アレンジメント
ひめの映画おぼえがき サハラに舞う羽根

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.20 (Sun)

サハラに舞う羽根

サハラに舞う羽根
サハラに舞う羽根
監督:シェカール・カプール
出演:ヒース・レジャー、ウェス・ベントリー、ケイト・ハドソン、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、ルパート・ペンリー=ジョーンズ、クリス・マーシャル、アレック・ウェック、ティム・ピゴット=スミス...

「この羽根に誓って、必ず君のもとへ。」

【ストーリー】
1884年、女王陛下の名の下、世界の4分の1を支配下に収め、なお領土拡大を続けるイギリス軍。その将軍を父に持つ青年ハリー(ヒース・レジャー)は、ジャック(ウェス・ベントリー)ら親友たちからも熱い信頼を受ける若きエリート士官。美しき婚約者エスネ(ケイト・ハドソン)も得て順風満帆な人生を送っていた。そんなある日、彼はスーダンへの反乱軍鎮圧の任務を命じられる。しかし、この戦争に疑問を感じたハリーは苦悩の末に除隊する。そんな彼のもとには、ジャックを除く連隊仲間から臆病者を意味する“白い羽根”が送られてくる。そして、誇りを重んじるエスネもまた、ハリーの行動に失望し彼のもとを去っていくのだった…。
【感想】
美しいサハラの情景が出てきて、ストーリーが面白くなってくる後半までが長く感じてしまいました。悪くないんだけど、すべてを語りきるには132分じゃ足りなかったのかなという印象が残りました(ちょっとスッキリしないというか)。持ち味が出し切れなかった感のあるジャイモン・フンスーがもったいなかったです。もっともっと描いて欲しかったです。と書きながらも、スペクタクル好きだし好きな部類に入ってしまう作品だったりして。もちろん、ヒースもとってもイイ!

↓この映画のサントラ(James Horner)をiTunesで入手
James Horner & Rahat Nusrat Fateh Ali Khan - The Four Feathers (Original Motion Picture Soundtrack)
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

そうそう、導入部がなかなか長かったですね。
でも戦争シーンはすごい怖くてどきどきしました。
わたしもけっこう
好きかも、です。
迫力ありましたね。
葵 | 2008年01月23日(水) 00:27 | URL | コメント編集

レスです

>葵さん
映像はすご~く素敵でしたよね。
戦争シーンも迫力あったし、砂漠のもすっごくキレイで。
なくてもいいシーンもあったんじゃない?と思いつつ、ヒース・レジャーだし!
あんなに汚れた風貌は見たことがなかったのでうれしかったです。
ひめ | 2008年01月23日(水) 01:19 | URL | コメント編集

そういえばこの作品、チェックしていたのにまだ観ていませんでした。
それにしてもヒース・レジャーの訃報にはビックリです。
まだまだこれからの人なのに・・・。
エクスカリバー | 2008年01月23日(水) 14:28 | URL | コメント編集

レスです

>エクスカリバーさん
お返事遅くなりました。
心の整理がなかなかつかなくて・・・。
ちょっと長いかな~と思ったけど、静かに訴えるものがあった作品でした。
ひめ | 2008年01月25日(金) 17:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/394-e8d80d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。