アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 13歳の夏に僕は生まれた

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'07.16 (Mon)

13歳の夏に僕は生まれた

【ワールド・チルドレン・シネマ】13歳の夏に僕は生まれた [DVD]
【ワールド・チルドレン・シネマ】13歳の夏に僕は生まれた [DVD]
監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演:マッテオ・ガドラ、アレッシオ・ボーニ、ミケーラ・チェスコン、ロドルフォ・コルサート、アンドレア・ティドナ、ブラド・アレクサンドル・トマ、エスター・ハザン...

「未知なる世界の友と出会い、
 生きる意味を知った夏」


【ストーリー】
北イタリアの小都市ブレシャの裕福な家庭に育った少年サンドロ(マッテオ・ガドラ)。13歳の夏、父親とヨットで地中海クルージングに出かけた彼は、誤って真夜中の海に転落してしまう。父親の必死の捜索もむなしく、サンドロを見つけ出すことはできなかった。しかし、サンドロが力尽きようとしていたその時、不法移民を乗せた密航船が偶然通りかかり、救出される。様々な国籍の難民がひしめき合うその船上で、彼はルーマニア人の少年ラドゥ(ブラド・アレクサンドル・トマ)とその妹アリーナ(エスター・ハザン)の助けを借りながら、どうにか生き延び、イタリアへと帰り着くのだったが・・・。
【感想】
13歳の子供の目を通して不法移民という社会問題を描いていて、それ故に心によく響いてきた感じがしました。自分にはどうにもできないというやりきれなさをサンドロと共有したような気分になりました。イタリアというと情熱的でお洒落で・・・と憧れる気持ちばかり先立ちますが、こういう問題も抱えているんだなぁと知ることができました。うまく言えないけれど、見て良かったと思わせてくれた作品でした。なかなか考えさせられました。子供をはじめ、いろんな国の人達の瞳が印象的です。
話は脱線しますが、これを見ている最中に地震がありました。午前の地震も長い揺れで怖かったけれど、映画館の中での地震はとても怖かったです。私の周り(新潟市)では電車が遅れたくらいで特に被害もなかったんですが、ニュースで被害の様子を見て心を痛めています・・・。早く余震がおさまりますように。

↓挿入曲「Ruby's Arm(Tom Waits)」をiTunesでダウンロード
Tom Waits - Heartattack and Vine - Ruby's Arms
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(4)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ご無事でよかったー

おお、新潟のお人だったのですか!
地震の被害、TVで見るかぎりかなりひどいようですね。
ひめさんはとりあえずご無事?のようで。一安心。ホッ
映画を見てる最中に地震なんて…怖いですよねっ。
一刻も早い、復旧を願ってます。
そちらは今、イタリア映画祭なんですね。
マストロヤンニは私も見なくちゃーと思ってますが;
まだ見れてません~。
ドキュメンタリーを見るより先に、過去作品の特集上映を見たかったのでそちらを先に見てしまいました。そのうちに見に行ってきます。
ところで。
こんな移民問題を抱えているなんてさほど知らなかった私には、子供達の姿が妙に逞しく大人っぽく見えたのでした。
自分の知らなかった世界を知り、そして成長していく・・・私もどこか目線を重ねて、自分も映画を見て向上していけるといいなと思いました。・・・けど、なかなか…ね…難しいですよ。。。

シャーロット | 2007年07月17日(火) 00:22 | URL | コメント編集

レスです

>シャーロットさん
私のところでは16日以降は余震も感じませんが
速報で何度も流れるとやっぱり怖いです・・・。

私もこんな移民問題って知らなかったんですけど
海に囲まれてるし、そっか~と思いました。
映画を見て、元気とかやる気が出たりそういうところっていいですよね。
100%実行に移すのはなかなか難しいですけどね~(汗)
マストロヤンニの甘い追憶を見たら、きっとマストロヤンニを
好きになっちゃうと思います♪
ひめ | 2007年07月18日(水) 17:30 | URL | コメント編集

震災、お見舞い申し上げます。
わたしはかつて、日本海中部地震と阪神大震災の遭い、
地震の怖さ、身にしみてます。
ほんと、怖いですよね。
余震が終わり落ち着いて暮らせることを祈ってます。

最近、レパートリーが広がってきたようで、
ひめさんのブログ、刺激的です。
この映画、とても良質な感じですね。
葵 | 2007年07月18日(水) 18:38 | URL | コメント編集

レスです

>葵さん
葵さんは地震を経験しているんですね。
私はこんなに大きいのは初めてでビクビクしてます。
募金以外はなかなかできることもなくて心を痛めています。

近所のレンタル屋さん以外に映画館のイベントに行く楽しさを発見しました♪
イタリアの作品をいくつか見たんですが、どれも映像がキレイで
温かくて・・・素敵です。
ひめ | 2007年07月18日(水) 19:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/309-c1c548d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

13歳の夏に僕は生まれた/アレッシオ・ボー二、ミケーラ・チェスコン

イタリアが直面する社会問題を13歳の少年の目線で描き綴った社会派ヒューマンドラマです。「ホテル・ルワンダ」のような衝撃などはないし、センセーショナルな作品というわけではないんですが、でも根っこのとこではどこかで何かが繋がってるようにも思えました。作品として
2007/07/17(火) 00:15:17 | カノンな日々

13歳の夏に僕は生まれた

2005年 カンヌ国際映画祭フランソワ・シャレー賞受賞作品「輝ける青春」のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が描く移民大国のイタリア。イタリア映画祭でも話題の今作品。見逃していたので公開早々に見に行ってきた。まず思うことはイタリア映画の輝くような映像美にはい
2007/07/17(火) 00:25:36 | シャーロットの涙

13歳の夏に僕は生まれた

衝撃のラスト映像・・・といってもジョディ・フォスター、ブルック・シールズを超えることはできないか。
2007/08/23(木) 22:16:19 | ネタバレ映画館

「13歳の夏に僕は生まれた」大人の階段

9年9月29日(三重九(苦)?)生まれの息子は、ついこの前13歳になったところ。 ちょうどmigちゃんが日本から来てくれた次の日で、しかも中間試験前の塾があって、バタバタしたので、なんとなくケーキもスルーでごめんよ。 そんなボクちゃんも最近、反抗期きてるな~と
2010/10/08(金) 05:46:02 | ノルウェー暮らし・イン・London

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。