アレンジメント
ひめの映画おぼえがき リバティーン

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.15 (Mon)

リバティーン

リバティーン
リバティーン

監督:ローレンス・ダンモア
出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク、トム・ホランダー、ジョニー・ヴェガス...

「17世紀イギリス。閃光のように現われ、燃え尽きた美しき男。」

【ストーリー】
1660年代、王政復古のイギリス。国王の親族が居並ぶ大事な宴の席で卑猥な詩を朗読して国王の怒りを買い幽閉されていた第二代ロチェスター伯爵こと詩人のジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)。恩赦を受けて3ヵ月ぶりにロンドンへと戻ってくる。しかし、ロンドンでは相も変わらず悪友たちと酒を酌み交わし、娼婦を抱く放蕩の日々。そんなある日、ジョンは訪れた芝居小屋で観客のブーイングを浴びていた若い女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)に目を留める。彼女の隠れた才能に気づいたジョンは自ら演技指導を申し出る。悪名高いジョンを警戒して固辞するバリーだったが、ジョンの熱意に押し切られ、翌日から2人は一対一で稽古を開始するのだった。
【感想】
とても興味深く見ました。歴史が好きだからか?ジョニー・デップが好きだからか?自分でも明確な理由はわからなかったりします。元々、舞台劇だったのを映画化したもので「私は舞台劇にも興味あるのかな?」と結構自分についてもいろいろ考えちゃいました。でも・・・内容が内容なだけに嫌悪感を持つ人もいると思います。短髪のジョニー・デップはすごくカッコイイけど!
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(15)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ひめさん☆
こんばんはーTBありがとう♪
これ、賛否両論ですよね。
ひめさんは満足でしたのね☆
mig | 2007年01月15日(月) 23:59 | URL | コメント編集

ジョニデならではの作品でしたねっ。
だから、ジョニデ好きはやめられないっ・・て感じです。
ひらりん | 2007年01月16日(火) 00:28 | URL | コメント編集

こんばんは☆

はじめまして、でしょうか。
芸術家というものは世間一般的にはかなり高貴だと思われているようですが、本当はもっと俗っぽいのだと思います。
そういうところのジョニーの演技には本当泣かされました。
映像は当時をかなりリアルに再現してましたよね。
見た直後はそれも受け入れがたかったのですが、今では結構好きな部類の作品だったなと思えます。

これからもどうぞよろしくお願いしますね♪
シャーロット | 2007年01月16日(火) 01:23 | URL | コメント編集

この天才肌のお方の揶揄表現等
お馬鹿な私は全く分からず。
ジョニデだけが役者冥利に尽きる役を
やって、気分いいんやろうね!って
思いましたが…。

主人公と合い通じるところがあったの
だろうなと思いました。
出演、即決めだったらしいですからね。
hiropoo | 2007年01月16日(火) 19:04 | URL | コメント編集

>migさん
なかなか一般受けする内容じゃないですもんねぇ~。
私は満足でした^^

>ひらりんさん
ですねぇ~。
最近は家族向けっぽい役が多かったから
ちょっとびっくりしましたけど(笑)

>シャーロットさん
はじめまして♪
これからよろしくお願いします。
暗くてちょっと汚い感じとかリアルでしたよね~。

>hiropooさん
ジョニデがとってもイキイキと演じているように見えました。
脚本を3行読んで決めたって話ですよね~。
最初のセリフの当たりですかね??
ひめ | 2007年01月16日(火) 20:53 | URL | コメント編集

私はジョニーファンゆえ、内容よりも彼の存在で
見てしまった作品なのでまともな感想とはほど遠いんですけど
TBさせてもらいますね。
ひめさんもこの作品楽しめたようでよかったです。
ジュン | 2007年01月16日(火) 21:27 | URL | コメント編集

>ジュンさん
いやいや・・・私のはいつもまともな感想と言えなくて・・・(汗
これ、すっごくジョニデにやられちゃいますよねぇ。
目にやられちゃいますよね。
ひめ | 2007年01月16日(火) 21:38 | URL | コメント編集

ひめさん、初めまして♪
コメント&TB,ありがとうございました☆
そして、初めて来たのですが、お気に入りに登録してくださっていたのですね。驚きました&ありがとうございます。
私も舞台劇ものって、とっても好きだったりします。
実際に舞台にハマっている友達なんかを見ると、ああ、いいなあ~、そういう世界楽しそうで!なんて思います♪
あと、話は変わりますが、最近のお気に入りにある、『マッチスティックメン』と、『リトル・ダンサー』。
特に、私『マッチスティックメン』が、大好きなんで、とっても嬉しく思ってしまいました♪いいんですよね、あのニコラス・ケイジがまた☆^^
とらねこ | 2007年01月16日(火) 23:09 | URL | コメント編集

>とらねこさん
コメントありがとうございます♪
これからよろしくお願いします。
映画を見ていると、いろんな発見もあるし
自分の趣味が広がったりしますよね^^
とらねこさんも「マッチスティックメン」好きですかー!
うれしいです。
ひめ | 2007年01月16日(火) 23:23 | URL | コメント編集

足跡から来ました~!
ジョニデは格好いいし、本当にいい役者ですよね~

応援ポチっと

それでは失礼しま~す
<(_ _)>
うめ | 2007年01月18日(木) 23:26 | URL | コメント編集

>うめさん
コメントありがとうございます!
コメント残したことなかったけど、たまにのぞいてました~。
よかったら、また遊びにきてやってください。
ひめ | 2007年01月18日(木) 23:38 | URL | コメント編集

衝撃的な内容でしたよね。
でも、ジョニー・デップ以外の配役は、
考えられないなーと、思いました。
確かに短髪もよかったです。
葵 | 2007年01月20日(土) 16:07 | URL | コメント編集

>葵さん
想像してたものと全然違って衝撃的でした。
男の色気もあるジョニデだからできた役だって感じしますよね~。
ひめ | 2007年01月20日(土) 19:44 | URL | コメント編集

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございます。
ジョニーが出ていなかったら見ていなかった作品です(^^;
無茶苦茶なのに憎めない、、
オープニングで鷲掴みされましたv-238
PINOKIO | 2007年01月21日(日) 01:53 | URL | コメント編集

>PINOKIOさん
憎めないですねぇ~。
オープニングとエンディング、あれは目が離せないですね♪
ひめ | 2007年01月21日(日) 23:00 | URL | コメント編集

はじめまして♪
「リバティーン」を観られたんですネ^^
私もJ.ディプの映画は好きなんですが、
この映画のレビューを拝見すると
何だか尻込みしちゃってます・・・。ジョニーさんのイメージは
私の中ではある種、「エロくない」清潔さを
保っていたいなぁなどと勝手に思い込んでたりします^^
また、おじゃまさせていただきますね^^
ぴーち | 2007年02月09日(金) 13:35 | URL | コメント編集

>ぴーちさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
清潔さ・・・それを壊したくないとなるとあんまりオススメできないかも・・・。
でもでも、この作品でもとってもカッコイイですよ♪
それは保証します^^
ひめ | 2007年02月09日(金) 22:43 | URL | コメント編集

ひめさん、コメント&TBありがとうございました☆

私はちょっと不快に思ってしまいました・・・。
凡人の典型のような私では、天才さんのセンスについていけなかったからかな(笑)
ジョニー・デップは本当に実力派ですよね~。
彼意外ではこの役は演じ切れなかったでしょう。
ぴぃち | 2007年03月05日(月) 22:37 | URL | コメント編集

>ぴぃちさん
天才って大胆だなーって思いました(笑)
端から見ている分には楽しめたけど、身近にいると大変そうですよね。
女の友達には「いいよ!」となかなかすすめられないでいます・・・。
ひめ | 2007年03月05日(月) 23:58 | URL | コメント編集

こんにちは!

ひめさん、こんにちは!
こちらにお邪魔させて頂きますね。
ジョニー・デップが大好きでなければ観てなかった映画でした。
ちょっと嫌悪感を持ってしまって・・・(汗)
でも流石はジョニーですね。ロチェスター伯爵になりきって演じていましたv-238
由香 | 2007年05月15日(火) 18:45 | URL | コメント編集

レスです

>由香さん
そうですよね~。
この内容は特に女性は嫌悪感持ちますよね・・・。
と言いつつ、自分はそういうの感じなかったので
「どうしよう」って変に焦りました(笑)
ロチェスター伯爵のジョニーも素敵でした♪
ひめ | 2007年05月16日(水) 00:09 | URL | コメント編集

こんばんは、ホーギーです。
この映画のジョニーの演技は素晴らしいですね。
特に梅毒と酒に侵された後半の演技には圧巻です。
そして、ストーリーも壮大なオペラのようで、
最後までテンションが高い、素晴らしい作品だと思いました。
また、共演のマルコビッチの国王も実にいい味を出していたし、
自分の意志を貫き通したサマンサ・モートン、
最後までジョンを愛し続けた妻役のロザムンド・パイクも
良かったですね。
なお、TBもお願いします。
ホーギー | 2008年04月20日(日) 18:02 | URL | コメント編集

レスです

>ホーギーさん
こんばんは。
この作品はジョニーファンの中でも賛否両論ですよね~。
ジョニーをはじめ、役者さんの演技は素晴らしいけれど
やっぱり内容が・・・見る人を選びますよね。
私は中世モノが好きなので、衣装とかも楽しめました♪
ひめ | 2008年04月20日(日) 22:17 | URL | コメント編集

こんばんは、私のブログへのTBどうもありがとうございました。
仰るとおり、この作品にはジョニーファンでも賛否両論あるようですね。
私はやっぱりこの役を見事に演じたジョニーの演技はもちろん、
他の映画とはちょっと違った内容、他のキャストの素晴らしい演技、
そして、ストーリーも含めて全体的な作品の出来としても
いい映画だと思います。
ホーギー | 2008年04月20日(日) 22:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/218-074bb72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

リバティーン(映画館)

17世紀ロンドン。天才詩人と舞台女優。二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。CAST:ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ/ロザムンド・パイク 他■イギリス産 110分”僕が女だったら、妊娠しますよコノ映画。”byオダギリジョーこのオダ
2007/01/15(月) 21:12:06 | ひるめし。

リバティーン

 「私を好きになることはあるまい」などと言われると、つい逆らってみたくなっちゃいます。
2007/01/15(月) 23:39:00 | ネタバレ映画館

リバティーン/The Libertine

「どうか私を好きにならないでくれ....。」なんて言ちゃって、一体どんなナルシストなんだ~。と観たいリストに入れてはいたものの、きっと眠くなるような作品なんだろうなーと気合いをいれて、期待もしないで観たら。。。なかなかつまらなかった(笑どうつまらないかって、
2007/01/15(月) 23:57:03 | 我想一個人映画美的女人blog

★「リバティーン」

ジョニー・デップ主演。今週は観たい劇場公開作が目白押しだったけど・・・時間の関係でジョニデの作品をナイトショウで・・・3~40人くらいは入ってたかなっ。
2007/01/16(火) 00:27:48 | ひらりん的映画ブログ

リバティーン

リバティーン…放蕩(ほうとう)者、 自由思想家…17世紀(1660年代)に生きた、破天荒な放蕩詩人ジョン・ウィルモット、第二代ロチェスター伯爵の壮絶な生き様を描いた作品。重点はあくまで、ロチェスター伯爵。ストーリー展開や時代背景はあまりにも混沌としていて、結構分
2007/01/16(火) 01:18:03 | シャーロットの涙

『リバティーン』

17世紀末イギリス。閃光のように現れ、燃え尽きた美しい男&nbsp;■監督 ローレンス・ダンモア■キャスト ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク□オフィシャルサイト  『リバティーン』 17世紀、王政復古のイギリス。
2007/01/16(火) 08:46:18 | 京の昼寝~♪

リバティーン

【The Libertine】2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ公開初日の今日ジョニー・デップ主演の『リバティーン』を観てきました。
2007/01/16(火) 21:25:19 | BLACK&WHITE

149.リバティーン

これを見て自分を好きになれるか?とカメラ目線で語りかけるジョニー・デップ。大ヒットシリーズの『パイレーツ・オブ・カリビアン~』のシリーズの1と2の間の公開作品がこれっていうのが、なんだかとってもジョニー・デップらしいというか、何と言うか。“役者ジョニー..
2007/01/16(火) 23:11:03 | レザボアCATs

リバティーン

リバティーンTHE LIBERTINE2005年 イギリス あんまり好きなタイプの映画じゃないけど、ジョニーの演技はなかなか良かった。基本的に自業自得で身を滅ぼすタイプの人間なんて、どうでもいいやって思ってしまう
2007/01/18(木) 15:45:43 | cinema note+

リバティーン

エロかっこいいジョニー・デップ。 R-15
2007/01/21(日) 01:45:15 | 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α

リバティーン / THE LIBERTINE

2005 / イギリス監督:ローレンス・ダンモア CAST:ジョニー・デップ / サマンサ・モートン / ジョン・マルコヴィッチ / ロザムンド・パイク / トム・ホランダー / ジョニー・ヴェガス / ケリー・ライリー / ジャック・ダヴェンポート 17世紀の英国。王(ジョン・...
2007/03/05(月) 22:38:49 | Sapphire

リバティーン

ごめんなさい・・本当にごめんなさいヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ相変わらず彼の演技には脱帽つかみの台詞もスンゴクよかったでも映画に入り込めたのはその最初の台詞だけでした。深すぎて私には理解ができないのか、多分そういう部分もあるのだろうけど評価をつけるのが難しい(;
2007/04/28(土) 15:46:42 | Free &amp; Easy

リバティーン

ジョニー・デップ大好き人間でありながら、この映画は未見だった。近所で公開されなかった事と、評判が芳しくなかったので、二の足を踏んだのだ。WOWOWで恐る恐る鑑賞~【story】1660年代、王政復古のイギリスで、ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモット(ジョニー・デッ
2007/05/15(火) 18:42:31 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

リバティーン/ジョニー・デップ

密かに細々とジョニー・デップ祭り続行中ぅ。 ホントは「スウィーニー・トッド2度目 」のときに一緒にアップしようと思って書いた感想記事なのにオムツ事件のせいですっかり忘れちゃってました。 思い出せたのは、たまたま今日は体調不良で予定してた映画鑑賞をキャ
2008/03/01(土) 10:28:06 | カノンな日々

リバティーン

本作品のキーワード : 『Do you like me now?』  【公   開】 2006年 【時   間】 110分 【製 作 国】 イギリス 【監   督...
2008/04/20(日) 18:01:30 | <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。