アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ギミー・ヘブン

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'02.05 (Sun)

ギミー・ヘブン

ギミー・ヘブン
ギミー・ヘブン

監督:松浦徹
出演:江口洋介、安藤政信、宮崎あおい、小島聖、鳥肌実、松田龍平、石田ゆり子、北見敏之...

「この世界は偽物(フェイク)だ。」

【ストーリー】
誰にも理解されることのない感覚"共感覚"。それを共有出来る相手の存在を知ってしまったら・・・。
新介(江口洋介)はその感覚を胸にしまい、取り留めのない日常を過ごし、ヤクザ(鳥肌実)の下請け仕事としてインターネット上で盗撮サイトを運営している。親友・貴史(安藤政信)や、そばにいる大切な恋人・不由子(小島聖)には理解されない、哀しい闇を心に抱えながら。麻里(宮崎あおい)は自分が共感覚を持つがために、誰とも分かり合えないという孤独を抱えて生きている。両親とは死に別れ、育ての親はなぜか次々に不審な死にとりこまれている。新介と麻里。二人はある日、今までどうしても埋まらなかった心の奥深くにある、最後のパズルを持った存在として出会ってしまう。アンダーグランドのサイトで"死の商人"とされる伝説の男・ピカソ(松田龍平)、次々に起こる不可解な事件、それを追う警視庁・キャリア組の警部・柴田亜季(石田ゆり子)と刑事・柘植(北見敏之)・・・。新介と麻里の運命的な出会いは、それぞれの人生を大きく巻き込んで、悲劇に向かって転がり始めるのだった・・・。
【感想】
オフィシャルHPを見て「共感覚」というものが題材になっていると知り、かなり興味を持ちました。こういう感覚は実際にあるそうで、作家のナブコフ、宮沢賢治、ランボー、ボードレール、音楽家のフランツ・リスト、スティーヴィー・ワンダー、画家のカンデンスキー、ジョージア・オキーフがそうだったと言われているそうです。出演している俳優さん達はかなり魅力的だったのですが(鳥肌実さんがイイ味を出していました)、全体的にはもうちょっと・・・という感想でした。ラストが腑に落ちないというか。もしかしたらラストから出来上がった映画なのかなぁ・・・と。個人的には「共感覚」について、もっと掘り下げたストーリーだったら良かったかな、と思いました。
ギミー・ヘブン
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
カ行  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんばんは、TB・コメントありがとうございます。
共感覚という素材もキャストも悪くなかっただけに残念でしたね。収穫は共感覚の本を読みたくなるというただそれだけでw
此方からもTBお返しさせて頂きます。
lin | 2006年11月15日(水) 22:34 | URL | コメント編集

>linさん
コメントのお返事、遅れてしまってすいません。
好きな俳優さんが出ていて、題材にも興味持ったのでかなり期待して見に行ったので残念な感じがしちゃいました・・・。
ひめ | 2006年11月19日(日) 19:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/65-9993f685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

「ギミー・ヘブン」

 ギミー・ヘブン スタンダード・エディション「ギミー・ヘブン」 ★☆Gimme heaven (2004年製作2006年1月劇場公開)監督:松浦徹脚本:坂元裕二 主題歌:竹仲絵里 『gerbera』キャスト:江口洋介、安藤政信、
2006/11/15(水) 22:28:52 | NUMB

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。