アレンジメント
ひめの映画おぼえがき オール・ザ・キングスメン

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.12 (Mon)

オール・ザ・キングスメン

オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション
オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション
監督:スティーヴン・ザイリアン
出演:ショーン・ペン、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロ、パトリシア・クラークソン、ジェームズ・ガンドルフィーニ...

「善は、悪からも生まれる。」


【ストーリー】
1949年、ルイジアナ州メーソン市。郡の出納官を務める実直な男ウィリー(ショーン・ペン)は、小学校建設に絡む役人の汚職を告発して逆に自分が職を追われるハメに。上流階級出身の新聞記者ジャック(ジュード・ロウ)は、そんなウィリーに興味を抱き交流を持つ。やがてその小学校で欠陥工事が原因の事故が起こり、ウィリーは一躍注目の存在となる。それに目を付けた州の役人タイニー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)に担がれ、いきなり知事選に出馬するウィリー。しかしそれは、対立候補の票を割るためのタイニーの策略だった。ことの真相をジャックから聞かされたウィリーは、与えられていた演説原稿を破り捨て、自分の言葉で聴衆に語り始めた。この演説が貧しい人々の心を打ち、ウィリーは地滑り的勝利を収め、ついに知事の座を射止めるのだったが…。
【感想】
ショーン・ペンは出演作を見る度にすごいなぁと思わされる大好きな俳優さんです。今回もかなり良くて、演説シーンは一見の価値アリです。ジュード・ロウも抑えた演技でいい味を出していたけれど、なんだかエピソードが多くて最後はよくわからなくなってしまいました。映像と音楽はとってもキレイ!
オール・ザ・キングスメン

↓この映画のサントラ(James Horner)をiTunesで入手
James Horner - All the King's Men (Original Motion Picture Soundtrack)
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ア行  |  TB(8)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ひめちゃん☆
ショーンペン、いいよね~
最近あまり出ないから寂しいね。

この映画はキャストが豪華だけど、別にリメイクしなくても、、、という結果になっちゃってたのがザンネン!
ジュードも頑張ってたけどねー☆
映像は綺麗だったね♪
mig | 2007年11月12日(月) 23:40 | URL | コメント編集

☆×4.5

ひめさん~、TBありがとうございました!

私は満足した作品でした。
もちろん、ウィリーの悪に染まるプロセスがちゃんと描かれていれば、
☆=5なんですけどね。

過剰な男ウィリーと、欠落している男ジャックの描き方は
面白かったですし、
巻き込まれる上流層の悲劇も時代を感じさせましたね。
kira | 2007年11月13日(火) 01:03 | URL | コメント編集

こんにちは!
そうなんですよね~
ショーン・ペンはとても良くて、演説シーンなどは印象的でした。
でも、お話の焦点が途中からズレテしまってわかり難かったですね。
ジュードやホプキンスなど、いい俳優さんが出ているだけに残念でした~
由香 | 2007年11月13日(火) 13:14 | URL | コメント編集

レスです

>migさん
ショーン・ペン大好きです♪
豪華キャストな作品でしたよね~。
最初はおもしろいなぁ~と思ってすごく引き込まれたので
オリジナルも探して見てみようと思います。

>kiraさん
過剰な男ウィリーと、欠落している男ジャック、良かったですよね。
ショーンペンとジュードもはまってましたよね。
最後、あれ?となったものの、まあまあ楽しんだ作品でした。

>由香さん
後半がちょっぴりわかりずらかったです。
ほんとは映画館で見たかったんですけど、上映してなくて
DVDまで待たされたので楽しみにしすぎちゃったかな~
という感じでした。
でも、みんな役にはまっていて良かったですよね!
ひめ | 2007年11月13日(火) 23:37 | URL | コメント編集

こんばんは。
こういう深きテーマ性のものってパッと見ただけでは理解するのは難しいのかもしれません。
後引く余韻があるからこそ、見終わってあーだこーだと作品を思い出しつつ考えることができるんですよね。
映像的にも好みだったな~
そうそう、私も抑制がきいているところが好きなのよー。
演技も演出もw
ジュードもこの渋さがたまらんのです。笑
シャーロット | 2007年11月14日(水) 01:43 | URL | コメント編集

レスです

>シャーロットさん
そうですね~。
見て数日経っていますが、まだ余韻に浸っています。
見た後に思い出しながらあーだこーだ考えるの大好きです♪
ジュードも抑えた演技でしたが、そういえば映画全体も抑えた感じでしたね~。
ひめ | 2007年11月14日(水) 20:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/361-f8e1f113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

オール・ザ・キングスメン /All the King\'s Men (2006)

1949年のアカデミー賞作品賞、主演男優賞、助演女優賞受賞、 『オール・ザ・キングスメン』のリメイク。 1920~30年代に活躍した実際の政治家で、1935年に謎の死を遂げた ルイジアナ州知事ヒューイ・ロングをモデルにした原作の二度目の映画化で 『シンドラーのリスト』...
2007/11/12(月) 23:42:28 | 我想一個人映画美的女人blog

オール・ザ・キングスメン

判事にも何か後ろめたいことがあるはずだ!・・・そう、人肉喰ってます・・・
2007/11/13(火) 00:16:30 | ネタバレ映画館

オール・ザ・キングスメン

                       善は、悪からも生まれる。 製作年度 2006 製作国・地域 アメリカ 監督 スティーヴン・ザイリアン 音楽 ジェームズ・ホーナー 出演 ショーン・ペン/ジュード・ロウ/アンソニー・ホプキンス/ケイト・ウィンスレット/マー
2007/11/13(火) 00:22:23 | to Heart

オール・ザ・キングスメン/ショーン・ペン、ジュード・ロウ

意図したわけじゃないんだけど、偶然にも都知事選の投票日にダーティな州知事が登場するポリティカルなヒューマンサスペンスを観賞してきました。選挙は棄権せずに出来るだけ投票するように心懸けているけど、街頭演説なんて一度も遭遇しなかったから選挙公報やTV出演時の...
2007/11/13(火) 00:33:52 | カノンな日々

★「オール・ザ・キングスメン」

(2007/A72/S40)←今年劇場鑑賞40本目。 今週の平日休みは「TOHOシネマズ川崎」で2本いや3本。 1本目の作品に短編アニメが同時上映されてたから。 この映画も1949年作の同名映画のリメイク。 オスカー3部門受賞の名作らしいが、ひらりんは勿論未見。
2007/11/13(火) 01:57:37 | ひらりん的映画ブログ

オール・ザ・キングスメン(映画館)

善は、悪からも生まれる。
2007/11/13(火) 10:22:59 | ひるめし。

オール・ザ・キングスメン

豪華キャストの映画なので楽しみにしていたが―【story】叩き上げの政治家ウィリー・スターク(ショーン・ペン)と、スクープ狙いで彼に近づいたものの、次第に彼に惹かれ葛藤する上流階級出身のジャーナリスト、ジャック・バーデン(ジュード・ロウ)。   金・名誉・
2007/11/13(火) 13:10:57 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

オール・ザ・キングスメン

オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディションショーン・ペンジュード・ロウアンソニー・ホプキンス2006年、米、148分 州知事に立候補するショーン・ペンの演説が見事です。 カリスマ光線、出しまくりです。 私もあんな演説ぶたれたら、 入れてください、じ...
2008/01/29(火) 23:55:06 | 人妻キママ映画日報

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。