アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ワールド・オブ・ライズ

*ブログポリシー  All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'10.26 (Mon)

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
監督:リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ・スリマン...

「どっちの嘘が、世界を救うのか。」

【ストーリー】
世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員フェリス(レオナルド・ディカプリオ)。一方、彼の上司はもっぱらアメリカの本部や自宅など平和で安全な場所から指示を送るベテラン局員ホフマン(ラッセル・クロウ)。そんな生き方も考え方も全く異なる彼らは、ある国際的テロ組織のリーダーを捕獲するという重要任務にあたっていた。しかし、反りの合わない2人は、フェリスがイラクで接触した情報提供者をめぐる意見でも対立。やがて、命懸けで組織の極秘資料を手に入れ重傷を負ったフェリスに、ホフマンは淡々と次の指令を出すのだった。フェリスは強引かつ非情なホフマンに不満を募らせながら、資料による情報のもと、次なる目的地ヨルダンへ向かうのだが…。
【感想】
情報戦を繰り広げるとか小難しい感じの内容かな~と、ちょっと気合いを入れて見たのですが、結構わかりやすくて混乱せずに見れました。騙したり利用したりと気持ちのいい内容ではないれけど、緊張感もあって見応え十分!面白かったです。レオナルド・ディカプリオがすごーく良かった。昔に比べたらオジサンになっているけど、今の方が断然カッコイイですよね。この作品、グラディエーターやブラックホーク・ダウンと同じロケ地なんだそうです。その撮影の様子が見れる特典映像も面白かったです。
ワールド・オブ・ライズ公式サイト

↓この映画のサントラ(Marc Streitenfeld)をiTunesでダウンロード
Marc Streitenfeld - ワールド・オブ・ライズ (オリジナル・サウンドトラック・スコア)
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ワ行  |  TB(5)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ひめちゃん
こんばんは、
お久しぶり~♪ブログ再開かな?
ハンコックにコメありがとう、

これ、あんまりもう細かい内容覚えてないんだけど^^;
グラディエーターやブラックホーク・ダウンと同じロケ地
そうなんだ!その2作とも観てるよ~
とくにグラディエーターは大好き。

うん、わたしもレオくんは今の方がカッコ良くなったと思うナ★
mig | 2009年10月27日(火) 22:50 | URL | コメント編集

ひめちゃん☆

こんばんは~♪

へえ~、DVDならではの特典があったのね!
スリリングだし、レオはやっぱりかっこいいし、見ごたえあったよね♪

私も暇になったら、またひとりレオ祭りやろうかな~v-238
それより前に溜まったDVD感想書くのが先だけど(^^;
kira | 2009年11月02日(月) 21:14 | URL | コメント編集

レスです

>migさん
ブログ再開なような、またお休みっぽくなってしまうような…。
最近は見れているんだけど、書くのが追いついていません。
(いつもたいした内容じゃないけど(笑))
私もグラディエーター大好きです!
同じロケ地といわれると、また違った親近感みたいのを感じますよね~♪
ひめ | 2009年11月03日(火) 00:09 | URL | コメント編集

レスです

>kiraさん
こんばんは~。
DVD特典、なかなかオススメです!
監督やレオのコメント、他の俳優さんのコメントもあるし
充実していました♪
私も感想溜まっています~。どんどん書かないとっ!
ひめ | 2009年11月03日(火) 00:15 | URL | コメント編集

こちらにもお邪魔します♪

レオ君は好きなので、これにも期待していました~
でも個人的にはイマイチだったかな(汗)
もっともっとスゴイ騙し合いのようなものを期待していたので肩透かしでした~

由香 | 2009年11月04日(水) 10:19 | URL | コメント編集

レスです

>由香さん
こちらにもコメントありがとうございます。
たしかに、キャッチコピーとかCMでは「騙し合い」をすごくアピールしていたから
肩すかしだったかもですね~。
私、そういうのを忘れた頃に見たのでよかったのかも(笑)
ひめ | 2009年11月04日(水) 21:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/620-bf663b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES

リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな~。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。 監督に頼...
2009/10/27(火) 22:52:13 | 我想一個人映画美的女人blog

ワールド・オブ・ライズ

どっちの嘘が、世界を救うのか。 【関連記事】 ワールド・オブ・ライズ壁紙1 壁紙2 壁紙3 壁紙4
2009/10/27(火) 23:46:30 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

ワールド・オブ・ライズ

どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム・モナハン 監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/...
2009/11/02(月) 21:04:00 | to Heart

ワールド・オブ・ライズ

2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
2009/11/04(水) 10:17:40 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

ワールド・オブ・ライズ

デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ
2009/11/16(月) 00:04:29 | Yuhiの読書日記+α

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。