アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 父親たちの星条旗

*ブログポリシー  All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'05.30 (Wed)

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗 期間限定版
父親たちの星条旗 期間限定版

監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、ポール・ウォーカー...

「戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。」


【ストーリー】
太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク(バリー・ペッパー)、フランクリン(ジョセフ・クロス)、ハンク(ポール・ウォーカー)、レイニー(ジェシー・ブラッドフォード)、アイラ(アダム・ビーチ)、ドク(ライアン・フィリップ)は一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク、アイラ、レイニーの3人だけだった。国民的英雄として熱狂的に迎えられた彼らは、戦費を調達するための戦時国債キャンペーンに駆り出され、アメリカ各地を回るのだったが・・・。
【感想】
第二次世界大戦中の"硫黄島の戦い"を日米双方の視点から描く二部作の第一弾。こちらはアメリカから見た硫黄島になっています。私が今までに見た戦争映画とは様子が違っていて意外でした。ドクの息子が父からの話や後から知った事実を語り、間に回想シーン、戦闘シーンがはさまる形で淡々としています。アメリカ視点と言ってもアメリカ万歳という内容ではないし、ドキュメンタリーのように客観的です。アメリカにも日本にも兵士にも感情移入させない感じが「英雄なんていない」というメッセージを強くしていたように思いました。私の大好きな映画「リトル・ダンサー」の主役を演じたジェイミー・ベルがイギー役で出ていたのがプチ発見でした。
父親たちの星条旗|硫黄島からの手紙

↓この映画のサントラ(Lennie Niehaus Orchestra)をiTunesで入手
Lennie Niehaus Orchestra - FLAGS OF OUR FATHERSMUSIC FROM THE MOTION PICTURE (「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック)

硫黄島の星条旗
硫黄島の星条旗
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(10)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

チョット難解

英雄に祭り上げられた兵士達・・・
戦争の最前線では、そんな事ぜんぜん関係なく殺し合いをしてるのに・・・
登場人物がわかりずらかったけど、
戦争・殺し合いは、兵士も家族も、みんなを不幸のどん底に陥れてるのだけは、
ひしひしと伝わってきました。
ひらりん | 2007年05月30日(水) 01:42 | URL | コメント編集

こんばんは

厳密に言えば戦争映画ではないのかもしれませんね。
中心になるのは銃後の話ですから。
しかし、今までの戦争映画とは違ったやり方で、戦争というものの一面を見せてくれました。
イーストウッドの眼差しの静かさと優しさに救われます。
ノラネコ | 2007年05月30日(水) 02:03 | URL | コメント編集

レスです

>ひらりんさん
ちょっと難解だけどうまくまとめてありましたよね。
脚本がクラッシュと同じポール・ハギスと知って納得しました。
戦争って英雄とか作らないと正当化できないですよね。
みんなが不幸になるだけですもんね・・・。

>ノラネコさん
そうですね~~。
戦争を題材にしているけれど、戦争映画!って感じとは少し違いましたよね。
イーストウッド監督はさりげない優しさがありますね。
押し付けがましくないですよね。
ひめ | 2007年05月30日(水) 21:12 | URL | コメント編集

こんばんは。
硫黄島からの手紙が大ヒットしましたが、私はコチラも好きなんですよね。
イーストウッドの愛ある目線がとても素晴らしいです。
それと「リトルダンサー」、私も大好きです~。語りだしたらとまらないので、ぐっと我慢。笑
ジェイミーも色々と頑張ってますね♪
シャーロット | 2007年05月30日(水) 22:46 | URL | コメント編集

レスです

>シャーロットさん
大ヒットでしたよね。
元旦には007か硫黄島かでかなり悩みました。
愛ある目線ってなんかわかります!感じますよね!
私もリトルダンサー語り出したら止まらないかも。
つい最近、また見てはまってます♪
ひめ | 2007年05月30日(水) 23:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/283-42b26ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

★「父親たちの星条旗」

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
2007/05/30(水) 01:37:49 | ひらりん的映画ブログ

父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円

一枚の有名な写真がある。太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
2007/05/30(水) 02:01:09 | ノラネコの呑んで観るシネマ

『父親たちの星条旗』

太平洋戦争のさなか硫黄島を舞台に繰り広げられた激戦で撮影された一枚の写真。その写真がアメリカ国民の士気を盛り立て写真に写った兵士たちは英雄として祭り上げられていくのだが…。 本日の作品は『父親たちの星条旗』。ご存知クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部
2007/05/30(水) 09:06:59 | 毎日が映画日和

父親たちの星条旗/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ

この作品で描かれてることって全て史実なんでしょうか?第二次世界大戦で硫黄島が最大の激戦地であったことは教科書などでちょこっと勉強したことくらいはありましたけど、あの硫黄島を取り囲んだ米軍艦隊の大群には正直驚きました。エンディングロールでは実際の写真が使わ
2007/05/30(水) 10:28:21 | カノンな日々

父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers

クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本!と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。+スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/}ということで、意識してなくてもちょっと期待しちゃっていたかもしれない。
2007/05/30(水) 16:46:52 | 我想一個人映画美的女人blog

父親達の星条旗

原作はジェイムズ・ブラッドリー、ロン・パワーズ著のベストセラー「硫黄島の星条旗」。日米双方の視点から、太平洋戦争最大の激戦地といわれる硫黄島・擂鉢山に星条旗をを打ち立てた6人の兵士の死闘と、生き残った3人のその後の人生を描く。クリント・イーストウッド監督、
2007/05/30(水) 22:41:00 | シャーロットの涙

父親たちの星条旗

 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
2007/05/30(水) 23:58:25 | ネタバレ映画館

父親たちの星条旗(映画館)

戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
2007/05/31(木) 13:18:51 | ひるめし。

「父親たちの星条旗」 「~手紙」を楽しむために

2大スター共演が話題になった『パーフェクト・ワールド』を見た後のような感じでした。イーストウッドのようで、イーストウッドでないというか・・・。スピルバーグを迎えての2大プロデューサー共演(と言うのか?)だからかな~?それとも、上映前に、わざわざ「本編後に
2007/05/31(木) 21:29:33 | 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る

イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
2007/06/02(土) 22:28:31 | はらやんの映画徒然草

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。