アレンジメント
ひめの映画おぼえがき ブラックキス

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'02.20 (Mon)

ブラックキス

ブラックキス
ブラックキス

監督:手塚眞
出演:橋本麗香、川村カオリ、松岡俊介、安藤政信、小島聖、岩堀せり、あんじ、オダギリジョー、草刈正雄、奥田瑛ニ...

「殺しの芸術家、その最大な武器は“恐怖”」

【ストーリー】
殺害後、死体を芸術的に装飾する猟奇殺人事件が発生した。芸能プロデューサーとファッションモデルが殺害され、その手口は警察さえも震え上がらせる残虐、かつ完璧なものだった。モデルを目指し上京してきたアスカ(橋本麗香)は、偶然その現場を目撃してしまう。それはアスカとルームメイトのカスミ(河村カオリ)の周りで起こる猟奇殺人の幕開けだった。アスカとカスミを執拗に追うカメラマンのタツオ(安藤政信)、この事件に挑む刑事のユウスケ(松岡俊介)。偶然によって呼び集められた4人の若者は、恐怖の迷宮へと迷い込んでいく。警察の推理をあざ笑うかのように「殺しの芸術家」による犯行は重ねられ、ブラックキスが必ず現場に残す、「黒いキスマーク」は増えていくのだった…。そんな中、ユウスケは特殊犯罪プロファイリングの専門家と噂される伝説の元刑事、鷹山から「インターポール国際犯罪者番号8099」という謎の犯罪者について聞かされる。そして鷹山は「犯人の最大の武器は“恐怖”なのです」と告げる。この美しくも残虐な犯行の目的は何か?そして次の犠牲者は?愛と友情、信頼と疑惑が交差し、それぞれが犯人ではとお互いを疑う中、新たな殺人が起こるのだった。
【感想】
ヴィジュアリストと呼ばれる手塚監督の作品。ネットで酷評を目にしていたので躊躇していたのですが、見てきました。私は「面白い!」と思いましたよ。映像も美術もスゴイと思ったし。ただ、やっぱり怖かったですね。ホラーって言う程じゃないかもしれないけど、多少のグロさもあるので苦手な人は覚悟が必要です。でも、そんなシーンも映像美と言えてしまう描写でした。犯人は私はホント最後までわからなくて(鈍い?)、緊張感たっぷりでした。見終わった後、「あれ?それならあのシーンは不要だったのでは?」と思ってしまう点もありましたけどね。いや、でも、そういうシーンがあったからこそ最後まで疑惑が残ったのかもしれません。ちなみに石井竜也さんがカメオ出演していました。
ブラックキス
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
ハ行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

TB&コメント有難う御座いました。
返せば良いのですが、どうもTBが苦手で…。(汗)

これは、続編が出来て欲しい!!
全然違う作品ですが、「アナザヘヴン」邦画・江口が主役。
ドラマと連動している映画なのですが、これも結構面白いですねん。
hiropoo | 2006年11月13日(月) 22:32 | URL | コメント編集

>hiropooさん
ぜひ続編作ってほしいですね~。
まだ謎は全部解明されてないですもんね。
そろそろ邦画見たいと思っていたところなので借りてみます^^
ひめ | 2006年11月14日(火) 00:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/69-b77cade9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。