アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ビッグ・フィッシュ

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.24 (Fri)

ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
監督:ティム・バートン
出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター、アリソン・ローマン、ロバート・ギローム、マリオン・コティヤール、マシュー・マッグローリー、ミッシー・パイル、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・デヴィート、ダニエル・ウォレス...

「人生なんて、まるでお伽噺さ。」

【ストーリー】
出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)。彼の父エドワード(アルバート・フィニー)は自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。
【感想】
ファンタジックで、1つの作品でたくさんのお話を楽しめる素敵な作品でした。最初のうちはどこまでが現実?とウィルのように少し距離を置きつつ見ていましたが、だんだんと引き込まれていきました。父親の話は、彼の経験と人柄を非常によく表した物語なのです。現実と空想のバランスが良くて、見ていて気持ちよかったです。他のティム・バートン作品に比べてアクの強くない、夢のあるヒューマンドラマ。ジーンと優しい気持ちになれました。
ビッグ・フィッシュ公式サイト

↓この映画のサントラ(Danny Elfman)をiTunesでダウンロード
Various Artists - Big Fish - Music from the Motion Picture
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(3)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは

良いですよねぇ、ビッグ・フィッシュ
これもティム・バートンだったんですね
他の作品と確かに印象違いますね~

あ、でも「チャーリーとチョコレート工場」の
ウンパ・ルンパ役のオジサン出てますよね
大好きです(笑
まる | 2008年10月24日(金) 21:13 | URL | コメント編集

レスです

>まるさん
こんばんは♪
まるさん、好きかな~って書きながら思ってました。
そうそう、ウンパルンパのオジサン出てました。
あと、ガムを噛んでるバイオレットのお母さんも!
ヘレナ・ボナム・カーターとかティム・バートン作品では
常連さんなんですかね^^
ひめ | 2008年10月24日(金) 22:08 | URL | コメント編集

こんばんは!

ひめちゃん☆
ぅぅぅ、、、これ、観たんですよ~。
夏、忙しくなって、劇場観賞した分と共に書きかけ記事のまま眠ってます~(><。
素敵なシーンもあり、印象的なやはりティム・バートンの感性を感じますよね。
父と息子の話は大好きです~v-34
kira | 2008年10月25日(土) 21:49 | URL | コメント編集

レスです

>kiraさん
こんばんは♪
ティム・バートンらしい、夢のような素敵な場面がたくさんありますよね。
ジャケットのシーンは、わぁぁってなりました。
ティム・バートンの作品って絵本を読んでいる気分にさせてくれます。
私も父と息子のお話って大好きです。
いいですよねv-238
kiraさんの感想も読みたいな~、待ってます♪
ひめ | 2008年10月25日(土) 21:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/523-165e848c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

映画『ビッグ・フィッシュ』

原題:Big Fish  -父と息子のファンタジーワールド- ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤ
2008/11/03(月) 19:32:30 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

ビッグ・フィッシュ

その大切さに気づいたのは、最期のときだった。
2010/01/10(日) 21:47:01 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

ビッグ・フィッシュ

作品情報 タイトル:ビッグ・フィッシュ 制作:2003年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター、アリソン・ローマン、マリオン・コティヤール あらすじ
2010/08/31(火) 02:40:41 | ★★むらの映画鑑賞メモ★★

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。