アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ミッション・トゥ・マーズ

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'09.04 (Sun)

ミッション・トゥ・マーズ

ミッション・トゥ・マーズ
ミッション・トゥ・マーズ

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ゲイリー・シニーズ 、ティム・ロビンス 、ドン・チードル 、コニー・ニールセン 、ジェリー・オコンネル...

「試されるのは愛か、野望か・・・?西暦2020年--人類は火星に裁かれる。」

【ストーリー】
2020年、人類は遂に史上初の有人による火星探査を実現。4人の乗組員を乗せたマーズ1号は6ヶ月かけて火星に到着し、探査を続けていた。だが、5ヶ月後に火星で異変が発生!!乗組員3人が死亡してしまう。唯一の生存者ロークから謎の交信を受けたNASAは、早速マーズ2号での救助ミッションを開始。乗組員は熟練のジム(ゲイリー・シニーズ)、ウッディ(ティム・ロビンス)と妻テリー(コニー・ニールセン)、そして若手のフィル(ジェリー・オコンネル)。危険な旅の末に、火星へたどり着いた一行が目にしたものは・・・?
【感想】
火星へ行く物語です。人類は月へは行きましたが、火星はまだですよね。火星人がいるとか、いろんな噂?みたいなのがありますよね。そういうのを想像しながら見ました。ストーリーは想像通り、火星への到着まで、そして到着してからも困難が待ち受けています。でも、ここで乗組員が目にした宇宙人(火星人?)は私の想像していたものとは全く違うものでした。宇宙人に出会ってからのストーリーは意外性があって良かったと思います。実はこの映画はあまり評判が良くないんですよね。でも、SFが苦手なはずの私は結構楽しめちゃいました。
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
マ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/156-eca16601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ミッション・トゥ・マーズ

ゲーリー・シニーズ主演のスペース・ファンタジー。「2001年宇宙の旅」に似ているといわれますが、そのストーリーはともかく、映像的なテクニックに見どころがあります。
2010/03/31(水) 18:52:57 | 映鍵(ei_ken)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。