アレンジメント
ひめの映画おぼえがき es[エス]

*ブログポリシー  All archives    Admin

01月≪ 2017年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'07.08 (Sat)

es[エス]

es[エス]
es[エス]

監督:オリバー・ヒルシェヴィゲル
出演:モーリッツ・ブライプトライ、クリスティアン・ベッケル、オリバー・ストコフスキー、 ユストゥフ・フォン・ドーナニー...


「被験者求む。」


【ストーリー】
「被験者求む。模範刑務所で2週間の心理実験。報酬は4000マルク」という新聞広告を目に留めたタレク(モーリッツ・ブライプトライ)。かつては敏腕記者だったが今はタクシーの運転手をしているタレクは、この実験をレポートし記者として復活しようと考え、さっそく申し込むことに。面接に合格し、タレクを含む20人の被験者が集められ実験はさっそく開始された。実験用に用意された刑務所内では被験者たちが看守と囚人に分けられた。始めは皆、お金だけもらい、さっさと終らせようと遊び半分で参加していた実験だったが、1日経つか経たないかの間に、被験者たちの態度に変化が現れ、実験はとんでもない方向へ・・・!
【感想】
1971年、スタンフォード大学心理学部で実際に行われた心理実験を元にした作品です。「怖い」と友人から聞いていたのですが、自分が想像していたものとは違った怖さを感じました。人間の狂気というか、本質を見せつけられた気がします。実際にこんなことが起こってしまうものなのだろうか?という疑問を持ちながらも、妙なリアルさに納得させられ恐怖を感じました。ガツンと衝撃を与えられ、見終わった後には放心状態になってしまいました。映像もとても効果的で、いろんなシーンが目に焼き付いています。作品の元になった実験については「スタンフォード監獄実験」で検索すると、たくさん出てくるので見終わった後に調べてみるのもいいかもしれません。
es[エス]
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/114-3e96a556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。