アレンジメント
ひめの映画おぼえがき シルヴィア

*ブログポリシー  All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.08 (Mon)

シルヴィア

シルヴィア [DVD]
シルヴィア [DVD]
監督:クリスティン・ジェフズ
出演:グウィネス・パルトロー、ダニエル・クレイグ、ブライス・ダナー、マイケル・ガンボン、ジャレッド・ハリス、アミラ・カサール、アンドリュー・ヘイヴィル...

「ぼくは君を愛せていただろうか」

【ストーリー】
アメリカの裕福な家庭に育ち、子どもの頃から詩作の才能を発揮して神童と呼ばれた女性シルヴィア・プラス(グウィネス・パルトロー)。彼女は優れた詩人になるとの大志を抱いてイギリスのケンブリッジに入学する。ある日彼女は、イギリス人大学院生テッド・ヒューズ(ダニエル・クレイグ)の詩を読み深い感銘を受ける。その後シルヴィアはテッド本人と出会い、2人は運命の恋に落ちた。結婚しロンドンに居を構え、詩作に没頭する2人。やがてテッドの作品がニューヨークで賞を受賞し、2人はそれを喜ぶが、その頃からシルヴィア自身は行き詰まりを感じ始めるのだった…。
【感想】
実在した詩人、シルヴィア・プラスの半生を描いた作品。そのため、詩的な表現がたくさん出てきます。シルヴィアという人をこの作品で初めて知ったくらいなので、文学的にどうかなどはわからなかったけれど、女性としては共感するものがありました。とても切なくて、見終わった後はちょっと暗くなってしまうかも…。シルヴィアを演じるグウィネス・パルトローがすごく良くて、今まで見た中で1番魅力的に見えました。
シルヴィア公式サイト

↓この映画のサントラ(Gabriel Yared)をiTunesでダウンロード
Gabriel Yared - Sylvia
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/544-31e795b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「シルヴィア」

グウィネス・パルトロー主演。 主人公のシルヴィア・プラスは有名な作家さん。 こりゃまた、伝記モノだぁぁぁ。
2008/12/09(火) 02:11:52 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。