アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 涙そうそう

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'10.29 (Mon)

涙そうそう

涙そうそう スタンダード・エディション
涙そうそう スタンダード・エディション

監督:土井裕泰
出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、小泉今日子...

「泣いても、泣いても─
 溢れ出す、君への想い。」


【ストーリー】
2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を持ちたいと夢見る心優しい青年、稲垣洋太郎(妻夫木聡)。この日、高校に合格した妹のカオル(長澤まさみ)が、オバァ(平良とみ)と暮らす島を離れ、洋太郎のいる本島へとやって来る。2人は、洋太郎が8歳の頃に、洋太郎の母・光江(小泉今日子)とカオルの父が再婚し兄妹となった。だが、カオルの父は間もなく姿を消し、光江も幼い2人を残して他界してしまう。以来、どんなことがあってもカオルは自分が守る、と心に誓った洋太郎。そんなカオルと今日からは洋太郎のボロアパートで一緒に暮らすことになっていた。やがてカオルと久々の再会を果たした洋太郎は、成長した妹の姿にかすかなとまどいを覚えるのだった…。
【感想】
妻夫木くんの涙をこらえる姿がすごく良かったです。この兄妹がとてもさわやかで微笑ましい。思っていたよりは泣かなかったけれど(なんかいろいろ唐突だったような・・・)、おばあの言葉に涙しました。沖縄の優しい風景、人、音楽に好感が持てる作品です。
涙そうそう

↓挿入曲「涙そうそう(夏川りみ)」をiTunesで入手
夏川りみ - 涙そうそう - EP - 涙そうそう
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ナ行  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ひめさん、邦画もどんどんイってますね!
私はアッチ系??も好きですが、
泣く映画も歓迎です。よく泣きます。
沖縄は今年行ってきて、住み着きたいぐらい気に入りました。
優しい風景、いいなぁ
葵 | 2007年10月31日(水) 21:31 | URL | コメント編集

レスです

>葵さん
涙そうそう、って涙がとまらないっていう意味らしいんですけど
とまらないって程ではなかったです、実は。
沖縄行ったことないんですよね~。
行ってみたいなぁ。
時間もゆっくり流れてそうですよね。
ひめ | 2007年11月01日(木) 01:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/356-6c860c9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

映画『涙そうそう』

つい口ずさんでしまう「涙そうそう」、BEGIN作曲、森山良子作詞、古いアルバムがめくられながら、夏川りみの歌うその歌になぜか懐かしい郷愁を覚える・・ 母光江(小泉今日子)の再婚によって、カオル(長澤まさみ)と兄妹になった洋太郎(妻夫木聡...
2007/10/30(火) 12:18:07 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

『涙そうそう』

いつも見守り、「がんばれ」と励ましてくれる。そんな、あなたの“一番星”は誰ですか? ? ■監督 土井裕泰 ■脚本 吉田紀子 ■キャスト 妻夫木聡、長澤まさみ、小泉今日子、麻生久美子、塚本高史、森下愛子、中村達也、平良とみ、船越英一郎、橋爪功□オフィシャル
2007/11/01(木) 08:20:38 | 京の昼寝~♪

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。