アレンジメント
ひめの映画おぼえがき アタック・ナンバーハーフ

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'06.17 (Sun)

アタック・ナンバーハーフ

アタック・ナンバーハーフ
アタック・ナンバーハーフ
アタックナンバーハーフ
監督:ヨンユット・トンコントーン
出演:チャイチャーン・ニムプーンサワット、サハーパープ・ウィーラカーミン、ゴッゴーン・ベンジャーティグーン、エカーチャイ・ブーラナパーニット、ジェッダーポーン・ポンディー、シリタナー・ホンソーポン...

「恋もバレーも、涙の数だけ強くなる。」

【ストーリー】
タイのランバーン県代表のバレーボール・チームに新任のビー監督(シリタナー・ホンソーポン)がやってきた。彼女は、早速選手の選抜をやり直し、なんとオカマのジュン(チャイチャーン・ニムプーンサワット)とモン(サハーパープ・ウィーラカーミン)が選ばれてしまう。反発した選手たちはチャイを除いて皆出ていってしまった。仕方なく、バレーのできる友人を誘うことに。その結果、チャイ(ジェッダーポーン・ポンディー)以外はすべてオカマという異色チームが誕生してしまった。予想に反し、チームはめきめきと頭角をあらわしていくが・・・。
【感想】
エンドロールに作品のモデルになった選手達が出てきて実話を基にしていたと知りました。特典映像に「こんなものを見たら青少年がゲイになる!」と問題になったと書いてあったくらいだから、実際の選手たちはこの作品の内容以上に苦労があったのでしょうね。作品中ではストレートの俳優さん(1人だけはニューハーフ)がゲイになりきって演じています。でも、すごくかわいいんですよね~。ただのコメディーだと思っていたので、ジーンと感動もできたのは意外でした。バレーボールはみんな素人だったらしく漫画みたいな特撮もあるけどそこはご愛嬌かな。
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

楽しいですよね!

先日は当ブログへのお気遣いをありがとうございましたm(__)m。
私もこの映画観ています~♪
コメディかと思ったら、意外とシリアスだったりもして、骨太映画という印象がありました。
コミカルに描いているけれど、本人達は相当苦労したんだろうでしょうね~。
らむ | 2007年06月17日(日) 21:33 | URL | コメント編集

レスです

>らむさん
ただのオバカコメディかと思っていたんですけど
意外と軽すぎず良かったです。
まさかジ~ンと涙ぐむなんて思っていなかったです。
タイは性転換の手術をしてくれるって有名ですよね~。
その国でもこんなに差別があるんだぁって驚きました。
ひめ | 2007年06月17日(日) 23:16 | URL | コメント編集

ひめちゃん、お祝いの言葉をありがとでした!

嬉しいよ~。これからもよろしくね。

この映画、公開当時観たよ~☆
日本でもけっこう宣伝しててそこそこ話題になったのよねー。
笑った覚えがあります♪
mig | 2007年06月18日(月) 17:33 | URL | コメント編集

レスです

>migさん
当時、話題になってましたよね!
それが頭の片隅に残っていて「見たいな~~」と思っていました。
まさか実話だなんて思わなくてびっくりでした。
ひめ | 2007年06月18日(月) 20:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/292-ef0c4053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。