アレンジメント
ひめの映画おぼえがき バトル・ロワイアル

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.04 (Thu)

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル

原作:高見広春 監督:深作欣二
出演:藤原竜也、前田亜季、ビートたけし、山本太郎、栗山千明、塚本高史、安藤政信、柴咲コウ...

【ストーリー】
大人の自信を取り戻すため可決された新世紀教育改革法「BR法」それは、全国の中学3年生から選ばれた1クラスの生徒たちを無人島に集め、最後のひとりになるまで殺し合いをさせる残酷なサバイバルゲームだった。ある日突然、42人の生徒に強制される殺し合い。歯向かえば容赦なく消され、おびえ怒りながらも与えられた武器を手に、自分たちの命をかけた殺戮ゲームの幕を切る。初めて味わう死と隣り合わせの極限状態で、夢、希望、願い、友情・・・さまざまな自分の思いと向き合いながら武器を抱えて走る彼らの姿に、凝縮された青春像が垣間見れる。
【感想】
見たいと思いながらも怖くてDVD返却日ギリギリまで見れなかった作品です。よし、見る!と覚悟を決めて見ました。最初から異様な雰囲気が漂っていて、2時間ずっと緊張して見ていた気がします。昨日までクラスメートだった42人が殺し合いをさせられる。「殺さなきゃ殺される」そんな極限状態での生徒たち。冷静に対策を考える者もいれば、びびってしまう者もいる。すごく過酷な状況で展開されていく作品でした。血が苦手な私にはちょっと強烈でした。だけど、見終わった後はいろいろと考えるものがありました。ちなみに、安藤政信さん、「サトラレ」と同じ人とは思えない凄まじい演技でした。

↓挿入曲「レクイエム」をiTunesで入手
ドレスデン・シュターツカペレ, ペーター・シュライアー & ライプツィヒ放送合唱団 - TVで聴いたモーツァルト TOP10 - レクイエム K.626~怒りの日
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/180-37cb56e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

バトル・ロワイアル(DVD)

「今日はみんなに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」
2008/01/14(月) 10:49:38 | ひるめし。

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。