アレンジメント
ひめの映画おぼえがき バスケットボール・ダイアリーズ

*ブログポリシー  All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'06.29 (Fri)

バスケットボール・ダイアリーズ

バスケットボール・ダイアリーズ
バスケットボール・ダイアリーズ

監督:スコット・カルヴァート
出演:レオナルド・ディカプリオ、ロレイン・ブラッコ、マーク・ウォールバーグ、アーニー・ハドソン、ブルーノ・カービイ、ジュリエット・ルイス、ジェームズ・マディオ、パトリック・マッゴウ...

「純粋になりたい。」

【ストーリー】
ミッション・スクールに通うジム(レオナルド・ディカプリオ)、ミッキー(マーク・ウォールバーグ)、ペドロ(ジェームズ・マディオ)、ニュートロン(パトリック・マッゴウ)は、マクナルティ神父が担当するクラスの問題児たち。制服を着くずし、シンナーを吸い、ちょっとした盗みを働いて虚勢を張っても、彼らはバスケットボールに夢中の他愛のない不良少年に過ぎなかった。しかし、凶暴な街マンハッタンでの経験が彼らを次第に蝕み、やがてストリートキッズとして、引き返せない道へと踏み出していく・・・。
【感想】
原作者の自伝的作品を映画化したものです。ただの悪ガキだったレオたちがドラッグを覚えてどんどん堕ちていく姿が若すぎる故にとても痛々しいです。作品中でレオが夢の中で銃を乱射するシーンがあるんですが、実際に銃乱射事件は過去に何度か起きているし少しゾッとしました。レオとマーク・ウォールバーグ、ディパーテッドよりも前にこの作品で共演していたんですね。2人ともとても若いです。

↓挿入曲「Catholic Boy(Jim Carroll)」をiTunesで入手
Jim Carroll - Catholic Boy - Catholic Boy
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(4)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは!
この映画大好きで、そのうちに感想を書こう!!と思っています。
レオの繊細な演技が良かったですよね。

ところで、明日(2日・月曜日)バトン記事をupするのですが、そのバトンをひめさんにお渡ししたいと思っています。
もちろんスルーでもいいですよ~
とりあえずご報告させて頂きますね♪
由香 | 2007年07月01日(日) 13:07 | URL | コメント編集

レスです

>由香さん
さわやかな青春ものかと思っていたんですけど
なかなか見ているのが辛かったです。
由香さんの感想も楽しみにしています♪
バトンも楽しみにしていまーす。
ひめ | 2007年07月01日(日) 16:41 | URL | コメント編集

観ました~

こんばんは~♪
やっと見ましたよ~。
これは予告編をみた覚えがありましたが、なんとなく予想できる展開に
なかなかレンタルする勇気が無かったものです。
レオはホントに上手い!天才です~v-237
夢の中の乱射シーンは、事件の時、関連付けられてちょっと非難されたりしましたね。
それだけレオの作品は注目度が高かったって事でもありますが、
気の毒でした。
kira | 2007年10月01日(月) 23:52 | URL | コメント編集

レスです

>kiraさん
レオがすごーく若いですよね。
でも、演技にしっかり魅せられました。
胸が痛いというか・・・。
あの乱射シーンは当時、非難されたんですねぇ。
知りませんでした・・・。
でも、夢の中とは言え、ゾッとするシーンでしたよね。
ひめ | 2007年10月03日(水) 03:06 | URL | コメント編集

こんばんは!
綺麗なブルーのテンプレートですね♪
爽やかな気持ちになります~^^・

ところで・・・やっとこの映画の感想を書きました!
前から書こうと思っていたのですが、結構ヘビーな映画なのでDVDのジャケットを睨みながら時間だけが経っちゃった(笑)
この時のレオの演技も素晴らしいですよね~
涎を垂らしながら死んだような目をしているレオにクギ付けでした。
由香 | 2007年11月09日(金) 18:30 | URL | コメント編集

レスです

>由香さん
ちょっと気分転換でテンプレートを変えてみました^^
前のは、春になってまた暖かくなったら使おうかな~と。

ヘビーでしたね。
みんなちょっと背伸びしている、というか
ちょっと悪ぶってみちゃってるだけなのに
どんどんと戻れない方向に行ってしまって
見ていて、どんどん辛くなってしまいました。
レオの泣き崩れる姿にグッときました。
ひめ | 2007年11月11日(日) 16:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/298-214ba749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

バスケットボール・ダイアリーズ@我流映画評論

今回紹介するのは、レオナルド・ディカプリオ主演の「バスケットボール・ダイアリーズ」です。 個人的に最近ディカプリオ黄金期と思っている若い頃の出演した作品を、日にちを分けて、数作品紹介していこうと思ってます。 まずはバスケットボール・ダイアリーズのス...
2007/09/07(金) 13:45:07 | ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG

バスケットボール・ダイアリーズ

  純粋になりたい。 原題 THE BASKETBALL DIARIES 製作年度 1995年 上映時間 102分 監督 スコット・カルヴァート 音楽 グレアム・レベル 出演 レオナルド・ディカプリオ/ロレイン・ブラッコ/マーク・ウォールバーグ/アーニー・ハドソン/ブルーノ・カービイ/ジュリ...
2007/10/01(月) 23:54:27 | to Heart

バスケットボール・ダイアリーズ

1995年のレオ君初主演作に感嘆する―【story】NYのマンハッタンでミッションスクールに通うジム(レオナルド・ディカプリオ)は、ミッキー(マーク・ウォールバーク)、ペドロとともにクラスの問題児ではあるが、バスケットボールと詩を書くことが好きな他愛のない少年だ
2007/11/09(金) 18:27:01 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

バスケットボール・ダイアリーズ

ニューヨークを舞台に、高校生が麻薬に手を出して破滅していく様をリアルに描く青春ドラマ。監督はスコット・カルヴァート、キャストはレオナルド・ディカプリオ、ブルーノ・カービー、マーク・ウォルバーグ、アーニー・ハドソン他。 <あらすじ> ジム・キャロルの『マ
2010/07/21(水) 00:01:45 | Yuhiの読書日記+α

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。