アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ロード・オブ・ウォー

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'01.09 (Mon)

ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォー
ロード・オブ・ウォー

監督:アンドリュー・ニコル
出演:ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ブリジット・モイナハン、ジャレッド・レトー、イアン・ホルム...

「弾丸(タマ)の数だけ、札束(カネ)が舞うー。」

【ストーリー】
レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが・・・。
【感想】
銃撃戦など血が流れるようなシーンは私は苦手で、戦争を題材にした映画は見終わった後に考え過ぎて必ず落ち込んでしまいます。もちろん、そういう感情も必要だと思うんです。だけど、この作品はそれだけではありません。作品の雰囲気がカッコイイというかオシャレなんです。それは、オープニングを見ただけで感じ取れると思います。かと言って、軽すぎるわけでもありません。普段、見落としがちな戦争の裏側などを描いていて、現実社会の裏表、人間の裏表・・・いろんなことを考えさせられました。見せ方が上手いです。アメリカが直面する武器問題を鋭く描いているために、アメリカ映画なのにアメリカでは映画製作の資金調達ができなかったという話も聞きました。本当にいろんな意味でおもしろい映画でした。
ロード・オブ・ウォー

↓この映画のサントラ(Antonio Pinto)をiTunesでダウンロード
Antonio Pinto - Lord of War (Original Motion Picture Soundtrack)

スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ラ行  |  TB(5)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント&TBありがとうございました♪

>>アメリカ映画なのにアメリカでは映画製作の資金調達ができなかったという話も聞きました。

そうなんですか!?たしかに、アメリカの裏側も暴露しちゃってますもんね(汗)
この手の実話を元にした映画は、いろいろ圧力がかかるんでしょうね。
オープニングとラストに映し出される、あの弾の山は圧巻でした!
カっツン | 2006年12月18日(月) 18:55 | URL | コメント編集

>カっツンさん
雑誌で特集されてて、そこに書いてありました。
それで「ほうほう!」と思って見に行ったのです^^
アメリカだと訴訟とかいろいろあるし、日本よりも映画公開するのに大変なのかもしれないですね。
ひめ | 2006年12月18日(月) 23:00 | URL | コメント編集

ひめさん、こんにちは!
これは先日wowowで鑑賞しましたv-254
ひめさんの仰るように見せ方が上手い映画でしたね~
とっても見応えがありました。
ニコラスの映画に、一つお気に入りが増えちゃったv-221
『アメリカでは映画製作の資金調達ができなかった』-そうだったんですか~それは考えさせられますね。
いづれにしても武器に纏わるお話は・・・愕然とすることばかりです。
由香 | 2007年12月11日(火) 17:38 | URL | コメント編集

レスです

>由香さん
こんばんは~。
番組欄で見つけて「うわー、また見たいー」と思っていたところです^^
おもしろそうだよね!と見る前に友人と雑誌でいろいろ読んだところに書いてありました(資金調達の話)
武器商人なんていう職業(肩書き?)があるんだと驚きました。
実際には戦っていないけれど・・・なんか考えさせられましたよね。
ひめ | 2007年12月12日(水) 00:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/63-cef6327e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォーposted with amazlet on 06.12.17日活 (2006/06/09)売り上げランキング: 4722Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★☆【STORY】ソビエト連邦崩壊前夜のウクライナに生まれたユーリー・
2006/12/18(月) 18:56:34 | 日々エンタメざんまい!

ロード・オブ・ウォー@我流映画評論

今回紹介する作品は、「ガタカ」「シモーヌ」で知られるアンドリュー・ニコル監督作品、ニコラス・ケイジ主演の作品『ロード・オブ・ウォー』です。 まずは映画のストーリーから・・・ ウクライナからの移民、ユーリ・オルノフは、ある日リトル・オデッサでロシアン...
2007/10/02(火) 02:37:55 | ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG

ロード・オブ・ウォー

WOWOWで鑑賞―【story】レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが―     監督 : アン...
2007/12/11(火) 17:35:21 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

映画『ロード・オブ・ウォー』

原題:Lord of War 実在する5人の武器ディーラーから抽出したキャラクターを融合して構築されたという、死の商人・・虐殺が繰り返される紛争地への武器密輸という問題作・・ ユーリー(ニコラス・ケイジ)は家族と共にウクライナからニューヨークへと移住して
2007/12/16(日) 02:33:11 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画評:ロード・オブ・ウォー

「今、世界には5億5000万丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は――一人1丁の世界」 夥しい薬きょうの上に立つユーリー。 いかにも典型的なサラリーマンという風情。 ユーリーは、幼い頃、家族と一緒にアメリカに渡って来た。 20歳を過ぎ...
2009/02/08(日) 18:07:30 | 映画と写真のブログ

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。