アレンジメント
ひめの映画おぼえがき キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

*ブログポリシー  All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'11.22 (Tue)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン、マーティン・シーン、ナタリー・バイ...

「本物の偽者を描いた真実のドラマ。」

【ストーリー】
高校生のフランク・W・アバグネイル(レオナルド・ディカプリオ)は尊敬する父が母と離婚すると聞き、ショックで衝動的に家を飛び出してしまう。そして、生活のため偽造小切手の詐欺を始めるようになる。最初はなかなかうまくいかなかったが、大手航空会社のパイロットに成りすますと誰もがもののみごとに騙された。これに味をしめたフランクは小切手の偽造を繰り返し巨額の資金を手に入れるのだった。一方、巨額小切手偽造詐欺事件を捜査していたFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)は、徐々に犯人に迫っていくのだったが・・・。
【感想】
とにかく楽しい映画でした。何度も笑ってしまったし、ワクワクさせられました。映画全体がお洒落で、音楽も衣装も素敵でした。これは実話を元にしているそうですが、信じられない!!どこまでが実話なのかは知りませんが、詐欺師のディカプリオが捜査官達を出し抜く手には、驚きと尊敬までしてしまいました。思わず「ニヤリ」としてしまう程。犯罪を追うというのがテーマで、時間も140分程度と長めなのに、それらを重く感じさせない作品でした。ディカプリオとトム・ハンクスのコンビもイイ味を出していました。「ギルバート・グレイプ」で感じたディカプリオの才能を見せつけられた気がしました。

↓この映画のサントラ(John Williams)をiTunesでダウンロード
ジョン・ウイリアムス - Catch Me If You Can
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

TBさせてもらいます。

はじめまして、ひめさん。
この映画の60年代のアメリカって
雰囲気がいいですよね。
全てのものがオシャレに見えます。

このフランクという少年の
変装や口八丁手八丁の演技も
実在した人物だと思うと怖いくらいです。
「映画」なので楽しく観れたと思います。
180tcp | 2009年06月28日(日) 12:48 | URL | コメント編集

レスです

>180tcpさん
はじめまして、コメントありがとうございます♪

うん!すべてがオシャレに感じました~。
そうそう、フランクはまだまだ少年なんですよね。
奇抜な発想が少年らしいといえばそうなんですが、抜け目なくって
すごかったですよね~。
実在したというのが本当に驚きですよね♪
ひめ | 2009年06月29日(月) 21:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/57-705f7e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

1960年代のアメリカで実際に起こった詐欺事件をもとに 撮られたキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンっす。 主演はレオナルド・ディカ...
2009/06/28(日) 12:23:12 | 俳優別映画紹介

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。