アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ジャンヌ・ダルク

*ブログポリシー  All archives    Admin

01月≪ 2017年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'06.05 (Tue)

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク
ジャンヌ・ダルク

監督:リュック・ベッソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジョン・マルコヴィッチ、フェイ・ダナウェイ、ダスティン・ホフマン、ヴァンサン・カッセル、チェッキー・カリョ...

「少女に国が救えるか。」

【ストーリー】
百年戦争下のフランス。英国軍に両親を殺され、親戚のもとに引き取られたジャンヌ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。ある日教会で神の声を聞いた彼女は、自分が神の使者であると確信する。やがて成長した彼女は、王太子(ジョン・マルコヴィッチ)に認められフランス軍を指揮。彼女の存在で軍は息を吹き返し、闘いは奇跡的な勝利を収めるが・・・。
【感想】
リュック・ベッソン独自の解釈によるジャンヌ・ダルクということらしいです。神の使者と言う割にあまりカリスマ性を感じれませんでした。そのジャンヌについていく臣下の心情をもう少し描いても良かったのかもと思ったんですけどどうかなぁ。最後はやっぱり史実通りなので後味の良い作品ではありません。でも、ジャンヌの内面にせまっているのはとても興味深かったし、他の解釈についても知りたいと思いました。
ジャンヌ・ダルク
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ひめちゃん☆
こんばんはー。
ベッソン作品ってグランブルーが一番好きだな♪
だんだんと室が落ちてきてる気がする、、、、(笑)
でもこの夏公開、これを最後に監督引退するという
『アーサーとミニモイたち』はちょっと気になるの。
ベッソンらしからぬファンタジーなのよね☆
mig | 2007年06月07日(木) 00:31 | URL | コメント編集

レスです

>migさん
こんばんは♪
グランブルー!かなり前に見たので記憶が・・・
また見てみようと思いまーす。
リュック・ベッソン、監督引退してしまうんですか?
んー、なんか寂しいですね。
ファンタジー好きなので楽しみです♪
ひめ | 2007年06月08日(金) 00:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/286-b852d8ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。