アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ALWAYS 三丁目の夕日

*ブログポリシー  All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'12.03 (Sun)

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、須賀健太...

「携帯もパソコンもTVもなかったのに、
 どうしてあんなに楽しかったのだろう。」


【ストーリー】
昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子(堀北真希)がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)。彼はひょんなことから、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)のもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介(須賀健太)の世話をすることになるのだが・・・。
【感想】
この時代を生きてきたわけではないのに、なぜか懐かしい気持ちになりました。CGで上手く昭和33年の雰囲気を出していましたよね。そのへんはジッと見入ってしまいました。愛すべきキャラクターがたくさん出てきてほのぼの温かくなれました。2007年11月公開の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は4ヶ月後のお話になっているそうです。
ALWAYS 三丁目の夕日

↓「三丁目ポッドキャスティング」を登録
(c)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会 - 11月5日公開の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』オフィシャルサイトがお送りする「三丁目ポッドキャ - 11月5日公開の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』オフィシャルサイトがお送りする「三丁目ポッドキャ
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(13)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

腐ったシュー・クリーム食べてお腹こわした堀北真希ちゃんも笑えました。
だから、冷蔵庫買ったんでしたよね。
ひらりん | 2006年12月03日(日) 23:15 | URL | コメント編集

>ひらりんさん
掘北真希ちゃんの青森弁よかったですよね^^
シュークリームは「やっぱり食べたんだ・・・」って思いました(笑)
ひめ | 2006年12月03日(日) 23:34 | URL | コメント編集

暖かい気分にさせてくれる良い映画でしたね。
私の子供の頃は、まだこの映画の世界が僅かに残ってたような気がします。
色々な意味で懐かしい映画でした。
ノラネコ | 2006年12月04日(月) 00:10 | URL | コメント編集

>ノラネコさん
懐かしい気分になりホッとしました。
こういう落ち着ける映画もいいですよね。
ひめ | 2006年12月04日(月) 18:52 | URL | コメント編集

面白い映画でした。

でもやっぱり、山崎監督は次回作に「続編」以外のものをやってもらいたかったなぁ。

てなわけで、TBありがとうございました。
にら | 2006年12月08日(金) 14:31 | URL | コメント編集

>にらさん
ん~、そうですね。
続編以外のものも見てみたかった気もしますよね。
ジュブナイルやリターナー、そして三丁目の次はどんなものを??って思いますもんね^^
ひめ | 2006年12月08日(金) 19:55 | URL | コメント編集

ひめさん、コメントありがとうございました。

この映画、王道の展開なのですが、その時代に生きていないのに、非常にノスタルジックな気持ちになり、そしてほのぼのとさせてくれる作品でした。

堤のキャラは非常によかったですね。

では。
イエローストーン | 2006年12月19日(火) 16:27 | URL | コメント編集

>イエローストーンさん
そうなんですよね~。
懐かしい気持ちになりますよね。
「続・三丁目の夕日」も楽しみですよね!
ひめ | 2006年12月19日(火) 19:58 | URL | コメント編集

温かい気持ちになれていい映画でしたよね。
みんなにそう伝えられる内容でした。
私は薬師丸ひろ子のおかあさん役がグッと来ました。
ジュン | 2006年12月20日(水) 21:37 | URL | コメント編集

>ジュンさん
おすすめ映画ですよね^^
堤さんのあのお父さんにピッタリのお母さん役でしたよね♪
ひめ | 2006年12月20日(水) 21:48 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/198-be425f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日

 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・
2006/12/03(日) 18:30:54 | ネタバレ映画館

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」

出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。 物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受けるが、
2006/12/03(日) 18:47:16 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

『ALWAYS 三丁目の夕日』

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS
2006/12/03(日) 20:09:25 | 京の昼寝~♪

★「ALWAYS 三丁目の夕日」

久しぶりに映画館のはしごをしてきました。こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。あらすじ昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。町場の修理工場・鈴木オート
2006/12/03(日) 23:09:18 | ひらりん的映画ブログ

ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・評価額1400円

この映画を観ていて「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を思い出した。「昭和」に限りないノスタルジーを感じ、思い出の世界こそ理想と考える一団が、古き良き「昭和」の世界を再現したテー
2006/12/03(日) 23:36:33 | ノラネコの呑んで観るシネマ

映画:「ALWAYS 三丁目の夕日」~コロナで

懐かしいです! そしてすばらしい! △映画館のパネルたぶんDVDの普及やBSCS放送やインターネットコンテンツなど、劇場公開以外の供給が多様化したことが、結果映画制作にとってはプラスに働いた面があるの
2006/12/08(金) 01:18:31 | David the smart ass

『ALWAYS~三丁目の夕日』

新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがないったらありゃしない。
2006/12/08(金) 14:32:58 | ねこのひたい~絵日記室

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』決定~

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台は4ヵ月後へ東京五輪開催の年に 昨年大ヒットを飛ばした『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編が決定したそうです昭和39年の東京オリンピックが舞台となる模様です   監督は前作同様、山崎貴監督。 キャストも前作同
2006/12/08(金) 21:33:13 | 京の昼寝~♪

ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!!

ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
2006/12/18(月) 00:35:10 | 名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など

ALWAYS 三丁目の夕日

2005年監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子 、堀北真希、須賀健太、三浦友和良い作品だ、泣ける作品だといろいろなところでたくさん目にしていたので期待も大きい反面そんな感動作を見て自
2006/12/20(水) 21:35:54 | BLACK&WHITE

50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」

昭和33年、東京の下町。
2006/12/21(木) 00:13:47 | 取手物語~取手より愛をこめて

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年)

【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
2007/05/24(木) 10:21:27 | シネマテーク

ALWAYS 続・三丁目の夕日

舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
2007/11/03(土) 18:54:32 | 勝手に映画評

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。