アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ポストマン・ブルース

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'10.26 (Wed)

ポストマン・ブルース

ポストマン・ブルース
ポストマン・ブルース

監督:SABU
出演:堤真一、遠山景織子、大杉漣、堀部圭亮、清水宏、伊藤洋三郎、山本亨、寺島進、SABU

【ストーリー】
沢木龍一(堤真一)は、どこにでもいそうな郵便配達の男。ある日、郵便を渡すためにノックした部屋のドアから顔を出したのは、高校時代の同級生・野口修二(堀部圭亮)だった。久々の再会に、ヤクザになっている野口は言う。「ガキの頃みたいに胸がドキドキすることがあるか?」沢木の“何か”が自分の中ではじける。沢木は家まで持ち帰ってしまった配達鞄をゆっくりと開けた。初めて経験する刺激と興奮。手紙の差出人・小夜子(遠山景織子)はガンで余命幾ばくもなかった。沢木はやはりガンを患った殺し屋ジョー(大杉漣)と出会いながら、小夜子を捜しに配達の自転車をこぐ。小夜子を捜し出した沢木は小夜子とのつかの間のデートを楽しむ。まるで昔からの恋人同士のように。「明日3時に迎えに行く。」別れ際に固い約束を交わすのだったが、運命は沢木を翻弄していく・・・。
【感想】
めちゃくちゃ楽しめました。同じSABU監督作品の「MONDAY」、これも最高!と思ったんだけどこれは甲乙つけられないですね。SABU監督らしい、あり得ない展開。「えぇー!」と言いながらも、どんどんボルテージは上がってしまいました。笑いありのコメディー、ではない(お腹痛くなるほど笑ったけど)。純粋なラブストーリーというわけでもなく、青春映画のような・・・とにかくいろんな要素が詰め込まれています。ラストは思わず涙。とにかく見て欲しいです。SABU作品の中でも人気作みたいですよ。
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/45-fdebb31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。