アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ドストエフスキーの生涯の26日

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.05 (Wed)

ドストエフスキーの生涯の26日

ドストエフスキーの生涯の26日
監督:アレクサンドル・ザルヒ
出演:アナトーリー・ソロニーツィン、エフゲーニャ・シーモノワ...

【ストーリー】
偉大なる苦悩の作家、というドストエフスキーのイメージを良い意味で裏切る、 愛に溢れた名作。生誕100周年記念の作家の横顔を伝える珍しい作品。 ドストエフスキー(アナトーリー・ソロニーツィン)が、のちに夫人となったアンナ(エフゲーニャ・シーモノワ)と出会い、彼女の手助けで小説「賭博者」を完成させるまでの26日間を描いている。
【感想】
ラストシーンというか、ラストカットがとても好き!ドストエフスキーが好きな人、作品中に出てくる「賭博者」や「罪と罰」を読んだことがある人にはとても興味深い作品だと思います。ドストエフスキーの名前と著作名しか知らなかった私も、背景を知れて親しみがわきました。こういう作品を見ると好きになっちゃいますね。マストロヤンニの「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」でもそうでした。
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
タ行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

興味深い

 この映画は興味深いですね!ドストエフスキーの映画は珍しいことでしょう。
 「賭博者」か・・・・これは面白かった!この作品、26日で書いたんでしたね。
 教えてください~どこにあるか。
フラワー | 2008年11月08日(土) 14:45 | URL | コメント編集

レスです

>フラワーさん
こんばんは♪
お恥ずかしながら、まだドストエフスキーの著書は読んでいないのですが・・・
この映画はなかなか楽しめました。
作家のひととなりって相当好きでないと知らなかったりしますもんね。
私は映画祭で上映していて見れたのですが、DVD化はされていないみたいですね・・・残念。
ひめ | 2008年11月09日(日) 01:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/417-a62d7069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。