アレンジメント
ひめの映画おぼえがき 座頭市

*ブログポリシー  All archives    Admin

06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'07.27 (Thu)

座頭市

座頭市 <北野武監督作品>
座頭市 <北野武監督作品>

監督:北野武
出演:ビートたけし、浅野忠信、夏川結衣、大楠道代、橘大五郎、大家由祐子、岸部一徳、石倉三郎...

「もはや、敵なし。」

【ストーリー】
その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、盲目の居合いの達人・座頭市(ビートたけし)。もう一組は浪人の服部源之助(浅野忠信)とその妻おしの(夏川結衣)。殿様の師範代という身分を捨てた服部は、病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。さらにもう一組、旅芸者のおきぬ(大家由祐子)とおせい(橘大五郎)の姉妹。彼女たちの三味線には人を殺めるための仕掛けが施されていた。それぞれに影を秘めた三者の皮肉な運命の糸は、町を仕切るヤクザの親分・銀蔵(岸部一徳)と大店の主人・扇屋(石倉三郎)を介してついに交錯、やがて因縁や怨恨の入り交じる壮絶な闘いが幕を開ける。
【感想】
時代劇に詳しいわけでもなく、勝新太郎版の座頭市も見たことがありません。劇中でタップ指導と出演をしているTHE STRiPESが好きだったので見ました。笑いの部分など北野武監督特有のもので、そのへんも含めて勝新太郎版の座頭市とは違う作品に仕上がっているんだろうなと感じました。アクションとリズムが見ていて気持ち良くてカッコイイ。時代劇風のエンターテイメント作品という感じでしょうか。映画館で見るとタップシーンはかなりの見応えがあったのではないかと思います。
座頭市
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています!
ランキングバナ-1
サ行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://himemovie.blog73.fc2.com/tb.php/84-e7f1dce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
スカパー! レンタルサービス
おまかせHDプラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。