アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 阿修羅のごとく

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'12.25 (Mon)

阿修羅のごとく

阿修羅のごとく
阿修羅のごとく

監督:森田芳光
出演:大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、小林薫、中村獅童、八千草薫...

「女は微笑む顔で、鬼になる。」

【ストーリー】
昭和54年の冬。竹沢家の三女・滝子(深津絵里)が突然3人の姉妹全員を呼び集めた。滝子は探偵の証拠写真を示し、70歳になる父・恒太郎(仲代達矢)に愛人と子供がいると伝える。4人は母には知らせないようにと約束する。だが、彼女たちも互いに人には言えない問題を抱えていた。華道で生計を立てる未亡人の長女・綱子(大竹しのぶ)は、妻子ある男性と付き合っている。次女・巻子(黒木瞳)は夫の浮気を疑い始めていた。潔癖症の滝子は、父の調査を頼んだ内気な青年との恋が足踏み状態。四女・咲子(深田恭子)は売れないボクサーと同棲中。母・ふじ(八千草薫)だけが、何も知らずに平穏な日々を過ごしているようだった・・・。
【感想】
タイトルから怖くてドロドロとしたものを想像させますが、意外とカラッと描かれていて135分の長さも気になりませんでした。俳優陣はとても豪華で演技の掛け合いは見応えありました。中村獅童さんは今までに見た事のない役柄でちょっと笑ってしまいました。(あれが「男たちの大和/YAMATO」の内田と同一人物だなんて・・・)フランス語のテーマ曲がかなりいい味を出していました。

↓挿入曲「Comme a[、] la Radio(Brigitte Fontaine)」をiTunesで入手
Brigitte Fontaine - Comme !) la Radio - Comme !) la Radio
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(3)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

硫黄島からの手紙の中村獅童さんはさらにイメージがかわっちゃうような役でしたぁ。

今の中村獅童さんの状況とも少し重なっていたような・・・。
スヌーピー | 2006年12月27日(水) 01:22 | URL | コメント編集

>スヌーピーさん
今の状況と重なって・・・と言われると
なんかいろいろ想像しちゃいますね・・・(笑)
ひめ | 2006年12月27日(水) 21:31 | URL | コメント編集

大竹と桃井が実生活とは
反対の役柄になって
話題を呼びましたね。

これは、NHKのドラマの方が
断然面白かったです。
音楽もドラマの方が勝ち!
「阿修羅の如く」と聞くだけで
ドラマの音楽が出て来るほどです。

hiropoo | 2006年12月28日(木) 14:49 | URL | コメント編集

>hiropooさん
大竹さんと桃井さんが実生活と反対の役柄って
そんな事があったのですね。
ドラマ良かったみたいですね。
八千草さんが次女だったんですよね。
ひめ | 2006年12月28日(木) 15:45 | URL | コメント編集

桃井と婚約中の男を
大竹が横取りして
結婚しちゃったの。
さんちゃんの前の旦那。

そんな事もあって
あんな大竹が魔性の女と
言われました。
hiropoo | 2006年12月29日(金) 00:29 | URL | コメント編集

>hiropooさん
知りませんでした!!
それは話題になりますよね。
あの2人の戦いは壮絶でした・・・。
ひめ | 2006年12月29日(金) 00:46 | URL | コメント編集

訪問ありがとうございます☆
映画私は全くわからないんですよ・・・。よかったら彼と見るのにいい映画紹介してください!!最近の映画で知っているものといえばどうぶつの森でしょうか。。
私にはあらすじみたいな難しいことがかけないのでひめさんは文章能力がおありなんですね。。(うらやましい!!)
これからもその力を存分に使ってがんばってください♪
pacchu☆ | 2006年12月29日(金) 01:33 | URL | コメント編集

>pacchu☆さん
コメントありがとうございます。
あらすじは映画のサイトから拝借しているんです。
自分の文章は感想のとこだけです。
文章って難しいですよねぇ~;;
ひめ | 2006年12月29日(金) 07:32 | URL | コメント編集

そうですよね。。まず、私の場合は日本語がちゃんとなってないのでもんだいなのですがww
pacchu☆ | 2006年12月29日(金) 13:36 | URL | コメント編集

>pacchu☆さん
私の日本語もあやしいもんです(笑)
ひめ | 2006年12月29日(金) 15:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/207-ef7e8036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

阿修羅のごとく

2003年。原作は向田邦子。そして1979年にTVドラマとして放映された同作のリメイク作品となります。そして監督は出ました森田芳光。当時話題になったドラマのリメイクといういかにも今の潮流で、商業ベースに乗ってきそうなところにいつも彼の名が。まぁ逆にそういう点であ
2006/12/28(木) 22:47:08 | helloalive

阿修羅のごとく(DVD)

女は微笑む顔で、鬼になる。
2007/07/26(木) 17:28:17 | ひるめし。

阿修羅のごとく

阿修羅のごとく HP原作 向田邦子出演 大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子、小林薫、中村獅童、仲代達矢、八千草薫監督 森田芳光製作 2003 日本story堅物で通っている老いた父親に愛人がいるらしい。三女・滝子が突き止めた一大事に、普段は疎遠な四姉妹が急遽...
2007/09/16(日) 20:36:38 |   playt&cinemacoco+ 徳島トリエンナーレ2007

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。