アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ロミオ+ジュリエット

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'08.29 (Mon)

ロミオ+ジュリエット

ロミオ&ジュリエット
ロミオ&ジュリエット

監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、クレア・デーンズ、ブライアン・デネヒー、ポール・ソルビノ、ミリアム・マーゴイルズ...

「最も偉大な永遠の愛の物語。」

【ストーリー】
シェイクスピアの悲劇『ロミオとジュリエット』を、舞台を現代に移し、大胆な脚色で描いた作品である。モンタギュー家のロミオ(レオナルド・ディカプリオ)と、キャピレット家のジュリエット(クレア・デーンズ)。敵対する両家の2人は、ある日パーティーで出会い、一目で恋に落ちる。しかしこの2人の恋が、両家の争いに新たな火をつけることになる。現代版の『ロミオとジュリエット』は、無国籍風な街を舞台に、カラフルな色彩に彩られた美術や衣装とともに物語が展開していく。アクションは斬新で、剣はガンに変わる。新感覚の『ロミオとジュリエット』。
【感想】
「ロミオとジュリエット」、シェイクスピアの中でとても有名な作品ですよね。誰もが知っているストーリー。これが現代風にアレンジされています。ロミオとジュリエットが恋に落ちる様子がとても綺麗に演出されていました。ディカプリオはこの作品のときが一番美しかったのではないかな、と思います。それよりも私の目にとまったのはジュリエット役のクレア・デーンズ。かなり可愛かったです。この2人の演技は見所です。題名の「ロミオ+ジュリエット」、この「+」の字は十字架を表しているらしく見れば納得のシーンがあります。

↓挿入曲「Local God(Everclear)」をiTunesで入手
Everclear - The Best of Everclear - Local God
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

レオ君最高!!

ひめさん、こんにちは!
先日『トリスタンとイゾルデ』で萌えたので、こちらも鑑賞してみました。
この時のレオ君は最高に美しかったですね~~~
もう胸がキュンキュンして倒れそうな美しさですぅ~~~
それにクレアも清楚で可愛らしかったですね♪
この二人のロミ&ジュリはピッタリでした。
悲劇が苦手で暫く観るのを避けていましたが・・・
観始めたら、思った以上に超感動して、凄い映画だなぁ~と思いました。
DVDを持っているので、これからはレオの美しさをちょくちょく堪能したいです(笑)
由香 | 2007年09月13日(木) 14:53 | URL | コメント編集

レスです

>由香さん
こんばんは♪
由香さんの興奮ぶり、わかります(笑)
レオもクレアもピュアで良かったですよね。
2人が見つめ合うところなど、私もキュンキュンしましたよ♪
私も久しぶりに見たくなりました。
ひめ | 2007年09月13日(木) 21:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/28-080087db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ロミオ&ジュリエット

バクバクバクバク(心臓の音)・・・『トリスタンとイゾルデ』の感想を書いた時に、こちらも書こうと心に誓ったが・・・実はDVDを持っている本作をキチンと通して観れたのは僅か一回だけだ。 レオ君の素敵ショットは何回も繰り返して観たけれど(照)・・・  だって・
2007/09/13(木) 14:46:53 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。