルする気はありませんでしたが、たまたま金曜ロードショーでやっていたので見てみることに。前作よりテンポもいいし、派手な作りで楽しめたのですが、しりすぼみ感が否めませんでした。映画館だったら最後まで楽しめたかな。水中でサメを殴っちゃうアンジーは強すぎて笑っちゃったけど、この役似合ってますよね。

↓この映画のサントラ(Alan Silvestri)をiTunesでダウンロード
Alan Silvestri - Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life

トゥームレイダー1&2ツインパック 「ウォンテッド」公開記念スペシャル・プライス版
トゥームレイダー1&2ツインパック 「ウォンテッド」公開記念スペシャル・プライス版
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.03 (Thu)

マイ・ブルーベリー・ナイツ

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション
マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション
監督:ウォン・カーウァイ
出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、デヴィッド・ストラザーン、レイチェル・ワイズ、ナタリー・ポートマン...

「ニューヨークから5.603マイル
 あなたのブルーベリー・パイが恋しい」


【ストーリー】
ニューヨークのとあるカフェ。失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、この店のオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)が焼くブルーベリー・パイを食べ少しだけ心癒やされる。それでも、なかなか別れた恋人のことが忘れられない彼女は、ついに宛のない旅に出る。仕事をしながらメンフィス、ラスベガスとアメリカを横断していくエリザベス。彼女はその先々で、それぞれに愛を求め愛に傷つく人々と出会い、彼らと束の間の時間を共有していく中で新たな自分を見いだしていく。
【感想】
見終わった後、とても満たされた気分になりました。寂しさや切なさ、優しさと温もり…たくさんの感情がありましたが、どれも押し付けがましくなくて心地よかったです。そういうところも優しいな、って勝手に思ってしまったり。ちょっと不思議な感じのポスターだなと思っていたんですが、…イイですねぇ。まったりと甘さに酔いしれたい人にオススメの作品です。昔はこういうの受け付けなかったのに、最近は好みがすっかり乙女チックになっちゃいました。
マイ・ブルーベリー・ナイツ公式サイト

↓この映画のサントラをiTunesでダウンロード
Norah Jones - My Blueberry Nights (Music from the Motion Picture)

↓挿入曲「The Story(Norah Jones)」をiTunesでダウンロード
Norah Jones - My Blueberry Nights (Music from the Motion Picture) - The Story
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
マ行  |  TB(20)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.01 (Tue)

団塊ボーイズ

WILD HOGS/団塊ボーイズ
WILD HOGS/団塊ボーイズ
監督:ウォルト・ベッカー
出演:ジョン・トラヴォルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー、マリサ・トメイ、ジル・ヘネシー、レイ・リオッタ...

「人生は一度きり。泣いて、笑って、
 ジタバタしようぜ。」


【ストーリー】
アメリカの閑静な住宅街に暮らす4人の男たち。実業家のウディ(ジョン・トラヴォルタ)は自己破産したうえ妻にも逃げられ、歯科医のダグ(ティム・アレン)は日々のストレスをメタボリックな腹にためこみ、小説家志望のボビー(マーティン・ローレンス)は執筆活動に励むうち家族から粗大ゴミ扱い、そしてパソコンオタクのダドリー(ウィリアム・H・メイシー)は気がつけば完全に恋愛運から見放されていた。そんな彼らは、週末になると共通の趣味である愛車ハーレーを転がし、酒盛り場でダベっては自分たちの人生を嘆いていた。するとある日、ウディが突然、ハーレーを駆って太平洋まで自由気ままなロード・トリップをしよう、と突拍子もない提案を持ちかける。はじめは腰が重かった3人も、やはり男ならではの憧れを捨てきれず、ついに4人であてのないアメリカ横断の大冒険に繰り出すが…。
【感想】
冴えない日々から解放されようと旅に出るオジサンたち。ホント冴えなくて、旅でもジタバタドタバタ…。ちょっと空回りな感じが「いるいる、こんなオジサン」と思わせてくれます。なんだか可愛いオジチャンたちなんですよね~。物足りなさを感じる人もいるかもしれないけれど、たくさん笑って、いい感じに肩の力が抜ける作品。ホ~ッと一息つけた感じがしました。ドライブのお供に良さそうな曲ばかりで気持ち良かったのだけど、サントラってないのかな??
団塊ボーイズ

↓挿入曲「Lost Highway(Bon Jovi)」をiTunesでダウンロード
Bon Jovi - Lost Highway - Lost Highway
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(3)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。